IoT開発エンジニアの役割とは?IoT開発の歴史やトレンドも解説!

GTalent

COVID-19のパンデミックの中で、ますますモノのインターネットと呼ばれるIoT(Internet of Things)が注目を浴びています。IoTの発展により、あらゆるデバイスがインターネットと繋がることで、自宅にいながらでも問題なく仕事をすることができるようになりました。

IoTではハイテクスマートフォンからウェアラブルデバイスまで、あらゆるタイプの装置を接続します。デバイスが情報を収集して分析し、収集した情報を使うことでデバイスができることが広がり、これまでになかった利便性を提供することができるようになっています。

そして、自動車や家電製品など世界有数のデバイス技術を誇る日本は、IoTシステムを活用した最先端のデバイス開発が行われており、IoT開発エンジニアを目指す人にとって魅力的な国と一つと言えるでしょう。

今回の記事では、モノのインターネット(IoT)の歴史と全体的な影響力、COVID-19の危機下での意義、IoT開発者・エンジニアの具体的な役割について解説します。

IoTの歴史と普及

モノのインターネット(IoT)という概念は70年代からありますが、この用語を最初に作ったのはプロクター・アンド・ギャンブル社のケビン・アシュトン氏(Kevin Ashton)です。

アシュトン氏は、サプライチェーン最適化のために、RFID(無線周波数識別)と呼ばれる新技術についてのプレゼンテーションを行っていました。

アシュトン氏は、RFIDを「モノのインターネット」と呼び、1990年代にはインターネットが大流行していたことから、皆の注目を集めていました。

それ以来、IoTは、グーグルのような技術的大国の辞書の一部となっています。この言葉はフォーブスやワイアードなどのメディアにも取り上げられ、IoTの人気の高さを物語っています。

IoTはどこにでもあり、私たちが知らないうちに、その自動化されたシステムに毎日にアクセスしています。

例えば、ホームセキュリティシステムは、不正侵入などの家の周りの不審な動きをユーザーに伝えるためにIoTを使用します。

さらに目をベースとした識別を介して、所有者の進入を許可します。

自動車では、主に駐車センサーやアダプティブクルーズコントロールにIoTが活用されており、運転をより快適で安全なものにしています。

ヘルスケア業界でさえ、患者の状態を評価して監視することに加えて、健康上の問題を検知することにIoTを利用しています。

さらに、モノのインターネットは、人々の安全と安心だけに留まらず、工場の製造プロセスをより最適化することも可能にします。

IoTによって経営者は、工場がどれだけのエネルギーを使用しているか、どの製品をリサイクルできるか、現在の在庫数はどれくらいか、一日の生産性はどれくらいかを知ることができます。

これらすべてを利用することで、オーナーはコストを効果的に削減し、工場のどの部分を改善する必要があるかを特定することができます。

もっと大きな規模では、都市はコミュニティ全体に高速インターネットを提供することでIoTを活用しています。

IoTは、都市計画部門を発展させ、公衆衛生や交通などの問題に焦点を当てることで、都市が将来に向けてより持続可能なものになることを可能にしています。

サーモスタット(毎月の使用量を追跡する)、目覚まし時計(スマートフォンやコンピュータを介してアラームを設定する)、さらには自動販売機(リアルタイムのデータを使用して最も需要のある製品を特定し、より良い利益のために価格を調整する)のような一般的なものにもIoTは使われています。

モノのインターネットがコロナウイルスとの戦いにどのように役立つか

ご存知の通り、COVID-19の危機は世界全体の日常を変えてしまいました。

世界中の人々が「新しい日常」に適応することを余儀なくされており、コロナウイルスの状況というルールの下で日常業務を安全に続けようとする上で、モノのインターネットは重要な役割を果たしています。

IoTは、感染の疑いがある人や感染した人を追跡するために活用されており、公共の安全を確保する上で極めて重要な役割を果たしています。

他の地域では、政府が動きを監視できるように、市民に対応するQRコード付きのリストバンドが配られています。

COVID-19の患者数が世界的に多いため、多くの病院は今、コロナウイルスに関連する問い合わせに答えるためにIoTを活用しています。

そのため、わざわざ医療センターに行って尋ねる必要がありません。

インターネットで、地元の病院のウェブサイトを調べるだけで、自動化されたチャットボットがコロナウイルス関連の質問に答えてくれます。

また、モノのインターネットのおかげで、家から出なくても、コミュニケーションをとり、会いに行くことができます。

遠く離れた家族、友人、同僚、さらにはかかりつけの医師や医師とのビデオ会議を音声コマンドを使って開始することができるようになりました。

IoT開発者・エンジニアの役割と責任

世界の現状があるからこそ、今、IoTの開発者やエンジニアがこれまで以上に必要とされています。

今後の技術の進化は、わたしたちの未来の安全を確保するものになる可能性が非常に高いです。

日本は、昔から技術産業国であるため、こうしたIoTの専門家が求められてきました。では、彼らは具体的に何をしているのでしょうか。

まず、常にロボットを使った実験を行っています。

モノのインターネットのコンセプトは、2つのデバイスを相互に通信させることであるため、IoTの開発者やエンジニアは、人間の手を借りなくても簡単に指示やタスクを処理できるような機械を作り、開発するために最善を尽くしています。

また、日本のIoTエンジニアや開発者は、常に最新の情報を入手し、最新のソフトウェアに精通しておく必要があります。

企業は常に最高のものだけでなく、最先端の技術を生み出す競争をしているので、一般の人には馴染みのない素材を使って製品を作っています。

また、既存の技術の中には、その上に構築してさらに発展させることができるものもあるため、古いソフトウェアに対する知識も必要となります。

さらに、この国のIoTエンジニアや開発者は、データ分析に長けている必要があります。

バッチ並列処理、複雑なイベントの処理、機械学習の実装、データの可視化などの幅広いバックグラウンドが求められます。

日本のIoTエンジニアや開発者は、スマートフォンやタブレット、パソコンを介してIoTを利用するユーザーが増えているため、モバイルやウェブのユーザーアプリケーションに精通しています。

iOSとAndroidはスマートフォン業界のトップ2のOSであるため、iOSとAndroidに精通しています。

また、WebユーザーアプリケーションのためのJava、.NET、HTML、CSS、JavaScript、PHPを深く理解しています。

まとめ

IOTの技術は、わたしたちの生活をより便利にしてくれるものであるため、モノのインターネットの人気の高まりは、今後も高まっていくと考えられます。

現在、COVID-19の危機の下では、IoTシステムを搭載したデバイスが危機に対処するための重要なツールであることが証明されています。

IoTエンジニアや開発者の専門知識は、安全対策におけるより多くのイノベーションにつながり、うまくいけばCOVID-19パンデミックを間もなく克服することが可能になるかもしれません。

IoTエンジニアや開発者になることに興味がありますか?あなたの夢の仕事が日本で待っているかもしれません。

Sources:

https://www.webopedia.com/TERM/I/internet_of_things.html#:~:text=Examples%20of%20objects%20that%20can,systems%2C%20vending%20machines%20and%20more.

https://www.wired.co.uk/article/internet-of-things-what-is-explained-iot

https://www.businessinsider.com/internet-of-things-devices-examples

https://iot-analytics.com/internet-of-things-definition/#:~:text=But%20the%20actual%20idea%20of,during%20his%20work%20at%20Procter%26Gamble.

https://www.iotforall.com/the-growing-role-of-iot-in-covid-19-response/

https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1757-899X/263/4/042026/pdf

https://builtin.com/internet-things/iot-in-vehicles

https://builtin.com/internet-things/iot-examples

https://www.persistent.com/industries/industrial/offerings/smart-electronic-appliances-ecosystem/

https://iotdunia.com/smart-thermostat/

https://www.instructables.com/id/IoT-Smart-Alarm-Clock-Open-Source-Project/

https://www.telit.com/industries-solutions/retail/vending-and-kiosk/

https://www.autodesk.com/industry/manufacturing/resources/mechanical-engineer/iot-internet-of-things-essentials-for-engineers

https://ncube.com/industries/iot

GTalent