ソフトウェアエンジニア(Webフロントエンド)

勤務形態
正社員/Fulltime
業種
SaaS・ソフトウェアベンダー
企業資本
日系企業/Japanese Company
勤務地
東京都/Tokyo
給与
700万円〜1,300万円
日本語力
ビジネスレベル/Business Level
英語力
なし/None
その他語学スキル
なし(None)

仕事内容

2019年4月に正式リリースした契約審査プラットフォーム "LegalForce" は導入社数が2,000社(2022年3月時点)を突破するという驚異的なスピードで成長しており、ますます多くの会社に興味を持っていただいています。 また、AI契約管理システム "LegalForceキャビネ" は2021年1月の正式リリース当初から多くの反響をいただいています。 このポジションでは、フロントエンドにスペシャリティをもつソフトウェアエンジニアとして、LegalForceシリーズのプロダクトの継続的な成長にコミットいただきます。 プロダクトマネージャーと協働して開発を推進するとともに、プロダクトと組織が継続的に成長していくためのエコシステムを整備するこのポジションは、当社サービスの屋台骨と言えます。 ## 仕事内容 - フロントエンドを中心に、下記いずれかのプロダクトのエンハンス、または新規プロダクト/機能の設計・実装・レビュー・テスト・運用保守 - 契約審査プラットフォーム「LegalForce」 - AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」 - チームの生産性やプロダクト品質向上のため各種自動化やプロセスの整備、ドキュメントの執筆 - 状況に応じて、チームメンバーの指導・メンタリング・コーチング ※ ご志向に応じてフロントエンドだけでなく、バックエンドやインフラ、デザインを担当することもできます。 ## 開発環境 / 使用ツール ### 開発環境 - 言語: TypeScript - フレームワーク: React, Emotion, MobX - スキーマ定義: Swagger (OpenAPI 3) - ビルドツール: Webpack, Vite - 監視: Datadog, Sentry - インフラ: AWS, Firebase - インフラ管理: Docker, Terraform - CI/CD: CircleCI, GitHub Actions - E2Eテスト: mabl ### 使用ツール - タスク管理: Jira - コミュニケーション: Slack, Google Meet - ナレッジ共有: Notion, Miro - デザインツール: Figma, Zeplin ## 仕事のやりがい - プロダクトラインナップ / 担当する機能開発によって0→1, 1→10, 10→100の様々なフェーズに関わることができる - ビジネスサイドとエンジニアサイドが1つのチームとして同じ目標を追い、対等な立場で議論・開発できる - LegalTech分野で新規性・社会貢献性の高いプロダクトを世に送り出し、日本の法務を変革することができる - 急成長企業で高い裁量を持ち、事業成長・技術的投資・負債解消のバランスを考慮しながら、高度な意思決定の経験を積むことができる

求められる
スキル

必須スキル - 何らかのWebフロントエンドフレームワーク / ライブラリ、並びにTypeScriptを用いたWebフロントエンド開発実務経験、もしくはそれに相当する経験 - HTML, CSS, JavaScriptそれぞれにおけるWebフロントエンドアプリケーションの構築に必要な知見 - 3年以上のWeb系システム開発実務経験、もしくはそれに相当する経験 - Git、ならびにGitHub/GitLab/Bitbucketなどを用いたチーム開発経験 - 「求める人物像」をすべて満たしている - 日本語能力試験N1に相当する言語能力 歓迎スキル - レガシーソフトウェアの改善経験 - Webアクセシビリティの知見 - ソフトウェアアーキテクチャの知見 - ネットワークリクエスト、アルゴリズムなどの最適化など、パフォーマンスを意識した設計能力 - フロントエンドを自身の軸として大規模なプロジェクトに関わり、責任を果たした経験 - 開発チームを継続的に改善した経験 - UXを意識したマイクロインタラクションの作成経験 - ライブラリに頼らない複雑なGUIの構築経験 - CanvasやSVGなどを用いたデータビジュアライゼーションの実装経験 - Figma, Adobe XDやSketchなどのプロトタイピングツールの使用経験 - ユーザーへの伝わりやすさを意識したテキストライティング能力 - UI デザインの経験 求める人物像 - 関係者とコミュニケーションを取りながら、whyとwhatを考えつつ開発・改善を進められる方 - 問題解決のために、自分の得意とする領域に閉じず柔軟な発想に基づき行動できる方 - 他者への敬意を持ち、自分のためだけでなくチームのために行動できる方 - 成長を好み、そのためには努力を惜しまない方