BIエンジニアリングマネージャー/SaaSサービスをグロース/資金調達額25億円

勤務形態
正社員/Fulltime
業種
SaaS・ソフトウェアベンダー
企業資本
日系企業/Japanese Company
勤務地
京都府/Kyoto
給与
500万円〜800万円
日本語力
ビジネスレベル/Business Level
英語力
なし/None
その他語学スキル
なし(None)

仕事内容

◼️募集の背景 2019年12月から分析基盤の構築を開始し、現状プロダクトの分析や可視化を安定して行えるレベルまで、基盤を整備できています。その間にもプロダクトの成長が続いており、BIに寄せられる分析/可視化依頼が急増しています。また、2022年に向けて全社的に大規模な成長投資が計画されていて、意思決定の確度向上が求められています。経営レベルの意思決定とデータドリブンなプロダクトグロースを支えるチームとして、経験豊富なメンバーを募集します。 ◼️一緒に進めていって欲しいこと <直近の想定業務> ・BIのプロジェクトマネジメント ・分析基盤の運用/改善 (APM, ETL, データレイク, データウェアハウス, セキュリティ) ・経営レベルの意思決定を補助するデータ抽出/レポーティング <中長期的な想定業務> ・BIのチームマネジメント ・分析、グロースハックを通した本質的なUX改善提案 ・経営/戦略への定量目線の改善提案 ◼️BI開発の進め方 BIメンバーはエンジニアチームに所属し、分析基盤に蓄積したユーザー行動データを用いて、可視化や分析を行います。戦略・プロダクトマネージャー・企画にとどまらず、ビジネスや開発など全チームの意思決定をサポートしています。 ◼️タスクの決め方/進め方 タスクの管理はプロジェクト管理ツールのAsanaを利用しています。着手することになったタスクは、依頼者やチーム内のメンバーとコミュニケーションを取りながら進めます。業務フローにはレビューを必ず入れるようにしており、より良いアウトプットが出せるようにチームで質を担保しています。振り返りは毎週行っており、情報共有やチームビルディングにも力を入れています。 ◼️他チームとの連携について 他チームとの連携は、アドホックな分析/可視化依頼、チーム横断プロジェクトなどの形があります。 連携業務内容としてはKPIなど目標の設定から、施策の効果検証まで、多岐に渡ります。 ◼️エンジニア文化について 実力を示して認められることが多いです。過去の経験をもとに、今何ができるのか、意見をぶつけ合っています。また、チームを超えて助け合うことが多く、どうやったら助けられるかという話し合いもよく行っています。 技術に関する情報交換は頻繁にしており、Slackの専用チャンネルでの紹介や意見交換、また定期的なミーティングでの議題提示や社内のエンジニアMeet UpでのLTなどを通じて事例紹介や気になっている技術の紹介などをしています。 プロダクトに対しても「どうすればユーザーにとって良くなるのか」という観点からの話し合いが多く、自分たちがしたいことと、プロダクトに取って良いことの両面からアプローチしています。常に技術的に改善しながら、自社プロダクトを良くしていきたいと考える方にとって、とても楽しく取り組める環境なのではないかと思います。 ◼️BI文化について 議論がとても活発で、意見を言い合える関係性が築けています。 勉強意欲が高いメンバーが多く、統計や技術に関する勉強会を週に1回以上のペースで開催しています。 ■働く環境について ・フルリモート ※プロジェクトの状況により出社のお願いの可能性がございます。交通費(飛行機・新幹線含む)の支給有 ・フルフレックス(コアタイムなし)勤務可能時間6時〜22時

求められる
スキル

MUST ・2年以上のデータ基盤構築/運用の経験 ・AWSもしくはGCPを利用したアプリケーション開発の経験 ・プロジェクトマネジメント経験 ・データを活用したグロースハック経験 WANT ・Rails/Reactを用いたアプリケーション開発経験 ・経営判断をデータ分析で支えた経験 ・大規模なデータウェアハウス/データレイクの構築/運用経験 ・AWS/GCP認定資格の所持