転職・キャリア開発ナレッジ

転職・キャリア開発ナレッジ

外国人が日本で二回目の転職をする際の注意点は?必要な手続きも紹介

外国人であっても、日本で二回目の転職をすることは可能です。しかし、二回目の転職をする場合は在留資格などの申請手続きなどさまざまな点で注意しなければいけません。この記事では、外国人が二回目の転職で注意すべき点や二回目の転職をする流れ、必要な手続きなどについて解説していきます。二回目の転職の仕事探しは、グローバル企業が集まる転職エージェントの『G Talent』がおすすめです。外国人でも日本で二回目の転職は可能?外国人でも、日本で二回目の転職をすることは可能です。日本は終身雇用や年功序列が一般的と考える人も多いかもしれませんが、近年では二回目以降の転職をする人も多くなっています。転職市場は活発で転職者が増えており、日本では人手不足が続いているため外国人の労働力が必要とされているのです。むしろ、外国語が使えることやコミュニケーション能力の高さなど外国人であることを強みにして、転職活動を有利に進めていくことも可能です。日本の転職活動の流れや企業の考え方などを理解して、有利に転職活動を進めていきましょう。参考:日本で転職したい外国人が知っておくべき日本の転職活動の流れと注意点[グローバル2]/Fellowship外国人が二回目の転職で注意すべき年齢別のアピールポイント外国人が日本で転職する場合、年齢によってアピールポイントは異なります。20代で二回目の転職の場合|若さや柔軟性が武器になる20代で二回目の転職をする場合は、若さや柔軟性が武器になります。若いと職場に順応しやすく、柔軟性があることで上司や先輩社員の教えに素直に従えることが期待されるのです。企業としては、若い人材を得て社員教育を施し、職場に早く順応してくれる戦力を必要としています。そのため、20代では若さや柔軟性を武器にすれば、採用されやすいでしょう。参考:20代は若さを武器にチャレンジ。PRフリーランスとして幅広く活躍する大鋸佳輝/U-2930代で二回目の転職の場合|スキルや経験が武器になる30代になると、スキルや経験が必要とされます。20代の頃のように最初から教育していくのではなく、現場ですぐに活躍できる即戦力が求められるのです。そのため、過去の経験から得たスキルや業務経験などをアピールしましょう。直接アピールできるスキルや経験がない場合にも、コミュニケーションスキルやリーダー経験、語学力などをアピールできます。参考:転職に求められるスキルとキャリア|年代別に解説/LHH転職エージェント外国人が日本で二回目の転職をする際の6つの注意点外国人が日本で二回目の転職をする際に注意すべき6つの注意点は以下の通りです。現在の仕事を続けながら転職活動をする転職先を慎重に選ぶ転職スパンが短いと不利となりやすい働いていない期間が長いと不利となりやすい日本企業では日本語力を求められることが多い退職理由はポジティブに伝える現在の仕事を続けながら転職活動をする仕事を辞めてしまうと収入が途絶えてしまうので、次の仕事を早く見つけなければならないという焦りが生まれます。そのため、条件は良くない求人を選んでしまうことも多く、結果として良い転職ができないことが多いです。そのため、基本的には現在の仕事を辞めずに、気持ちに余裕を持った状態で良い条件の求人を探すことをおすすめします。参考:働きながら転職活動するのは無理?メリット・デメリットや成功のコツを紹介/ハタラクティブ転職先を慎重に選ぶ転職先は慎重に選びましょう。安易に転職してしまい転職先の人間関係や労働条件が合わず、すぐにまた転職してしまうということも起こります。転職を繰り返しすぎると、長続きしない人としてみなされるかもしれません。仕事内容、給与水準、通勤時間などをじっくりと検討し、自分に合った転職先を選びましょう。参考:転職回数が多いと転職活動が不利になるのか徹底解説/コエテコキャリア転職スパンが短いと不利となりやすい短期間で転職を繰り返すと、履歴書上でそれが一目でわかってしまいます。企業はそのような履歴書を見ると、仕事が長続きしない何か問題があるのではないかと警戒しがちです。また転職を繰り返すと経験を積めない、スキルが身につかないなどのデメリットがあるため、自分に合った転職先を慎重に選びましょう。参考:1年未満の転職は不利になる?退職したほうがいい人の特徴・転職を成功させるコツを解説/R-Stone働いていない期間長いと不利となりやすい働いていない空白期間が長いと、企業側から「この人には何か問題があるのではないか」と敬遠されてしまう可能性があり不利になることもあります。そのため、なるべく空白期間を作らないようにしましょう。転職活動を始める前に仕事を辞めてしまうと、空白期間ができてしまいます。空白期間があっても問題ないケースもありますが、不利にならないとも限らないため、なるべく仕事を辞めずに転職活動をすることをおすすめします。参考:転職活動において「無職期間」は不利なのか?採用担当者の見解を解説。/ミライのお仕事日本企業では日本語力を求められることが多い日本企業では、仕事に日本語力を求められることが多いです。そのため、日本語の読み書き能力と対話能力を磨いておく必要があります。「日本語能力試験(JLPT)」、「BJTビジネス日本語能力テスト」、「標準ビジネス日本語テスト」などである程度点数を取得しておくのも良いでしょう。日本語スクールなどに通って日本語力をつけておくのもおすすめの方法です。参考:日本語能力試験(JLPT)とBJTビジネス日本語能力テスト/外国人の日本語レベルのチェックの仕方/MTIC退職理由はポジティブに伝える退職理由は転職面接で聞かれることが多いですが、ネガティブな理由であってもポジティブに伝えることがおすすめです。たとえば、給料が安すぎた場合は給与アップを狙った、休みが取れないなど待遇が悪すぎた場合は働き方を変えたかったなどと伝えましょう。なお、人間関係が良くないことが原因で転職した場合は、ストレートに言わない方がベターです。伝える場合でも、風通しが良く意見を言いやすい職場に変えたかったなどポジティブに表現しましょう。参考:転職面接で「退職理由」をポジティブに言い換えるには?/JAC Recruitment外国人が日本で二回目の転職をする流れ外国人が日本で二回目の転職をする際の流れは、以下のとおりです。転職の目的をはっきりさせ、希望条件をリストアップする希望条件に合った転職先の候補を探す転職先候補の企業に応募して、書類選考や面接を受ける内定をもらったら、現在の勤務先に退職の意思を伝える現在の勤務先で引き継ぎ作業を行い、退職する新しい勤務先で働き始める意外と大事なのが、最初の「転職の目的をはっきりさせる」ということです。目的が決まらないと希望条件が定まらず、転職先も決まりません。最初に何のために転職するかをはっきりさせることで、転職活動の内容が具体化するでしょう。参考:転職の目的を明確化する理由は?メリットや起こり得るリスクを解説/R-Stone外国人が日本で二回目の転職をするなら!おすすめの求人の探し方外国人が日本で二回目の転職をする際に、おすすめの求人の探し方は以下の通りです。外国人向けの転職サイト・エージェントを活用する希望職種に特化した転職サイト・エージェントを活用する外国人向けの転職サイト・エージェントを活用する外国人向けの転職サイトや転職エージェントを活用しましょう。外国人が転職したいなら、外国人の転職に特化したサイトやエージェントがぴったりです。外国人の転職実績がある、外国人向けのサポートを得られるなど、外国人が転職する際に役立つでしょう。もっともおすすめなのが、外国人ITエンジニア向けの転職エージェント「G Talent」です。外国人の転職実績が豊富で、外国人向けの転職サポートも得られます。外国人向けの求人が豊富なので、ぴったりの求人が見つかるでしょう。希望職種に特化した転職サイト・エージェントを活用する転職サイトや転職エージェントにはさまざまな種類のものが存在します。IT系や医療系などの特定の業界向け、営業系など特定の職種向け、すべての業界や職種に対応したものなどがあり、適したタイプを選ぶ必要があります。希望職種や業種に特化した転職サイト・エージェントを活用することで、自分に合った求人を見つけやすくなります。外国人が日本で二回目の転職した場合に必要な手続き外国人が日本で二回目の転職した場合に必要な手続きについてまとめました。転職時に手続きを忘れないよう、各項目をチェックしながらご参考ください。在留資格変更許可申請所属機関等に関する届出手続社会保険の手続き住民税の手続き源泉徴収票の提出在留資格変更許可申請外国人が日本で就労するためには、就労ビザと呼ばれる在留資格が必要です。在留資格にはいくつかの種類があり、それぞれ活動範囲が定められています。転職する際には活動範囲が変わる可能性があるため、転職先の業務に合った在留資格に変更が必要な可能性があります。転職先と在留資格の種類が合っているかを申請者が判断するのは難しいので、転職時に就労資格証明書交付申請を行うことをおすすめです。申請すると、転職先の業務内容と在留資格が合っているか確認してもらえます。就労資格証明書交付申請は転職時に必須の申請ではありませんが、申請しておくと転職先と在留資格の不一致を防げるため安心です。参考:転職したい/外国人雇用・就労VISAサポートセンター所属機関等に関する届出手続雇用関係や婚姻関係などが在留資格の基礎になっている「中長期滞留者」の方は、転職する際に「所属機関等に関する届出手続」が必要です。出入国在留管理長官に届出を行いましょう。「出入国在留管理庁電子届出システム」でインターネットによる届出も可能です。参考:所属機関等に関する届出・所属機関による届出Q&A/出入国在留管理庁社会保険の手続き会社の社会保険に加入していた場合、会社が変わると社会保険も変わります。社会保険の手続きについては基本的に会社が行いますが、健康保険証を返却する、年金手帳を前の職場から受け取って転職先に提出するなどの手続きがあります。次の会社で社会保険に加入せず国民年金や国民健康保険に加入する場合は、自分で手続きが必要です。お住まいの地域の自治体窓口で確認しましょう。参考:【社労士監修】転職・退職時の保険証切り替え手続きとは?/リクルートダイレクトスカウト住民税の手続き住民税を給与から天引きして納付していた場合、転職した日から年末までの住民税の支払い方法を決める必要があります。通常は新しい勤務先でそのまま継続して納めることになりますが、どうするかは前の職場と転職先の職場に相談してみてください。年末までに次の転職先が決まらない場合は自分で納付する必要があるので、お住まいの地域の自治体窓口で確認しましょう。参考:転職後の住民税の手続きまとめ/Money Forward源泉徴収票の提出前の職場を退職する際に、源泉徴収票を職場から受け取ります。源泉徴収票は各種手続きに必要な場合があるので、忘れずに受け取りましょう。参考:外国人社員の書類退職手続きとは?|人事向け/ミャンマー・ユニティー注意点を押さえて日本での二回目の転職を成功させようこの記事では、二回目の転職で注意すべき点、外国人が二回目の転職をする流れ、必要な手続きなどについて解説しました。転職活動を有利に進めるための注意点に留意しておけば、良い求人を見つけられるでしょう。外国人向けITエンジニアの求人をお探しの方におすすめなのが、外国人ITエンジニア向けの転職エージェント『G Talent』です。国内に住む外国人エンジニアのための転職サイトで、200社以上の企業の採用支援や70ヶ国籍以上のエンジニアの転職実績があります。国籍を問わずフェアな環境で働ける企業のIT求人が豊富なので、あなたに合った求人がきっと見つかるはずです。気になる方は、まずは無料登録から始めてみましょう。

転職・キャリア開発ナレッジ

外国人が日本で働くメリット・デメリットを解説!最大限享受する方法とは

日本で働く外国人労働者は、近年増加傾向にあります。外国人が日本で働くと、スキルアップや生活する上での安心面など、さまざまな点においてメリットを享受できるでしょう。しかし、メリットだけでなくデメリットも存在します。この記事では、外国人が日本で働くメリットやデメリット、注意点などについて解説します。日本で働くことを考えている外国人の方は、ぜひ参考にしてください。日本で仕事をしたい外国人の方は、IT関連のグローバル企業が集まる転職エージェント『G Talent』がおすすめです。日本で働くことにメリットを感じる人は多い日本では近年、積極的に外国人労働者を受け入れる傾向があります。理由の一つに挙げられるのが、少子高齢化です。少子高齢化によって深刻な人材不足となっていることから、海外の人材を活用しようとする動きが見られています。そのほか、さまざまな企業でグローバル化が進みつつあることも要因のひとつだといえます。日本が外国人雇用を積極的に行っているのと同時に、外国人の中にもまた日本で働きたいと考える人が増えています。新型コロナウイルスの感染拡大でやや減少しつつあるものの、日本での労働にはさまざまなメリットがあることから、日本で働く人は近年増加しつつあるのです。参考:外国人労働者が増加している背景は?メリットとデメリットを4つずつ紹介!/夢真外国人が日本で働くメリット外国人が日本で働く主なメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。英語が話せる人の需要が高い雇用が安定している高度な技術・サービスを学べる手厚い保険制度がある通勤手当が支給される社員教育を丁寧にしてもらえる治安が良く安心して生活できる利便性が高い食事に困ることがない英語が話せる人の需要が高い日本では、英語が話せる人材が求められやすい傾向にあります。日本語に自信がない方の場合、日本で働くことに不安を持っているケースも少なくないでしょう。しかし、日本語の代わりに英語が話せるのであれば、そのスキルを日本で活かせる可能性があります。英語が活かせる具体的な仕事としては、外国人向けのセールスや英会話教室の講師などが挙げられます。英語を母国語としている人や英語が得意な人であれば、高い日本語力がなくても職をスムーズに見つけやすくなるでしょう。参考:外国人が日本で働くメリットと押さえておきたい就職時のポイント[グローバル2]/Fellow ship雇用が安定している日本では社員を正当な理由なく解雇することが難しいため、大きなルール違反などを犯さない限りクビになることがほとんどない点がメリットの一つです。また、日本は「同じ会社の中でキャリアを積み上げていく」という風潮が強い点も特徴です。欧米の場合、転職を重ねながら自身のキャリアを高めていく、という働き方をする人も少なくありません。しかし、日本ではひとつの会社で地道に上り詰めていった人が評価されやすい傾向にあります。同じ会社で真面目に働き続けていれば、解雇されるリスクが少ないだけでなく、昇格して良いポジションを得られる可能性もアップするでしょう。参考:外国人労働者が感じる日本で働く6つのメリット/IZANAU高度な技術・サービスを学べる接客に関する質の高さなど、日本の技術やサービスはたびたび世界で評価されています。代表例としては、日本では高い品物を買った人にも安いものしか買わない人にも、同じくらい丁寧にサービスを行います。こうしたサービスは世界的にも珍しく、日本ならではの文化だと言えます。日本の高度なサービスや技術を学ぶことで、大きなスキルアップが期待可能です。スキルを高めれば、今後仕事をしていく中でさらなる可能性を切り開いていくことにもつながるでしょう。参考:「世界よ、これが日本のサービスだ」外国人が日本に来て衝撃を受けたおもてなしとは/LIVE JAPAN手厚い保険制度がある日本には、健康保険など生活していく上で大きな安心感を得られる手厚い保険制度が多くあります。一定額を支払うことで、外国人の方も日本人の労働者と同じく健康保険に入れるのが特徴です。健康保険に加入していると、大きな怪我をしたり病気になったりした際、自分で負担する医療費を減少させられます。参考:外国人に対する国民健康保険の適用について/厚生労働省通勤手当が支給される日本以外の国で働く場合、会社員が家から会社まで行く上でかかる費用は労働者が自己負担する場合がほとんどです。しかし日本の場合、通勤する上で利用される電車やバスの運賃は会社側が負担するケースが多くなっています。正規の会社員だけでなく、多くの場合パートタイム労働者であっても同様に会社が負担します。通勤手当を支給してもらえる日本の文化は、労働者にとって大きなメリットの一つです。参考:日本では当たり前の通勤手当 英国で働き始めた女性が陥った落とし穴とは/Hint-Pot社員教育を丁寧にしてもらえる 多くの日本の会社では、新たに入社した社員に対し社員研修やOJTなどの徹底的な教育を実施しています。OJTとは、未経験の人材に対し実際の業務を経験してもらいながら仕事のやり方を学んでいってもらう教育方法です。研修やOJTを行う中では上司が丁寧に指導を行うため、知識・経験を着実に身につけていけます。参考:「OJT偏重」の古い日本の人材育成がやばいワケ/東洋経済オンライン治安が良く安心して生活できる日本は世界のさまざまな国に比べ、治安の良い国だとされています。治安が良い理由のひとつとして、銃が所持できない点が挙げられます。国民が銃を持っていないため、銃犯罪に巻き込まれることはほとんどありません。銃に関する事件だけでなく、殺人事件やテロといった事件全般の発生割合も少ないのが特徴です。事件に遭う可能性が少ないため、不安を抱えず生活できます。仕事をする場合、会社の質も重要ですが国そのものの暮らしやすさも注意すべきポイントです。暮らしやすい日本にいれば、毎日安心して仕事をしていけるでしょう。参考:日本の治安は良い!世界でも10番目に治安の良い国とされている!/ほけんROOM利便性が高い日本の利便性が高いところとしては、以下のような点が挙げられます。24時間いつでも利用できるコンビニや飲食店などがある電車やバスに時刻表がある電車やバスが決まった時間通りに来る一部の国にもコンビニはありますが、24時間空いていることはほとんどありません。また海外では、電車やバスの細かな時刻表が用意されていない場合もあります。時刻表があったとしても、時刻ぴったりに来ないことが多いというのが実情です。日本の場合、多くのコンビニは24時間空いています。また、電車やバスには詳細な時刻表が用意されています。通勤する上でも日々を過ごす上でも、日本は生活しやすい国だと言えるでしょう。参考:日本って便利だなと思ったこと/マイナビニュース食事に困ることがない日本には、高い店から安い店までさまざまな食事処があります。安ければ500円程度でご飯が食べられるうえ食べ物の安全性についてはある程度担保されているため、安心して毎日を過ごせるでしょう。日本は、全国に広がるチェーン店が多い点も特徴です。どの地域にいても、良く知っているお店をすぐに見つけられます。チェーン店の中には値段が手頃なお店も多いため、どのような地域で働くことになっても馴染みの深いご飯が安い値段で食べられるでしょう。参考:日本の飲食店がなぜこんなにも安いのかを知ったら、手放しで喜べる?/note外国人が日本で働くデメリット・注意点外国人が日本で働く場合、以下のポイントに注意する必要があります。ビザや在留資格を取得するのが難しい日本語しか通じない場所が多い結果に対して正当な評価をしてもらえない場合がある収入が減る場合があるビザや在留資格を取得するのが難しい外国人の方が日本で仕事をする場合、就労ビザを取得する必要があります。しかし就労ビザには、「長い実務経験がある」「高度な教育を受けている」といった厳しい取得条件が用意されています。したがって、経験も知識もある人材でなければビザを取得するのは簡単ではありません。参考:なぜ日本での就労ビザ取得は難しいの!? 自社にとって適切な外国人材を雇用するために知っておきたいこと/Guidable jobs日本語しか通じない場所が多い日本には英語を話せる人が少ないため、レストランやスーパーなどのお店に行った際、日本語しか通じないケースが多いです。日本語が苦手な外国人の方の場合、施設などを利用する上で苦労を強いられることになるでしょう。参考:日本人はどうして英語が苦手なの?/メトロノワ結果に対して正当な評価をしてもらえない場合があるグローバル化が進むにつれ、外国人労働者の扱いは良いものとなりつつあります。しかしそれでも、外国人労働者を差別的に扱う企業は存在するのが現状です。仕事で良い結果を出しても、外国人であることを理由に正当な評価をしてもらえない可能性もゼロではありません。特に一部の企業には、外国人労働者を「劣悪な労働環境でも安い賃金で働かせられる人材」と考えているところもあります。そうした質の低い企業に転職してしまうと、正しい評価をしてもらいにくくなるため、企業選びは慎重に行わねばなりません。参考:外国人労働者を受け入れたい!雇用のメリット・デメリットや現在の問題点などを解説/外国人採用サポネット収入が減る場合がある今でも日本の一部企業では外国人労働者を「安価で雇える人材」と捉えているケースがあります。当然ながら、外国人労働者も日本人と同じく最低賃金を厳守することが必須となっています。それでも昔からの固定観念が原因で収入を減らされるケースはあるため、十分に注意しなければなりません。参考:外国人労働者の賃金 現状と課題、日本人との違いなどを丁寧に解説!/外国人雇用相談室外国人が日本で働くメリットを最大限享受するにはどうすればいい?外国人の方が日本でより快適に働くためにも、以下のポイントを押さえておくようにしましょう。日本語のスキルを上げる外国人の就職・転職に強いエージェントを利用する必要に応じて資格を取得する日本語のスキルを上げる日本語のスキルを高めれば、日本人の社員とも交流しやすくなり、仕事がスムーズに進めやすくなります。また、日本語と英語の双方を話せる人材は重宝されやすいという点もポイントです。たとえば通訳や翻訳の仕事のように、2つの言語を操れるからこそ行える仕事もあります。日本語のスキルを上げることで、仕事の選択肢もより広がっていくでしょう。参考:日本でキャリアを築きたい外国人必見!ビジネス日本語の重要性を解説/TENJee外国人の就職・転職に強いエージェントを利用する外国人に対して冷遇する企業もまだ完全にないとは言い切れません。そこで外国人の就職や転職に特化した質の高いエージェントを利用することで、外国人労働者を日本人と同等に扱う良質な企業を探しやすくなるでしょう。必要に応じて資格を取得する日本には、資格取得を入社の必須条件としている企業もあります。資格を取得することで、選べる企業の選択肢が広まり、質の高い企業で働きやすくなるでしょう。さらに特定の資格を取ることで、在留資格を取得できるケースもあります。日本の企業で安心して働けるよう、自身の働きたい職種に近いジャンルの資格取得をぜひ検討してみてください。参考:◆就労ビザの要件◆/就労ビザ.com外国人が日本で働くメリット・デメリットを知って就職先を見つけよう日本は治安が良く利便性も高い国であるため、安心して働けるでしょう。雇用が安定しているので、突然解雇されるリスクもほとんどありません。外国人を差別する悪質な企業に就職しないよう、企業選びの際には外国人の就職・転職に強いエージェントを利用することをおすすめします。日本で働きやすい求人を探したい方は、グローバル環境のエンジニア企業に特化した転職エージェントの『G Talent』をご利用ください。今までに70カ国籍以上のエンジニアの転職をサポートしており、外国人エンジニアの就職・転職実績が豊富です。日本で働きたいと思った際には、ぜひチェックしてみてください。

転職・キャリア開発ナレッジ

日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧!必要なスキルも解説

グローバルな環境で仕事をしたいと考えている方のなかには、外資系企業への就職や転職を目指している方もいるでしょう。日本企業でも、海外に支店があり海外の人々を相手にしている仕事なら、グローバルな環境で仕事ができます。就職や転職を成功させたいのなら、海外の企業だけでなく日本企業にも目を向けてみましょう。この記事では、日本でグローバルな環境で働けるおすすめの仕事をピックアップしていきます。自分にあったグローバルな環境の仕事を見つけたい方は、グローバル環境の企業が集まる転職エージェントの『G Talent』がおすすめです。日本でグローバルな環境で働けるおすすめの仕事一覧日本にも、グローバル化が進んでいる企業や仕事は数多くあります。日本でグローバルな環境で働ける仕事の一覧は、以下の通りです。ITエンジニア海外営業貿易事務コンサルタント通訳・翻訳語学講師保育士案内スタッフツアーガイドバイヤー記者キャビンアテンダントパイロット航空管制官外交官国際公務員国際弁護士国連職員これらの職種について、仕事内容やなる方法、必要な資格、年収などを具体的に解説していきます。日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧①|ITエンジニアITエンジニアとはIT技術者の総称であり、「システムエンジニア」「プログラマー」「サーバーエンジニア」「ネットワークエンジニア」に分かれています。特別な資格がなくてもITエンジニアを目指せますが、大学の情報系学部やIT系の専門学校、または独学でITに関する基礎を学ぶ必要があるでしょう。ITエンジニアのニーズは高まっており、需要がアップしている職種でもあります。未経験OKの企業もありますが、就職後も継続的に学習する必要があるでしょう。平均年収:650~750万円参考:【英語を活かせる仕事35種】選び方やレベル、想定年収まで徹底解説/神田外語学院日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧②|海外営業海外の顧客や販売代理店とやりとりをする仕事です。メーカーなどの企業に勤める必要があり、TOEIC700~800点ほどの高いビジネス英語が求められるでしょう。近年では、大企業だけでなく中小企業も海外へ進出しているため、今後さらに需要が高まると考えられています。平均年収:400~500万円参考:海外営業の給料、年収/キャリアガーデン日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧③|貿易事務貿易書類の作成や確認、出荷・納入管理などの輸出入に関わる業務を行います。取り扱う書類の大半は英語のため、業務が滞りなく進められる程度の英語力が必要です。貿易事務を目指すためには商社やメーカーに就職する必要がありますが、特別な資格はいりません。貿易が経済に占める割合の高い日本では、今後も需要が高い状況が続くと予想されます。平均年収:400~600万円参考:貿易事務の平均年収は?未経験から始めても年収アップできる?/キャリチェン日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧④|コンサルタント企業の業績改善や成長を支援するのがコンサルタントです。特別な資格は必要ありませんが、グローバル進出を目指す日本企業を相手にする場合には英語力が求められます。コンサルティング案件の需要の高まりにより採用数は増加傾向にあり、なかには未経験歓迎の求人も少なくありません。コンサルタントになるためには、コンサルタント会社に就職してスキルアップを図るのが一般的でしょう。平均年収:500~1,000万円参考:コンサルタントの仕事/キャリアガーデン日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧|⑤通訳・翻訳二つの異なる言語を互いの国の言葉に訳して伝える仕事が通訳、論文や映像作品に使用されている外国語や日本語を訳すのが翻訳です。通訳のエージェントや派遣会社に登録したり、フリーランスとして働いたりする方もいます。特別な資格は必要ありませんが、高い英語力が必要でしょう。グローバル化の進展により、需要は今後も高まっていくのではないかと予想されています。平均年収:400~800万円参考:翻訳家の給料や年収はどれくらい?/elan日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧⑥|語学講師生徒に日本語や英語などの言語を教える仕事であり、日本語学校やスクールで読み書きや発音などを指導していきます。日本語教師の場合には、学校教師とは異なり法的な免許はありません。ニーズは時代を追うごとに高まっており、それに伴って語学講師を目指す方の数も増えています。平均年収:300~450万円参考:日本語教師の給料・収入・年収は?キャリアアップの方法や実情について解説!/25 Brush up学び日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧|⑦保育士英語保育園などに就職し、就学前の児童を保育します。英語のみ使用する場合と日本語と英語の両方を扱う場合とがあり、園によって方針は異なるようです。イングリッシュエキスパート保育士になるためには一般社団法人保育英語検定協会が実施している保育英語検定に合格しなくてはならず、高い英語力が必要とされます。乳幼児の幼児教育が注目されていることもあり、需要は増加傾向です。平均年収:350~450万円参考:イングリッシュエキスパート保育士とは?平均給料と必要な資格も解説/ほいくらし日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧|⑧案内スタッフ空港や劇場などで顧客の案内や接客業務を行います。たとえばグランドスタッフなら、乗客の搭乗手続きや搭乗案内などが仕事内容です。グランドスタッフになるためには、学歴や語学力だけでなく臨機応変に判断できる能力や接客能力も求められるでしょう。航空会社の関連会社に就職する方法が一般的ですが、チケットをスマホで購入できるようになったことなどが要因でグランドスタッフが活躍する場は減少しています。平均年収:250~450万円参考:グランドスタッフの仕事/キャリアガーデン日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧⑨|ツアーガイドお客様が快適に旅行できるよう、ツアーのスケジュール管理や案内をする仕事です。海外旅行のツアーガイドは現地の空港やホテルで手続きを行う必要があるため、TOEIC600点以上の英語力が求められるでしょう。海外ツアーのガイドは国によって資格が必要な場合があるほか、国内で外国語のガイドを行うためには「通訳案内士」の資格を取得して都道府県知事の登録を受けていることが条件です。旅行会社に就職する方法だけでなく、ツアーガイドを派遣しているエージェンシーなどに登録して働く方も多くグローバル化により需要も高まっています。平均年収:350~450万円参考:ツアーガイドとは/スタンバイplus日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧⑩|バイヤー商品の買い付けや交渉を行うため、通訳なしでも相手とやりとりができる高度な英語力が望まれます。必要な資格や学歴はありませんが、商品が売れそうなのかを見極める目が必要とされており、先を見通す力を備えている必要があります。たとえばファッションバイヤーなら百貨店やアパレルショップなどに就職して、現場経験を積むことが近道です。不況によって購買意欲が低下しており、需要は高まっているとは言えません。しかし目覚ましい成長を見せている企業もあるため、企業研究を行うことが重要でしょう。平均年収:550~650万円参考:バイヤーの仕事/キャリアガーデン日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧⑪|記者取材内容や記者クラブでの発表などをもとに原稿を書きます。新聞記者やテレビ報道、雑誌、WEBなど活躍の場はさまざまですが、海外特派員になるためには、新聞社や放送局の国際部に所属し、海外の支局で働く必要があるでしょう。国家資格などの特別な資格は不要ですが、扱うジャンルが多岐にわたるため常にアンテナを張っている必要があります。インターネットの普及により記者の需要は減少すると予想されていますが、やりがいを求めて記者を目指す人の数は依然として多いままです。平均年収:700~800万円参考:記者の平均年収(平成27年)/年収ラボ日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧⑫|キャビンアテンダント旅客機内で乗客へのサービスや安全確保などを担当します。航空会社によっても異なりますが、身長制限や語学力の高さが合否に関わる場合もあり狭き門であるのが実情です。特別な資格は不要ですが、TOEIC600点程度以上の英語力は身につけておくべきでしょう。平均年収:400~500万円参考:キャビンアテンダント(CA)の年収・給料はいくら? JAL、ANAや外資系エアラインの平均年収も解説/キャリアガーデン日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧⑬|パイロット飛行機を操縦し、乗客や荷物を指定の場所や国まで安全に運びます。パイロットになるためには国土交通大臣の技能証明を受け、「事業用操縦士」「自家用操縦士」「定期運送用操縦士」といった資格を取得してから航空会社などに就職しなくてはいけません。高い英語力とスキルが求められる職種でもあります。平均年収:1,100~1,200万円参考:パイロットの必要な試験と資格は?/スタディサプリ日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧⑭|航空管制官飛行機同士の接触事故を防止するために、パイロットに離着陸の指示や進路の指導をします。外国人のパイロットとも会話をしなくていけないため、高い語学力が必要不可欠です。国家公務員であり、航空管制官になるためには国土交通省の職員を目指します。利用客の増加に伴い、今後も需要は高まっていくでしょう。平均年収:500~700万円参考:【最新】航空管制官の給与・年収はいくら?福利厚生や手当について解説/アガルートアカデミートップ日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧⑮|外交官自国の代表者として、外国との交流や交渉を担当します。外交官は国家公務員のため、「国家公務員採用試験(総合職・一般職)」または、外務省実施の「専門職員採用試験」いずれかを受験して、外務省の職員にならなくてはいけません。世界がグローバル化するなかで、国の未来を支えるためにも外交官の必要性は高まっています。世界各地で活躍できる職種でもあるため、グローバルな環境で働きたいと考えている方に向いているでしょう。平均年収:約700万円参考:外務省専門職員(外交官)になるには?仕事内容・年収・試験科目・難易度を解説/アガルートアカデミートップ日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧⑯|国際公務員4種類の国際機関「国際連合」「国連総会によって設立された国連の下部機関」「専門機関」「その他の国際機関」で、国という枠組みを超えて、国際社会の利益のために働く人のことです。「国連ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)」「JPO派遣制度」などへ応募し、国際公務員としてのオファーを受けます。特定の免許や資格は必要ありませんが、合格は決して簡単ではありません。高度な専門性を持つ人材が求められている職種です。平均年収:500~1,000万円参考:国際関系の仕事の種類一覧(17選) グローバルに活躍できる職業とは?/キャリアガーデン日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧⑰|国際弁護士日本国内だけでなく海外の案件も扱うのが国際弁護士です。他国の弁護士資格を取得する必要があり、英語や中国語を始めとするさまざまな国の言語に習熟する必要があります。国内企業が外国企業との取引を行う機会が増えている現代では、国際弁護士のニーズが高まっています。所属する事務所によって、年収には大きな開きがあるようです。平均年収:300~1,500万円参考:国際弁護士とは?国際弁護士のなり方、メリットや年収について解説!/MS Agent日本でグローバルな環境で働ける仕事一覧⑱|国連職員国連本体や下部機関などの勤務地で、世界の諸問題を解決するために働きます。特定の資格は不要ですが、中立的な立場で業務にあたらなくてはならず、問題解決に対する意欲の高さが求められるでしょう。国連職員になるためには試験の受験や空きポストに応募するなどいくつかの道があります。需要はありますが、世界中に希望者がいるため簡単にはなれません。平均年収は赴任先によって異なります。平均年収:500~2,000万円参考:国連職員の給与・年収は?気になる初任給額や手当は支給されるのか解説/職業仕事の情報ポータルサイト JOBZUKAN(ジョブ図鑑)日本国内でグローバルな環境で働ける仕事とは?日本国内でグローバルな環境で働きたいと考えている方は、下記の職種を選びましょう。外資系企業で働く日系グローバル企業で働く語学力を活かせる日系企業で働くこれらの仕事なら、自分自身のスキルを活かしながら国をまたいで活躍できる可能性が高いです。外資系企業で働く海外転勤や出張があるほか、社内の公用語が英語であるケースも多い外資系企業で働くことを検討しましょう。外資系企業には、「海外企業が100%出資している日本法人の子会社」「海外企業と日本企業が共同で出資している会社」「外資系企業に買収された日本企業」があります。外資系企業なら、語学力を活かした仕事ができるほか、月給も日本企業と比較すると高めでしょう。参考:外資系企業とは?基礎知識や日系企業との違いを解説/ROBERT WALTERS日系グローバル企業で働く日本企業のなかでも、グローバル化の進んだ日系企業で働く方法もあります。たとえば自動車や食品、電気機器などのメーカーがグローバル企業として海外進出している企業は少なくありません。日系グローバル企業で働くことによって、海外で安定して働くチャンスを得られるほか、自己成長にもつながるでしょう。参考:【日本のグローバル企業ランキング】共通する特徴や就職するメリットを解説/就活の未来語学力を活かせる日系企業で働く日系企業で勤める場合は、語学力を活かせる仕事を見つけることが大切です。たとえば翻訳や通訳の仕事なら、日本にいながら持ち前のスキルを活かせるでしょう。英語保育園で保育士として勤めることで、日常的に英語に触れられます。「得意の英語を活かしたい」「日系企業で働きたい」と考えている方は、語学力を活かせるかどうかに着目してください。日本にはグローバルな環境で働ける仕事が豊富にある!海外企業だけでなく、日本にもグローバルな環境で働ける仕事は豊富にあります。就職や転職を検討している方は、日系企業にも目を向けてみると、希望に合った求人を見つけやすくなるでしょう。日本でグローバルな環境で働きたい方は、グローバル企業が集まる転職エージェントの『G Talent』をご利用ください。200社以上の採用支援かつ70ヶ国籍以上のエンジニアの転職支援実績があり、ITに関する専門知識があるバイリンガルコンサルタントが、日本でスキルを活かせる仕事を提案します。注目ベンチャーやグローバル企業の案件が多数掲載されていますので、まずは無料登録から始めましょう。

転職・キャリア開発ナレッジ

日本でのビザ(在留資格)が失効したらどうなる?再取得方法も紹介

日本に住んでいる外国人のビザが失効した場合、警察や入国管理局からの通告を無視したり逃げたりすると逮捕や強制送還といった重い刑罰に処されます。そのため、ビザを取得したら失効する前に更新を行うことが大切です。ただし、ビザが失効しても、すぐに再発行の申請をすれば再取得できる可能性はあります。今回は、日本でビザが失効したらどうなるかだけでなく、失効後に再取得する方法も解説していきます。日本での仕事探しはもちろん手厚いビザのサポートを受けたい方は、外国籍エンジニアのための転職エージェントである『G Talent』をご利用ください。ビザ(在留資格)の期限を過ぎたまま日本にいるとどうなる?ビザ(在留資格)の有効期限が過ぎているにも関わらず日本に滞在し続けた場合、不法滞在(オーバーステイ)とみなされます。不法滞在は重大な犯罪行為ですので、ビザが失効する前に帰国できない場合は更新手続きが必要です。ただし、永住者には在留期限がないため、期限が切れても不法滞在にはなりません。しかし、永住者にも在留カードの更新が義務付けられているので、期限内に忘れず手続きを行いましょう。更新し忘れた場合、1年以下の懲役または20万円以下の罰金刑が処されますので、注意してください。参考:永住者で在留カードの期限が近い方へ/東京ビザ申請サポート【注意】1日でも在留期間を過ぎると不法滞在(オーバーステイ)扱い日本ではビザの有効期限が1日でも在留期間を過ぎると、不法滞在とみなされ罰せられます。中には「数日くらい大丈夫だろう」と思われる方もいらっしゃいますが、日本の入国管理局や警察は常に不法滞者の所在を調査しているので、オーバーステイになると必ず摘発・逮捕されることを覚えておきましょう。ただし、ビザの失効から2ヶ月以内であれば、最寄りの出入国在留管理局へ自ら出頭すると、ビザ申請に許可が出る可能性が高いです。参考:オーバーステイ・不法滞在についてよくある質問です/外国人在留資格ビザセンター不法滞在(オーバーステイ)で逮捕された場合の罰則ビザが失効した状態で日本にオーバーステイし続けたことが警察や入国管理官の調査によって発覚すると、その場で警察官に逮捕され、以下の罰則が科せられます。<オーバーステイで逮捕された場合の罰則>強制送還3年以下の懲役・禁固刑、もしくは300万円以下の罰金また、ビザを失効したまま日本で働き続けた場合、対象の外国人を採用している雇い主側にも以下の罰則が科されるので、要注意です。<オーバーステイをしている外国人の雇い主に対する罰則>3年以下の懲役、もしくは300万円以下の罰金逮捕されてしまうと、10日~20日間の長い勾留期間中に、日本へ来た時期や目的、ビザが失効している間に働いていた場所や住居などを詳しく調査されます。その後、多くの場合は「退去強制処分」という厳しい処分が下され、入国管理局へ収容されたのち、居住国へ強制送還されます。強制送還された場合、5年間(強制送還が2回目の場合は10年)は日本へ再上陸できません。参考:ビザ(在留資格)の期限が切れていたときの対処方法/みなとまち行政書士事務所【補足】海外にいる間にビザの期限が切れてしまったケース海外で過ごしている間に日本のビザが失効してしまった場合、在留期限から2ヶ月以内であれば、そのまま日本へ再入国許可をもらえる可能性が高いです。海外の日本大使館では在留期間の更新を申請できませんので、日本国外でビザの失効に気付いた方は、速やかに帰国し、居住地を管轄する「地方出入国在留管理局」で更新を申請しましょう。ただし、在留期限から2ヶ月以上経過してしまった場合は、「在留資格認定証明書交付申請」という手続きを行い、ビザを再取得しなければ日本へ再入国できません。在留資格認定証明書交付申請は、通常のビザ更新より審査に時間がかるうえ、多くの提出書類が必要です。<在留資格認定証明書交付申請で必要な書類(日本から海外へ企業内転勤を行う場合)>在留資格認定証明書交付申請書 1通証明写真 1枚簡易書留用の切手(404円)を貼った返信用封筒 1通「所属機関」に在籍していることを証明する書類煩雑な手続きを避けるためにも、日本滞在中に海外へ行かれる外国人の方は、日本ビザの有効期限を十分把握しておきましょう。参考:在留期限が過ぎた場合、ビザの再取得できますか?/つくばワールド行政書士事務所就労系ビザを再取得するまでのフロー日本の就労系ビザは大きく分けて19種類あり、それぞれ有効期限が以下のように決められています。【日本の就労系ビザの有効期限】就労系ビザの種類ビザの取得に該当する人有効期限外交ビザ外国政府の大使・公使・総領事・代表団構成員など、およびその家族外交活動を行う期間公用ビザ外国政府の大使館や領事館の職員・国際機関などからの公務で派遣された人、およびその家族5年・3年・1年・3月・30日または15日教授ビザ大学教授・准教授・講師・助手など5年・3年・1年・3月・4月(経営・管理のみ)芸術ビザ作曲家・作詞家・画家・彫刻家・工芸家・写真家など宗教ビザ僧侶・司教・宣教師などの宗教家報道ビザ新聞記者・雑誌記者・編集者・報道カメラマン・アナウンサーなど経営・管理ビザ会社経営者・管理者など法律・会計業務ビザ行政書士・弁護士・司法書士・公認会計士・税理士・社会保険労務士など医療ビザ医師・歯科医師・薬剤師・看護師・准看護師・保健師・助産師・歯科衛生士・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・作業療法士・臨床工学技士・理学療法士・義肢装具士など研究ビザ政府関係機関や企業に勤める研究者教育ビザ小学校・中学校・高校などの語学講師介護ビザ介護福祉士の資格を持つ介護士など技術・人文知識・国際業務ビザ機械工学などの技術者・設計者・企画・財務・マーケティング・営業・通訳/翻訳・語学学校の講師・海外取引業務・服飾デザイナーなど企業内転勤ビザ外国の親会社や子会社、孫会社、関連会社にあたる事業所から一時的に派遣される転勤者5年・3年・1年・3月技能ビザ外国料理の調理師・貴金属加工職人・パイロット・海外特有の技術を持つ建築士/土木技師・海外製品の修理技能士・調教師・スポーツ指導者・ソムリエなど興行ビザ歌手・ダンサー・俳優・ファッションモデル・プロスポーツ選手・サーカスの動物飼育員・スポーツ選手のトレーナー・振付師・演出家など3年・1年・6月・3月・15日間特定技能ビザ【特定技能1号】介護・ビルクリーニング・素形材産業・産業機械製造業・電気/電子情報関連産業など、特定の14分野において就労資格を得たい人【特定技能2号】建設および造船/舶用工業分野で熟練技能を要する業務従事者【特定技能1号】1年・6月・4月【特定技能2号】3年・1年・6月技能実習ビザ海外の子会社などから受け入れる技能実習生・監理団体を通じて受け入れる技能実習生など1年・6月ビザの有効期限は、パスポートに貼られている証印シールか、在留カードから確認できますので、忘れた場合はこれらの書類からチェックをしてみましょう。各就労系ビザを取得した際に設定した有効期限内でビザを更新できなかった場合は、以下のフローでビザを再取得してください。参考:就労や長期滞在を目的とする場合/外務省就労系ビザを再取得するフロー就労系のビザを申請するフローは以下の2ステップです。出入国在留管理局に迅速に連絡出入国在留管理局に出頭 就労系ビザの申請フロー①|出入国在留管理局に迅速に連絡ビザが失効していることに気が付いたら、速やかに居住地を管轄している「出入国在留管理局」へ連絡しましょう。出入国在留管理局の連絡先は、「出入国在留管理庁のホームページ」にアクセスすると、居住地別に確認できます。出入国在留管理局に連絡をしたらビザが失効していることに今気が付いてしまった旨を説明し、出頭するために必要な書類やこれから何をすれば良いのかなどの指示を仰いでください。このとき、日本で就労の意思がある場合は、出国の意思がないことや日本で仕事を続けたいことを職員の方に必ず伝えましょう。伝えなかった場合、オーバーステイをした方が身柄を収容されずに帰国できる、「出国命令」のための出頭だと思われてしまいます。出国命令による出頭だと捉えられた場合、出国手続きが取られ今後1年間は日本に入国できなくなるため注意しましょう。参考:ビザの更新,期限が切れたら?!更新の申請の特例/弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所就労系ビザの申請フロー②|出入国在留管理局に出頭該当の日時になったら、居住地を管轄している出入国在留管理局に出頭しましょう。可能であれば、日本人職場の人や配偶者などに同行してもらうと安心です。出入国在留管理局に出頭する際は、以下の書類を提出しなければなりません。手元にある書類だけでなく市役所で発行が必要な書類もありますので、事前に準備しておきましょう。パスポート 在職証明書期限切れの在留カード 申請理由書(ビザの更新を忘れた理由や経緯、反省などを記した文章)市役所で発行した直近の住民税課税証明書 市役所で発行した直近の住民税納税証明書参考:在特出頭の“必要書類”は?/外国人助太刀倶楽部【補足】再取得できないケースもある必要書類を提出しても、以下に当てはまる場合は就労系ビザを再取得できない可能性があります。現在行っている仕事が在留資格の範囲外な場合与えられた在留資格の活動から勝手に内容を変更している場合在留資格の範囲を超えて活動している場合素行不良(刑事処分を受けた経験がある・不法就労を斡旋しているなど)就労ビザをスムーズに再取得したいのであれば、上記に当てはまらないよう日本のルールに従って過ごしましょう。参考:就労ビザの更新で不許可になるケースと対処方法/TOMAコンサルタンツグループ日本でのビザが失効した際にやってはいけないこと日本でビザが失効した場合、以下の行動は絶対に行ってはいけません。警察や入国管理官の呼び出しから逃げる 国外へ逃亡する ビザが失効していることを知りながら放置するビザの失効を知りながら逃亡や放置をすると、強制送還や逮捕といった重い刑罰に処されます。速やかに出入国在留管理局へ連絡をすればビザを再発行してもらえる可能性があるので、期限切れに気付いた場合は「就労系ビザを再取得するまでのフロー」を参考に必要な手続きを行いましょう。参考:違反行為 絶対にやってはいけない 10のポイント/立命館アジア太平洋大学日本でのビザの期間をしっかり把握して失効しないように注意しよう外国人の方が日本へ仕事をするために来日する場合は、仕事内容によって19種の就労系ビザからもっとも自分に合うビザを取得する必要があります。ただし、就労系ビザは種類によって在留期間が異なるため、自分が何年間日本に滞在できるのか把握しておくことが重要です。ビザの更新に間に合わず失効してしまった場合は、速やかに最寄りの出入国在留管理局へ連絡をすると、再取得できる可能性があります。逃げたり放置したりすると、逮捕や強制送還といった重い刑罰に処されますので、期限切れには十分注意をしてください。日本で仕事を探す場合は、ビザ取得のサポートも行ってくれる『G Talent』の利用がおすすめです。日本での就業に精通しているキャリアアドバイザーがサポートするので、ビザに関する相談も受け付けています。

転職・キャリア開発ナレッジ

【外国人向け】日本で仕事をするための履歴書の書き方 完全ガイド!

履歴書は、自分の基本的な情報だけでなく志望動機やスキルなど「人柄」をアピールできる重要な書類です。本記事では、日本で仕事をするために、外国籍の人が履歴書を作成する際に気を付けたいポイントを解説します。初めて履歴書を書く人や、より良い履歴書の書き方が知りたい人はぜひ参考にしてください。初めて日本で働く方は、履歴書だけでなく面接などさまざまなサポートを受けたいですよね。グローバルIT企業が集まる転職エージェント『G Talent』では、履歴書はもちろん面接対策やビザなどさまざまなサポートを行っています。実際に履歴書を書く前に理解しておきたい最低限のルール日本では、履歴書の書き方や送付の方法に細かいビジネスマナーがあります。外国人であっても、日本のマナーを守れていると好印象につながるでしょう。ここらかは、日本での履歴書の書き方を詳しく解説します。会社の応募要件に書かれているルールに絶対に従う企業ごとに履歴書の提出方法やフォーマットなど指定しているケースがあります。基本的には、手書き・PC作成のどちらで提出しても問題ありませんが、企業から指定がある場合は必ず従うようにしましょう。また、応募要件に書かれている細かい内容も見逃さないよう気を付けます。参考:就活は学校指定の履歴書を使わないとダメ?応募書類のマナーを解説/career ticket履歴書を手書きで作成する場合とPCで作成する場合のルールを解説します。手書きの場合のルール手書きで履歴書を作成する場合、鉛筆・シャープペンシル、消せるボールペンなどの使用はNGです。黒色もしくは青色のペン・ボールペンで記入しましょう。また書き間違えてしまっても修正液や修正テープは使用せず、面倒でも最初から書き直します。手書きの履歴書から人物像をイメージする採用担当もいるため、誤字・脱字に気を付けながら丁寧な字で書くと良いでしょう。参考:履歴書の書き方マニュアル完全版! 履歴書の見本(サンプル)・作成方法/マイナビ転職PCで作成する場合のルールPCで履歴書を作成する場合は、日本の履歴書フォーマットやテンプレートをインターネットでダウンロードすると良いでしょう。オリジナルの履歴書を作成する場合は、採用担当者が「自分の弱み」となる項目を削除していると考えることがあるため注意が必要です。履歴書のフォーマットやテンプレートを使用しない場合でも、日本で一般的に使用されている履歴書に似せて作成すると安心でしょう。参考:【6種類】履歴書テンプレートのダウンロード(Word、Excel、PDF)/マイナビ転職自分の強みをアピールできるフォーマットの履歴書を使う履歴書は自分の強みをアピールしやすいフォーマットの使用がおすすめです。たとえば、経歴が浅い人は学歴・職歴欄が少ないもの、自分のスキルをアピールしたい人は資格・スキルを強調できる欄が多いものを選ぶと良いでしょう。ただし、応募要件で履歴書のフォーマットが決められている場合は、必ず従うようにしましょう。指定を無視した履歴書を提出すると「ルールを守れない」という印象を与えてしまいます。参考:履歴書テンプレートの選び方とダウンロード(Word形式・Excel形式・PDF形式)/リクルートエージェント会社ごとに送付した履歴書の内容を控えておく応募する会社ごとに履歴書に記入する内容が異なるため、複数の企業に応募する場合は、それぞれの企業に送付した履歴書の内容を控えておきましょう。面接では履歴書に書かれている内容を質問されるため、自分が何を書いたか忘れてしまうと、矛盾が生まれる可能性があります。手書きのものであればコピーや写真で残し、PCで作成した場合は必ず保存しておきましょう。参考:企業に提出した履歴書や職務経歴書って返却してもらえる?/Geekly Media昔の履歴書内容を使い回さないようにする複数の企業へ応募する場合でも、履歴書は企業ごとに新しく作成します。昔の履歴書や当たり障りのない内容では、採用担当の目に留まりません。採用担当が魅力的と感じる履歴書を作成するには、企業が求めている人材像を理解し、活かせる経歴をアピールする必要があるためです。日本語のミスに注意する慣れない外国語で履歴書を作成するのは難しいですが、日本で働くからには日本語のミスに注意する必要があります。1文字変わるだけで意味が異なるケースもあるため、履歴書を記入した後に、再度目を通して間違いがないか確認しましょう。また、日常生活に浸透している略字の使用も控えます。分からない言葉がある場合は、必ず調べてから記入しましょう。参考:履歴書の言葉遣いは重要!就活で注意すべき敬語の使い方を徹底解説!/ハタラクティブ送付前に見直しミスを無くす履歴書の記入内容や送付方法、指定のフォーマットなどにミスがあると、採用担当者に「仕事でもミスが多そう」という印象を与えてしまいます。履歴書の準備が完了した後は、ミスがないか必ず見直しましょう。送付前に見直したいポイントは本記事の最後にまとめているので、ぜひ活用してください。欄別に詳しく解説!履歴書の書き方履歴書を書き始める前に、まず知っておくべき「書き方のルール」を押さえましょう。中でも重要なルールは、以下の2つです。書き間違えたら新しい履歴書に書き直す企業ごとに志望動機やアピールポイントを変えるそれぞれの書き方を詳しく解説します。書類選考を勝ち取るため、履歴書は丁寧に作成するよう心がけましょう。履歴書の書き方①|基本情報日付履歴書の日付は、履歴書を書いた日ではなく「履歴書を提出する日」を記入します。郵送の場合は「郵送日」を記入しましょう。また、履歴書内の日付は和暦・西暦のどちらかに統一します。名前名前は「氏名」と書かれている欄に記入し、「ふりがな(もしくはフリガナ)」と書かれている欄には名前の読み方を記入します。ふりがなと書かれている場合はひらがなで記入し、フリガナと書かれている場合はカタカナで記入しましょう。生年月日・年齢生年月日は、日付で記入した和暦・西暦に合わせて記入します。年齢は、履歴書を提出もしくは郵送する時点の年齢を記入しましょう。住所・連絡先住所は「郵便番号」「都道府県」「番地」「建物名」「部屋番号」を省略せずに記入します。合わせて住所のふりがなも正確に記入しましょう。連絡先が住所と同じ倍は、「同上」と記入し、別の連絡先がある場合は省略せずに記入します。電話番号・メールアドレス電話番号は、自宅に固定電話がない場合は携帯電話のみで問題ありません。メールアドレスは、携帯電話ではなくパソコンのメールアドレスを記入します。企業がここに記載された情報に連絡するため、特に間違えないようにしましょう。写真黒または紺色のスーツ、無帽で履歴書を提出・郵送する日から3ヶ月以内撮影したバストアップ写真を準備します。サイズは横3cm×縦4cmに切り取り、のりで貼り付けましょう。履歴書用の写真や駅やコンビニ前に設置されている「証明写真機」か、スタジオで撮影するのが一般的です。参考:基本情報欄の正しい書き方/doda履歴書の書き方②|学歴・職歴欄履歴書に記載する学歴・職歴は正直に記入しましょう。学歴学歴と職歴の区別を明確にするため、1行目の中央に「学歴」を記入し、原則として2行目より「最終学歴の一つ前」の学歴から記入します。最終学歴とは「最後に卒業した学校」ではなく、「最も高い教育機関」のことです。つまり、大学卒業後に専門学校に入った場合、最終学歴は「大学」となります。 また、学校名は正式名称を略さずに記入し、学部・学科・専攻コースまで漏れなく記入しましょう。入学・卒業の日付は、これまでに記入してきた和暦・西暦のどちらかで統一します。学校を中退した場合は「中退」、在学中の場合は「卒業見込み」と記入しましょう。職歴学歴の下から1行あけて「職歴」と中央に記入し、働いてきた企業を順番通りに「入社年度・社名・業種・従業員数・簡潔な仕事内容」と「退社年度・退職理由」を記入します。 退職理由が自分都合の場合は「一身上の都合により退職」、解雇された場合は「会社都合により退職」を記入しましょう。在職中に転職活動を行っている場合は「現在に至る」と記入し、最後に「以上」と記入して締めくくります。参考:履歴書の学歴・職歴欄の正しい記入法/doda履歴書の書き方③|免許・資格欄免許・資格欄には必ず正式名称を記入します。取得年度も正しく記入し、資格の有効期限も確認しましょう。また、志望する企業で活かせる免許や資格を取得している場合は上位に記入し、取得している免許や資格がない場合は「特になし」と記入します。参考:履歴書の免許・資格欄の正しい書き方/doda履歴書の書き方④|志望動機欄履歴書の中で最も企業へアピールできる項目が、志望動機の欄です。どの企業でも使えるような当たり障りのない内容ではなく、志望する企業について調べて、自分の強みをアピールしながら応募企業で貢献できることを具体的に記入しましょう。【例文】私はこれまでインフラからアプリケーションまで一貫したシステム設計の経験を積んできました。これまで培ってきたノウハウを活かしていくことで、グローバルに事業展開を推進している貴社のお力になれると思い、志望いたしました。英語・日本語を話すことができるので、貴社のグローバル展開をさらに加速させられるよう、事業を牽引していきたいと思っております。【ワンポイントアドバイス】貴社:履歴書やメールなどで書く時に使う御社:面接や商談などで話す時に使う細かい部分もしっかりと使い分けられると、採用担当者に好印象を与えられるでしょう。参考:志望動機・志望理由の書き方【82職種の例文付き】/doda履歴書の書き方⑤|趣味・特技欄趣味・特技は採用担当者との会話で話題になることがあります。そのため、「特になし」と記入したり空欄で提出したりすることは避けましょう。また、マイナスな印象を与えやすい趣味・特技は書かないようにします。【例文】趣味はフットサルです。日本人の友人のチームに参加し、日本語でのコミュニケーションを大切にしながら、試合を楽しんでいます。特技はDIY です。ものを組み立てることが好きなので、手を動かしながら、頭を使ってさまざまものを作ります。この組み立てて作る作業は、システム開発の場面でも活かされることが多く、役立っています。趣味や特技も仕事に関連することであれば、自分のアピールにつながります。具体的な内容を記入するよう心がけましょう。参考:履歴書の趣味・特技欄の正しい書き方と内容/doda履歴書の書き方⑥|本人希望欄・通勤欄・配偶者欄本人希望欄希望する職種は本人希望欄へ記入します。また、原則として勤務地・給与・待遇などは、本人希望欄へ「貴社規定に従います」と記入するのがルールです。通勤欄会社までの通勤時間と自宅の最寄り駅を記入します。原則として、通勤時間は90分以内です。遠方に住んでいたりこれから日本に来たりする場合は、入社後の転居や通勤に支障がないことも記載しましょう。配偶者・配偶者の扶養義務欄結婚している人は配偶者欄の「有」に丸をつけます。状況に応じて配偶者の扶養義務も「有・無」を選択して丸をつけましょう。独身の場合は両方の「無」に丸をつけます。履歴書提出前に確認!チェックポイントすべての項目を書き終えたら、履歴書を読み返して以下のポイントを入念にチェックしましょう。記入漏れ、空欄になっているところはありませんか?写真は3ヶ月以内に撮影されたものを貼り付けていますか?誤字・脱字、表記ミスはありませんか?名前や住所のふりがなは記入されていますか?履歴書に書かれている年号(和暦・西暦)は統一されていますか?書き間違いやミスが見つかった場合は、手間がかかりますが新しい履歴書に書き直しましょう。参考:履歴書に「空欄」があっても大丈夫?/リクルートエージェント日本における履歴書の書き方は独特!しっかり理解して丁寧に書こう日本ならではの細かいルールがある履歴書の作成に、抵抗のある外国人はたくさんいます。しかし、外国人であってもきちんとルールに従った履歴書を提出できれば、企業の採用担当者に好印象を与えられます。書き方を学び、多くの企業に興味を持ってもらえる履歴書を作成できるようになりましょう。日本での転職・就職を考えている方は、『G Talent』の利用がおすすめです。外国籍のエンジニアのための転職プラットフォームで、掲載されている求人は年収800万円以上が40%を占めています。日本で安定した収入を得たい方、これまでのキャリアを日本で活かしたい方は、利用価値の高いサービスと言えるでしょう。気になる方は無料登録をして、企業からのスカウトを受け取りましょう。

転職・キャリア開発ナレッジ

ITエンジニアが日本で仕事するために必要なビザについて解説

海外で長期滞在する場合や、海外で就労する際に必ず必要なビザは、慣れていないと複雑な手続きに戸惑うことがあるでしょう。また不備があると不法滞在・不法労働になり、不利益を被ってしまいます。本記事では、ITエンジニアが日本で仕事をするために必要なビザについて解説します。日本での就職を考えている人や就職にあたりビザの変更が必要な人は、ぜひ参考にしてください。グローバルのIT企業が集まる転職エージェント『G Talent 』は、仕事探しだけでなくビザのサポートまで受けることができます。ビザと在留資格の違いは?企業によってはビザと在留資格を同じ意味で使うことがありますが、厳密には別物です。混合してしまうと就職に不利益を被ることもあるため、それぞれの違いを良く理解しておきましょう。本項目では、ビザと在留資格の違いについて解説します。いま一度、自分の持っているビザや在留資格と照らし合わせて確認してみましょう。ビザとはビザ(査証)とは、海外にある日本大使館・領事館が発行する「日本への入国を許可する書類」です。海外の日本大使館・領事館で必要な書類を提出し、審査を行った結果「所有しているパスポートが有効であり、日本への入国に支障がない外国人」と判断された場合に発行されます。参考:出入国在留管理庁/きっずるーむ法務省在留資格とは在留資格とは、日本に入国しようとする外国人が、日本で行う予定の活動に問題がなく条件に適していることを証明するために必要な資格です。日本の法務省入国管理局が管理し、現在は38種類の在留資格が存在します。「在留カード」は、在資格を証明するためのカードを指します。また、企業によっては在留資格のことを「就労ビザ」と呼ぶことがあります。就労ビザというのは、在留資格の通称で、二つは同じものを示していると考えて良いでしょう。参考:在留資格とは/東京入管・永住、帰化申請サポート室外国人ITエンジニアが日本で仕事するための就労ビザ日本に適法で在留するためには、きちんと日本から発行された「在留資格(就労ビザ)」を取得する必要があります。また、ITエンジニアとして働くためのビザを「エンジニアビザ」と呼ぶこともあります。外国人ITエンジニアが日本で仕事をするための就労ビザについて解説します。就労ビザ「技術・人文知識・国際業務」の取得要件外国人が日本でITエンジニアとして仕事をするためには、一般的に「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を取得して勤務することになります。日本で「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を取得するには、以下の条件を満たす必要があります。従事しようとする業務について、必要な技術・知識に係る科目を選考して大学を卒業していること卒業した大学は、日本だけでなく海外も該当します。また、日本の専門学校卒業者で「専門士」の学位を有している人も、これに該当します。従事しようとしている業務について、10年以上の実務経験を有すること1の基準を満たせない場合であっても、10年以上の実務経験があれば「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を取得できます。なお、10年の期間には国内外の学校で情報処理などの専門知識について学んだ期間も含まれます。ただし、日本での義務教育期間は含まれず、留学生のアルバイトなども対象外です。告示で定められた情報処理に関する試験合格者・資格取得者【日本の試験】イ 情報処理の促進に関する法律(昭和四十五年法律第九十号)に基づき経済産業大臣が実施する情報処理安全確保支援士試験ロ 情報処理の促進に関する法律に基づき経済産業大臣が実施する情報処理技術者試験のうち次に掲げるもの(1) ITストラテジスト試験(2) システムアーキテクト試験(3) プロジェクトマネージャ試験(4) ネットワークスペシャリスト試験(5) データベーススペシャリスト試験(6) エンベデッドシステムスペシャリスト試験(7) ITサービスマネージャ試験(8) システム監査技術者試験(9) 応用情報技術者試験 (10) 基本情報技術者試験 (11) 情報セキュリティマネジメント試験ハ 通商産業大臣又は経済産業大臣が実施した情報処理技術者試験で次に掲げるもの(1) 第一種情報処理技術者認定試験(2) 第二種情報処理技術者認定試験(3) 第一種情報処理技術者試験(4) 第二種情報処理技術者試験(5) 特種情報処理技術者試験(6) 情報処理システム監査技術者試験(7) オンライン情報処理技術者試験(8) ネットワークスペシャリスト試験(9) システム運用管理エンジニア試験 (10) プロダクションエンジニア試験 (11) データベーススペシャリスト試験 (12) マイコン応用システムエンジニア試験 (13) システムアナリスト試験 (14) システム監査技術者試験 (15) アプリケーションエンジニア試験 (16) プロジェクトマネージャ試験 (17) 上級システムアドミニストレータ試験 (18) ソフトウェア開発技術者試験 (19) テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験 (20) テクニカルエンジニア(データベース)試験 (21) テクニカルエンジニア(システム管理)試験 (22) テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験 (23) テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験 (24) 情報セキュリティアドミニストレータ試験 (25) 情報セキュリティスペシャリスト試験【中国の試験】イ 中国工業和信息化部教育与考試中心が実施する試験のうち次に掲げるもの(1) 系統分析師(システム・アナリスト)(2) 信息系統項目管理師(インフォメーション・システム・プロジェクト・マネージャ)(3) 系統架構設計師(システム・アーキテクト)(4) 軟件設計師(ソフトウェア設計エンジニア)(5) 網絡工程師(ネットワーク・エンジニア)(6) 数据庫系統工程師(データベース・システム・エンジニア)(7) 程序員(プログラマ)ロ 中国信息産業部電子教育中心又は中国工業和信息化部電子教育与考試中心が実施した試験のうち次に掲げるもの(1) 系統分析員(システム・アナリスト)(2) 高級程序員(ソフトウェア・エンジニア)(3) 系統分析師(システム・アナリスト)(4) 軟件設計師(ソフトウェア設計エンジニア)(5) 網絡工程師(ネットワーク・エンジニア)(6) 数据庫系統工程師(データベース・システム・エンジニア)(7) 程序員(プログラマ)【フィリピンの試験】イ フィリピン国家情報技術標準財団(PhilNITS)が実施する試験のうち次に掲げるもの(1) 基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験(2) 応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験ロ フィリピン・日本情報技術標準試験財団(JITSE Phil)が実施した基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験【ベトナムの試験】イ ハイテクインキュベーショントレーニングセンター(HITC)が実施する試験のうち次に掲げるもの(1) 基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験(2) 応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験ロ ベトナム情報技術試験訓練支援センター又はベトナム訓練試験センターが実施した試験のうち次に掲げるもの(1) 基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験(2) ソフトウェア開発技術者(ソフトウェア・デザイン・アンド・ディベロップメント・エンジニア)試験(3) 応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験【ミャンマーにおけるミャンマーコンピュータ連盟(MCF)が実施する試験】イ 基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験ロ 応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験【台湾における財団法人資訊工業策進会(III)が実施した試験】イ 軟体設計専業人員(ソフトウェア・デザイン・アンド・ディベロップメント・IT・エキスパート)試験ロ 網路通訊専業人員(ネットワーク・コミュニケーション・IT・エキスパート)試験ハ 資訊安全管理専業人員(インフォメーション・システム・セキュリティー・IT・エキスパート)試験【マレーシアにおけるマルチメディア技術促進本部(METEOR)が実施する試験】基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・プロフェッショナル)試験【タイの試験】イ 国立科学技術開発庁(NSTDA)が実施する試験のうち次に掲げるもの(1) 基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験(2) 応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験ロ 国立電子コンピュータ技術センター(NECTEC)が実施した基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験【モンゴルにおけるモンゴル国立ITパーク(NITP)が実施する試験】イ 基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験ロ 応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験【バングラデシュにおけるバングラデシュコンピュータ評議会(BCC)が実施する試験】イ 基本情報技術者(ファンダメンタル・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験ロ 応用情報技術者(アプライド・インフォメーション・テクノロジー・エンジニア)試験【シンガポールにおけるシンガポールコンピューターソサイエティ(SCS)が認定する試験】サーティファイド・IT・プロジェクト・マネージャー(CITPM)【韓国における韓国産業人力公団が認定する試験】イ 情報処理技師(エンジニア・インフォメーション・プロセシング)ロ 情報処理産業技師(インダストリアル・エンジニア・インフォメーション・プロセシング)参考:IT技術者の在留資格/行政書士みなと国際事務所日本におけるITエンジニアの就労ビザの申請方法ITエンジニアとして日本で働くためには、長期滞在や就労を目的とする適法なビザや資格が必要です。就業先が決まった場合は、滞在や就労に不利益とならないよう余裕を持って申請しましょう。これから入国する人・すでに入国している人の申請方法を詳しく解説します。ITエンジニアの就労ビザを新規で申請をする手順これから日本に入国しようとしている人が、ITエンジニアが在留資格(就労ビザ)を申請する手順は以下のとおりです。在留資格認定書を申請する在留資格(就労ビザ)の申請には、「在留資格認定書」という書類が必要になります。日本国内の地方出入国在留管理局の窓口で交付申請を受け付けているため、就業予定の会社職員に代理申請してもらいましょう。出入国在留管理庁における審査・交付申請した内容に問題がなく、日本への上陸と就業条件に適していると判断されると、在留資格認定証明書が発行されます。万が一不交付となった場合でも、不服申し立ての方法はありません。日本大使館・領事館でビザの申請を行う在留資格認定証明書と、ビザ申請に必要な書類をそろえて、日本大使館・領事館でビザ発給申請を行います。必要書類は、この後にリストアップしまとめているので確認しましょう。参考:手続きの流れは? 必要な申請書類は?/出入国在留管理庁ITエンジニアが在留資格を就労ビザに切り替える申請をする手順すでに日本へ入国して在留しようとしている人、在留期間の更新を行う人は、以下の手順で申請を進めます。在留資格変更許可申請・在留期間更新許可申請をする地方出入国在留管理局の窓口で申請を行います。どちらの申請であっても、行おうとする活動に係る「ポイント計算表」と「ポイントを立証する資料など」を提出します。必要に応じで就業予定もしくは就業先に申請に必要な書類発行をお願いしましょう。出入国在留管理庁における審査・変更や更新の許可審査におけるポイントは、以下のとおりです。行おうとする活動が高度外国人材としての活動であることポイント計算の結果が70点以上であること在留状況が良好であることポイント計算表の結果が70点未満であれば、他の要件を満たしていても不許可となります。参考:在留期間更新許可申請 /出入国在留管理庁日本におけるITエンジニアの就労ビザの申請は誰が行う?日本ですでに就業先が決まっていても、ビザや在留資格が発行されなければ日本で働くことはできません。しかし、難しい手続きを自分でできるのか不安に感じている人もいるのではないでしょうか。ここでは、日本でITエンジニアとして働くための在留資格(就労ビザ)を申請できる人について解説します。本人原則として、在留資格の申請や変更・更新手続きは申請者本人が行います。複雑な手続きが必要なため、慣れない申請に関わる手続きに不安を感じる人は、転職・就職支援を行っているサービスを活用すると良いでしょう。もしくは、申請のサポートを行っている求人を探す方法もおすすめです。代理人申請人が海外にいる場合や、やむを得ない事情で申請に向かえない場合は、就業先の職員や弁護士・行政書士、親族又は同居人などが申請書類の提出などを行えます。ただし、代理申請には地方在留管理局長の承認が必要なため、誰でも行えるわけではありません。参考:出入国審査・在留審査Q&A/出入国在留管理庁出入国審査・在留審査Q&A出入国審査・在留審査Q&A日本におけるITエンジニアの就労ビザの申請に必要な書類日本でITエンジニアとして働く際に必要な在留資格(就労ビザ)の申請には、以下の書類が必要です。旅券ビザ申請書1通(ロシア・CIS諸国・ジョージア人は2通)写真1葉(ロシア・CIS諸国・ジョージア人は2葉)在留資格認定証明書 原本および写し通中国籍の人は以下の書類も準備します。戸口簿写し暫住証又は居住証明書(申請先の日本大使館又は総領事館の管轄区域内に本籍を有していない場合)※申請者の国籍によっては、上記以外に必要とされる書類があるため、必ず自分で各領事館のホームページを確認しましょう。参考:ビザ/外務省日本におけるITエンジニアの就労ビザの取得までにかかる期間在留資格(就労ビザ)の申請に必要な「在留資格認定証明書」は、審査結果がでるまでに1~3ヶ月ほどかかります。就業開始に間に合うよう、企業と連絡を取りながら余裕を持って申請しましょう。また、在留資格認定証明書の有効期間は発行より3ヶ月間です。在留資格認定証明書を受け取ったら、すぐに日本大使館・領事館でビザの手続きをしましょう。参考:在留資格認定証明書とは?申請から入国までの流れを解説/ビザプロITエンジニアが日本で仕事をするために「就労ビザ」をきちんと取得しよう!せっかく日本での就業が決まっても、ビザに不備があれば就業はおろか入国できないこともあるでしょう。日本で仕事をするためには、きちんと在留資格(就労ビザ)を取得し、不法労働にならないよう注意しましょう。日本での転職・就職を考えている方は、外国籍のエンジニアのための転職プラットフォームである 『G Talent』の利用がおすすめです。掲載されている求人は年収800万円以上が40%を占めており、自分に合った仕事を見つけることができます。ビザのサポートも受けることができるため、今回の記事で不安になった方はぜひご利用ください。気になる方は無料登録からスタートしましょう。

転職・キャリア開発ナレッジ

日本の企業は採用でどこを見る?面接の対策法も紹介します

日本での生活が短い方や就職のために初めて日本を訪れる方によって、企業の採用面接はとても緊張してしまうでしょう。本記事では、日本の企業ではどこを見るかなど面接を受ける際の対策法を紹介します。面接時に気を付けたいポイント、実際の面接で良く聞かれる質問をまとめているので、日本で初めて面接を受ける方はぜひ参考にしてください。グローバル企業が集まる転職エージェント『G Talent』では、仕事探しだけでなく面接の方法などのサポートを受けることも可能です。自分に合った仕事をさまざまなサポートを受けながら探したい方は、利用がおすすめです。日本の企業は採用でどこを見る?採用面接は企業にとってふさわしい人材なのか、共に働く仲間として迎え入れるかどうか見極める場です。海外と日本の企業では、面接時に見ているポイントが大きく異なるため、日本で初めて就職する方は戸惑うこともあるでしょう。しかし、いくつかのポイントを押さえて挑めば過度な心配や緊張は要りません。そこで、日本の企業が採用面接でどこを見ているのか詳しく解説します。実際に面接官に聞かれていると想定し、面接練習として活用してください。日本企業が面接で見るポイントは、以下の通りです。コミュニケーション能力があるか時間を厳守できるか身なりが整っているか不法就労・入国でないかストレス耐性があるかコミュニケーション能力があるか仕事を円滑に進める上で、コミュニケーションがうまくとれるかどうかは非常に重要なポイントでしょう。入社後に社内で円滑なコミュニケーションがとれないと、仕事に支障をきたす恐れがあるからです。流暢に話せなくとも、しっかり聞き取れているか・スムーズやり取りが可能かどうか・分からないことを聞き返せるかどうか、振り返ってみましょう。また、面接では「日本の好きなところ」「最近のできごと」などの雑談から、コミュニケーション能力を測っている企業もあります。緊張して言葉に詰まってしまう場合は、積極的に伝えようとする姿勢を見せると良いでしょう。友達と話すようなフランクな言い方ではなく敬語をきちんと使い分けられると、より好印象を与えられるかもしれません。参考:面接で求められている「コミュニケーション能力」って何?面接で見られる2つのコミュ力とは/ONE CAREER時間を厳守できるか海外では就業時間に遅刻していても業績などの結果を重視する傾向にありますが、日本で就職する企業でもそうとは限りません。採用面接では、就業時間だけでなく、会議、休憩など働く上で決められた時間を厳守できる人材であるかどうかを見極めています。日本では前もって準備したり、時間をきちんと守って行動したりする人が多い国民性があります。時間を守れない人が社内にいると仕事が円滑に進まず、共に働く仲間にストレスを与えてしまう可能性があります。面接時間には余裕を持って到着し、「時間を守る」という姿勢を大切にしていることを伝えられるようにしましょう。参考:面接当日に気を付けるべきポイント「企業へ行く時間」「受付」「入退出」/いい就職ドットコム身なりが整っているかあまりにもカジュアルな装いで面接に臨んだり、清潔感のない身だしなみであったりすると、ビジネスパーソンとしての信頼を損なうことにつながります。入社後にも同じような服装で勤務されると、「大事な取引先に良くないイメージを与えてしまうかもしれない」と判断されることもあるでしょう。企業から「服装自由」「私服で」といわれた場合でも、ビジネスシーンの服装であることを忘れてはいけません。シャツやブラウスによれていないジャケットを羽織って、サイズの合っているボトムス、スニーカーではない革靴などを履いていくのがベターです。服装自由であっても、ファッション性の高い「普段着」では行かないよう注意しましょう。参考:面接の時に企業から見られている服装はココ!面接マナーについて徹底解説!/コメディカルドットコム不法就労・入国でないか日本では、不法に滞在している者、働くことが認められていない者、現在の在留資格で認められた範囲を超えて働いている者を雇ってしまうと、その事実を知らなくても罰則の対象となります。企業側は、罰則のリスクのある人材や怪しい人材は、もちろん雇いたくはありません。企業から不法就労でないことを確認するための書類提出を求められた際は、きちんと応じるようにしましょう。書類に漏れがあったり提出を拒否したりすると、適法で在留していても疑われてしまいます。また、自分のビザの種類や就労制限についても良く理解しておくと安心です。参考:外国人を面接する際に覚えておきたい5つの注意点/jopus bizストレス耐性があるか海外で働くというのは簡単ではないため、合わないと感じると辞める方がストレスにはなりませんが、採用側はそうではありません。「すぐに辞めそうな人材」は必要なく、ストレス耐性が低いと判断されると選考通過の可能性をグッと下げてしまいます。面接時にストレスを感じるような質問を投げかけられることもあっても、落ち着いて答えるよう心がけましょう。また、面接時の貧乏ゆすりや話出す前の舌打ち、不機嫌な表情は出さないのがベターです。このような行為は日本でマナー違反と感じる人が多く、「仕事中の態度も悪いだろう」と良くないイメージを連想させてしまいます。面接時では、場の空気を重んじる日本ならではのマナーも頭に入れておきましょう。参考:ストレス耐性を面接で聞く意図と答え方のコツは?耐性が高い人の特徴3つも/Geekly Media日本での採用面接の対策母国の採用面接と同じような対策で臨んでしまうと、せっかくのチャンスを棒に振ることになります。日本でのマナーをしっかり守り、外国人であることを感じさせない振る舞いができれば好印象を与えられるでしょう。日本での採用面接で特に気を付けたい3つのポイントを紹介します。遅刻をしない身なりを整えていく履歴書は丁寧に自分で書くこれらは日本では最低限のマナーであり、母国のマナーと異なる場合はしっかりと頭に入れて臨みましょう。遅刻をしない日本の採用面接では、面接時刻の15~30分前に面接会場の建物に到着することをおすすめします。また、早すぎる来社は企業のスケジュールを乱す可能性があるため、面接時刻の10分ほど前に受付を済ませるようにしましょう。さらに、遅刻はもってのほかです。当日は、交通機関の遅延や急なトラブルを見込み、時間に余裕を持って行動するよう心がけましょう。万が一、面接時間に間に合いそうになければ、遅れることが分かった時点で企業へ連絡します。間に合わない理由と到着予定の時間を伝え、担当者からの指示を仰ぎましょう。参考:4社に3社「面接への遅刻は絶対NG」/逆に「許される」場合とは? 謝罪の方法は?/JOBRASS新卒身なりを整えていく採用面接へ向かう際、企業から指定がなければビジネススーツを着用しましょう。髪やメイク、髭、爪は清潔感を意識して整えます。大ぶりなアクセサリーは外し小ぶりで控えめなものにするか、着用しないのが好ましいでしょう。腕時計もファッション性の高いものではなく、シンプルなものを着用します。また、日本ではタトゥーや入れ墨に対して、あまり良くない印象を持っている傾向にあります。見える部分に入っている人は、できるだけ目立たないように工夫しましょう。ただし、タトゥーや入れ墨について聞かれた場合は、正直に答える姿勢も大切です。参考:就活の身だしなみは超重要!好印象の与え方を男女別に解説/キャリアパーク転職エージェント履歴書は丁寧に自分で書く日本のルールでは、履歴書の代筆は基本的にNGとされています。怪我などで一時的に字が書けないなどの特別な理由がない限り、自分で丁寧に書くことが望ましいです。まだ勉強中である資格を「取得済み」と偽ることも、後にバレるとあなたの印象を悪くする原因となります。また、企業から指定がない場合は、手書きとパソコンで作成したもののどちらでも問題はありません。手書きの文字でアピールしたい、パソコンで作成しスキルをアピールしたいなど、目的に応じて作成方法を選らんでも良いでしょう。参考:履歴書の言葉遣いは重要!就活で注意すべき敬語の使い方を徹底解説/ハタラクティブ日本での採用面接でよく聞かれる質問日本の採用面接では、面接官がさまざまな質問を行い自社との相性を確認します。外国人の場合はできるだけ採用後のミスマッチ防ぐために、いくつかの「よく聞かれる質問」があります。ここでは、日本の採用面接でよく聞かれる質問5つを紹介します。日本での転職・就職を検討している人は、よく聞かれる質問を把握して面接対策に活用してください。日本での面接でよく聞かれる質問①|「自己紹介をしてください」日本の面接では、外国人に限らず「簡単な自己紹介」を求められます。これは、相手に対して分かりやすい言葉で要点を簡潔に説明できるかを見られています。ダラダラと話すのではなく、自分の強みやアピールポイントを伝えられるよう意識した内容にまとめましょう。相手の目を見ながら、笑顔で自己紹介ができればさらに高い評価を得られるでしょう。参考:【面接対策】印象が良くなる自己紹介を徹底解説!ケース・職業別の例文やNG例も紹介!/バイトル日本での面接でよく聞かれる質問②|「なぜ日本で働きたいのですか」母国ではなく日本で働きたい具体的な理由や、日本で長期的に働く意思があるのかを見られています。日本で働きたい理由として「日本の良いところ」を答えてしまうケースが多いですが、面接官は「なぜ日本が好きなのか」を聞きたいのではありません。日本で働きたい具体的な理由や、日本を選択した理由を明確に伝えるようにしましょう。参考:「外国人留学生向け」面接で「日本で働きたい理由」を聞かれた時の答え方/留学生の就活ナビ日本での面接でよく聞かれる質問③|「なぜこの会社を志望したのですか」面接でより重要視されているのは、志望動機です。企業への志望度の高さや、入社後の貢献度を見られています。どんな企業でも必ず聞かれる質問のため、自分なりの志望動機を考えておくと安心です。過去の実績からどのような面で貢献できるのか、入社後に実現したいことなどを明確に伝えましょう。参考:志望動機の面接頻出質問14選!各質問の出題意図を踏まえた回答対策/unistyle日本での面接でよく聞かれる質問④|「日本にて来て困ったことは何ですか」日本に来てから困ったこと・辛かった体験などを質問することで問題解決力があるかどうか、日本社会に対するネガティブな面を知っているかを見られています。文化の違いなどから受けるストレスとどう向き合ったのか、その経験から学んだことなどを正直に話しましょう。特になかった場合、無理に話を作り上げる必要はありません。参考:外国人が日本企業の面接でよく聞かれる質問/SuraPera日本での面接でよく聞かれる質問⑤|「日本の会社のルールは守れますか」海外と日本では習慣や文化が異なるため、社会でのルールも異なります。会社ごとに定められたルールも追加されますが、困惑して辞めてしまわないか・帰国してしまわないかを見られています。日本の良い部分だけでなく、日本の文化のルールやネガティブな面の両方を十分に理解し、それらを重んじながら行動できることをアピールすると良いでしょう。日本の企業が採用面接で「どこを見るか」を知って対策をしておこう日本の企業が外国人を採用する際、面接でよく聞かれる質問・見ている部分にはいくつかの傾向があります。頻出する質問や意識すべきポイントを押さえておくと、面接本番で受け答えに悩むことはないでしょう。好印象を与えられると選考通過率が高まり、希望する企業・条件で働ける可能性が上がります。日本での転職・就職を考えている方は、『G Talent』の利用がおすすめです。外国籍のエンジニアのための転職プラットフォームで、掲載されている求人は年収800万円以上が40%を占めています。日本で安定した収入を得たい方、これまでのキャリアを日本で活かしたい方は、利用価値の高いサービスといえるでしょう。気になる方は無料登録をして、企業からのスカウトを受け取りましょう。

転職・キャリア開発ナレッジ

日本でバックエンドエンジニアになろう!求められるプログラミング言語は?

日本でバックエンドエンジニアとして活躍するために必要なプログラミング言語とは何なのでしょうか?また、プログラミング言語だけでなく、フレームワークを活用できると仕事の幅が広がります。本記事では、日本でバックエンドエンジニアとして活躍するために必要なプログラミング言語やフレームワーク、言語以外の知識について解説します。日本でバックエンドエンジニアとして活躍したい方は、IT業界のグローバル企業が集まる転職エージェント『G Talent』をご利用ください。そもそもバックエンドエンジニアとは?そもそも、バックエンドエンジニアとは何なのかをまずは見ていきましょう。フロントエンドエンジニアとの違いフロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアについてご説明する前に、フロントエンド、バックエンドとは何かをご説明しなければなりません。システムは、ユーザー側のフロントエンドと、サーバー側のバックエンドに分かれており、それぞれ担当するエンジニアが異なります。WebサイトやWebアプリなどでユーザーが見る画面はフロントエンド側のシステムが表示しており、HTML/CSS、JavaScriptなどで作られています。フロントエンド側のシステムは画面を表示する、入力された情報をサーバー側のシステムに送る、他の画面に遷移するなどの動きを実現します。一方、サーバー側にあるシステムはバックエンドと呼ばれ、こPHPやJavaなどで作られます。フロントエンド側に入力された情報をもとにプログラムで処理を行い、必要に応じてデータベースにアクセスし、結果をフロントエンド側に返します。バックエンドエンジニアとはバックエンド側のプログラムを開発するエンジニアで、フロントエンドエンジニアはフロントエンド側のプログラムを開発します。参考:フロントエンドとバックエンド:役割とスキルの違いを解説/TECH PLAYバックエンドエンジニアには将来性があるバックエンドエンジニアは将来性がある職業です。IT市場、特にWebコンテンツは伸び続けており、バックエンドエンジニアはWebコンテンツに欠かせない存在です。そのため、今後もバックエンドエンジニアの需要は伸びていくと予想されます。また既存システムも多く、機能追加やメンテナンス、新システムへの移行などの仕事も十分あります。このように、バックエンドエンジニアの将来性がある職業と言えるでしょう。参考:バックエンドエンジニアは今後どうなる?将来性やキャリアパスを解説!/HiPro Tech日本でバックエンドエンジニアになりたい!求められるプログラミング言語は?日本のIT企業でバックエンドエンジニアとして求められるプログラミング言語には、以下の8つが挙げられます。PythonPHPRubyC++PerlJavaGoSQLPythonPythonはAI、ビッグデータ、機械学習、IoTなどの分野で活躍するプログラミング言語です。そのため、AIや機械学習などを扱う職場に転職するなら習得しておくことをおすすめします。Webアプリやゲーム、デスクトップアプリなどの開発もできる汎用的な言語です。また、Pythonの特徴として、コードが少ない、コードを理解しやすいという点があります。そのため、バグが発生しにくく人気の高い言語のひとつです。参考:【入門】Pythonとは|活用事例やメリット、できること、学習方法を解説/スキルアップAI JournalPHPPHPはWeb系の開発で頻繁に使われる言語のひとつです。Webアプリ開発、ECサイト構築などの開発が可能なので、Web系のエンジニアとして活躍したいなら、習得をおすすめします。PHPはスクリプト言語と呼ばれ、HTMLに埋め込んで使うタイプの言語です。コードが簡易的でわかりやすく、初心者も学びやすいという特徴があります。また、CMSのなかでも代表的なWordPressはPHPを使って開発されています。PHPを使ってWordPressのカスタマイズができるので、WordPressをよく使う現場に就職や転職をしたいなら習得しておくと良いでしょう。参考:PHPとは?基礎知識、できることを初心者にもわかりやすく解説します/カゴヤのサーバー研究室RubyRubyは初心者向けの言語で習得しやすく、誰が書いても同じようなコードになるように設計されている非常に優れた言語です。多くのWebサイト開発などに使われており、今後も活躍するでしょう。Rubyで開発するとシンプルなコードになるため、バグが発生しにくいという大きなメリットがあります。そしてもっとも大きなメリットが、Ruby on Railsという優れたフレームワークがあることです。このフレームワークを活用できれば、効率良く高品質なコードを量産できるようになります。Rubyを採用している職場でバックエンドエンジニアとして活躍したいなら、Ruby on Railsは習得必須と言えるでしょう。参考:プログラミング言語のRubyとは?特徴やできることを解説/発注ラウンジC++C++はC言語を拡張したオブジェクト指向言語で、Webアプリ、組込みシステム、AI開発、ゲーム開発などの幅広い分野で活躍しています。古い言語ですがいまだに現役なので、習得しておけば仕様変更やメンテナンスなどの仕事を得られるでしょう。参考:C++とは?今さら聞けない基礎から応用までを解説/発注ラウンジPerlPerlは古くから使われているプログラミング言語です。使いやすい言語で、主にWeb開発やサーバー管理の分野で活躍してきました。今もPerlで動くシステムはたくさんあるので、仕様変更や機能追加、メンテナンスなどの仕事は多いでしょう。JavaJavaは歴史が古く幅広い分野で使われている優秀な言語です。既存システムで使われているケースが多く、機能追加や仕様変更、メンテナンスなどの仕事は引き続きあるでしょう。ただし、最新の言語ではないので、新しい技術や言語の習得も並行して行う必要があります。Javaは非常に広い範囲で活躍する言語で、Webアプリ、PCアプリ、Androidアプリ、CG開発、組込みシステムなどの開発が可能です。Javaは安全性が高く堅牢なシステムを構築でき、バグやセキュリティリスクを抑えられるというメリットがあります。間違えないようにしたいのが、JavaScriptとはまったくの別物ということです。Javaはバックエンド開発の汎用的な言語ですが、JavaScriptはWeb画面開発に使われる動的な画面制御を構築する言語です。「メロンとメロンパンほど違う」「インドとインドネシアほど違う」とたとえられるように、まったく異なる言語なのでご注意ください。参考:【入門】Javaとは?言語の特徴やプログラミングの流れをわかりやすく解説!/Engineer LaboGoGoはGoogleが2009年に開発した、今後活躍が期待される新しい言語です。Goは少ないコードの量で済むためコンパクトに開発でき、バグを抑えられるというメリットはあります。そのため、効率良く高品質なプログラムを開発しやすい言語です。ただ、他言語とはまったく文法などが異なるため、これから学ぶ場合は学習に時間がかかるというデメリットがあります。参考:Go言語とはどんなプログラミング言語?特徴やできることを解説/発注ラウンジSQLSQLは非常に古い言語ですが、今も現役でこれからも使われるデータベース構築・操作のための言語です。MySQL、MariaDB、SQLiteなどのデータベース管理システムで使われます。バックエンドエンジニアはデータベース環境構築や処理プログラム開発にほとんどの場合関わります。そのため、習得が必須の言語です。日本でバックエンドエンジニアになりたい!求められるフレームワークは?フレームワークとはすでに出来上がったコードの集まりのことで、良く使う機能のコードがまとめられています。フレームワークを活用すれば、効率良く高品質な開発ができます。日本企業で使われるフレームワークは、以下の通りです。CakePHPGit/GithubRuby on RailsDjangoLaravelFlaskCakePHPPHPで良く使われるフレームワークで、WebページやWebアプリ開発に役立つ機能が多いです。現場に導入しやすく人気の高いフレームワークです。参考:CakePHPとは?基礎知識とできることをわかりやすく解説/発注ラウンジGit/GithubGitはソースのバージョン管理システム、Githubはソースコードの管理サービスです。プログラマーがソース管理に用いるツールで、チームで開発する際に煩雑になりがちなソース管理をスマートに行えます。Ruby on RailsRubyのフレームワークで、Ruby開発者なら習得必須です。習得すればRubyによる開発を効率良く進められるようになります。参考:【超入門】Web開発に用いられるRuby on Railsとは|特徴やできることを詳しく解説/CMC JapanDjangoPythonのWebアプリフレームワークです。Webコンテンツを少ないコードで作ることができ、Webサイト制作の作業効率を上げることが可能です。参考:Django(ジャンゴ)とは?Pythonのフレームワークを活用し、Web開発に役立てよう/UdemyメディアLaravelPHPのフレームワークのひとつで、Web開発に必要な機能を網羅したフルスタックフレームワークです。PHP開発者なら優先的に習得することをおすすめします。FlaskPythonのWebアプリフレームワークです。特徴としては、フレームワーク自体が軽く学習が容易で、カスタマイズ性が高いということがあります。Djangoと合わせて習得をおすすめします。日本でバックエンドエンジニアになりたい!求められる知識は?日本でバックエンドエンジニアになりたいなら、プログラミング言語やフレームワーク以外の知識も必要です。ここからは、バックエンドエンジニアに必要な知識についてご説明します。インターネットの仕組みに関する知識OSに関する知識サーバーやデータベースに関する知識セキュリティに関する知識インターネットの仕組みに関する知識インターネットに関する仕組み、機器の設定方法やセキュリティなどの知識が必要です。システムのクラウド化が進んでおり、インターネットを安全かつ効率的に扱えるエンジニアが強いのは間違いありません。参考:バックエンドエンジニアの学習方法とは?スキルや言語について徹底解説/パーソルクロステクノロジーOSに関する知識バックエンドエンジニアはさまざまなOSや環境に対応したシステムを構築する必要があります。また、開発環境やクライアント側の環境は1種類とは限らず、いろいろな環境に適応しなければならない場面もあるでしょう。そのため、OSに関する知識も必要です。サーバーやデータベースに関する知識バックエンドエンジニアは、サーバー構築、データベース構築などを行うため、サーバーやデータベースに関するスペシャリストになる必要があります。そのため、さまざまなサーバー環境やデータベース環境の知識が必要になるでしょう。扱う環境で開発ができるだけでなく、開発環境の構築や設定変更、メンテナンスなどの技術や知識も必要です。参考:バックエンドエンジニアになるには(身につけるべき重要なスキル)/kinstaセキュリティに関する知識ネット上のリソースを使うクラウド化やユーザーによるネット利用、IoTによる家電の遠隔操作など、インターネットの利用は今後も増えていくことが予想されます。そのため、第三者による不正アクセスやなりすまし、情報漏洩などのセキュリティリスクを防ぐための対策は、ますます重要になるでしょう。システムを開発する際には、セキュリティリスクに留意したシステム開発を行うための知識が必要です。日本でバックエンドエンジニアの求人を探すなら『G Talent』がおすすめ本記事では、日本でバックエンドエンジニアとして活躍するために必要なプログラミング言語やフレームワーク、言語以外の知識について解説しました。日本企業でバックエンドエンジニアとして活躍するために、身につけておくと役立つプログラミング言語やフレームワークについてご理解いただけたと思います。また、プログラミング言語やフレームワーク以外にも必要な知識があります。外国人向けITエンジニアの求人をお探しの方におすすめなのが、外国人ITエンジニア向けの転職エージェント『G Talent』です。200社以上の企業の採用支援や、70ヶ国籍以上のエンジニアの転職実績があり、初めて日本で仕事を探す方でも安心してご利用いただけます。国籍を問わずフェアな環境で働ける企業のIT求人が豊富なので、あなたに合ったバックエンドエンジニア求人がきっと見つかるでしょう。

転職・キャリア開発ナレッジ

日本企業でニーズがあるフロントエンド開発の言語とは?

日本企業でフロントエンドエンジニアとして活躍するためには、日本企業でニーズがあるプログラミング言語の習得が必要です。開発言語以外にも、日本で働く際に役立つ知識も知っておくと、日本でニーズがあるエンジニアとして転職活動がスムーズになります。本記事では、日本企業でニーズがある開発言語やフレームワーク、日本で働くために知っておきたい知識について解説します。日本で自分にあった仕事を見つけたい方は、IT業界のグローバル企業が集まる転職エージェントの『G Talent』の利用がおすすめです。日本企業でニーズがあるフロントエンド開発の言語日本企業でフロントエンドエンジニアとして活躍するために、習得しておくべきニーズがある言語には以下の3つが挙げられます。日本企業でニーズがあるフロントエンド言語①|HTML日本企業でニーズがあるフロントエンド言語②|CSS日本企業でニーズがあるフロントエンド言語③|JavaScript日本企業でニーズがあるフロントエンド言語①|HTMLHTMLはWeb系開発に必須と言える言語なので、日本企業だけでなくフロントエンドエンジニアとして働く際は必ず習得しておきましょう。現在のHTMLの最新バージョンはHTML5です。Web画面の文章や画像の構成などを作っていくために必要な言語で、Web系開発のフロントエンドエンジニアは必ず使います。実際にコーディングをしない場合も、画面のソースを見て内容を検証したり改善したりするなどHTMLの知識が必要になるケースがあります。フロントエンド開発には、なくてはならないニーズがある言語の一つです。参考:フロントエンジニアに必要な言語とは?フレームワークやライブラリについてもご紹介/パーソルクロステクノロジー日本企業でニーズがあるフロントエンド言語②|CSSCSSはスタイルシートとも呼ばれる、HTMLとセットで使われる言語です。文字のフォントや色などを指定するために必要であり、HTMLの習得がマストのフロントエンドエンジニアにとってCSSの習得も必須です。実際にソースを開発することがない場合も、Webサイト開発やWebアプリ開発に携わるならソースを見ることもあります。そのため、構造や文法などについて知っておくことをおすすめします。HTMLと合わせて、Web系開発でのニーズがある言語です。参考:フロントエンド言語とは?フレームワークやライブラリについても解説/トライコーンラボ日本企業でニーズがあるフロントエンド言語③|JavaScriptJavaScriptは、Webページの動的な動きを開発する言語です。近年では画面の動きが多く複雑なWebサイトやWebアプリが増えているため、JavaScriptはフロントエンドエンジニアに必須のスキルと言えます。ニーズがあるJavaScriptは進化を続けており、JavaScriptを拡張した上位互換の言語のTypeScriptなども登場しています。高度な画面開発ができる知識を身につけていくことで、日本企業で活躍できるフロントエンドエンジニアになれるでしょう。参考:JSが苦手なフロントエンドエンジニアが語る 「JavaScriptと仲良くなるための基本の「き」」/PLAN-Bニーズがあるエンジニアになるために習得したいフロントエンド言語上記で紹介した日本企業にニーズがあるフロントエンド開発の言語は、どれも基本的なものばかりです。これらの言語は知っていて当たり前であり、日本企業でニーズがあるエンジニアとして活躍するためには進化した上位互換の言語を習得しておく必要があります。フロントエンドエンジニアとしておさえておくべきニーズがある上位互換言語には、TypeScriptが挙げられます。TypeScriptとは、Microsoft社が開発したJavaScriptの拡張言語です。型宣言を行うタイプの言語であり、ソースのコンパイル時のエラーを未然に防げるというメリットがあります。そのため、JavaScriptに比べてバグの発生を抑えることができ、効率良く開発できるのが特徴です。現在、JavaScriptのコードをより安全に開発できるTypeScriptに書き換えている企業が増えています。フロントエンドエンジニアとしてTypeScriptを習得しておけば、扱える仕事が増えニーズがあるエンジニアとして活躍できるでしょう。参考:フロントエンドの開発で必要な言語一覧!JavaScriptだけでなくTypeScriptのスキルも必要?/転職GUIDEフロントエンド開発を極めるならフレームワークのスキルも重要日本でフロントエンド開発を極めるためには、言語だけでなくフレームワークも身につける必要があります。フレームワークとは、すでにできあがったソースのまとまりです。たとえば、ログイン認証や決済機能などはWeb系開発に良く使われる機能ですが、このような機能を再利用しやすい形でまとめる役割があります。フレームワークとしてできあがっているものを流用すれば、効率良く開発できるメリットがあります。フレームワークはすでに品質担保が保たれているので、うまく活用すれば素早く高品質なプログラム開発が可能です。ここからは、フロントエンド開発でニーズがある、フレームワークを5つ紹介していきます。フロントエンド開発でニーズがあるフレームワーク①|jQueryフロントエンド開発でニーズがあるフレームワーク②|React.jsフロントエンド開発でニーズがあるフレームワーク③|Vue.jsフロントエンド開発でニーズがあるフレームワーク④|AngularJSフロントエンド開発でニーズがあるフレームワーク⑤|Bootstrapそれぞれについて解説していきます。フロントエンド開発でニーズがあるフレームワーク①|jQueryjQueryは、JavaScript用のライブラリです。ライブラリとはフレームワークと良く似た役割であり、フレームワークが枠組みであるのに対しライブラリは部品として部分的に活用することができます。jQueryを活用すればWebブラウザ用のコードを簡単に実装でき、初心者も使いやすい設計になっているのが特徴です。多くのWeb制作現場で導入されているため、日本企業でフロントエンドエンジニアとして活躍するなら押さえておきましょう。ただし、アニメーションなどを簡単に実装できる反面、動作が重たいというデメリットもあります。登場してから多くの機能が追加されたため、動作が重く使いづらい場合があるという点に注意しましょう。参考:jQueryは終わったのか論争を、終わらせにきました。/TOMORROW GATEフロントエンド開発でニーズがあるフレームワーク②|React.jsReact.jsは、jQueryと同じJavaScript用のライブラリです。Facebookやそのコミュニティに開発されたライブラリで、主にUIパーツを構築するために使われています。多くの日本企業で採用されているため、日本企業でフロントエンドエンジニアとして活躍するなら習得がおすすめです。ソースを管理しやすいように設計されており、複雑な設計になりがちな大規模開発に適しています。ただし、資料は英語のものが多いので、必要な情報を集めるためには高い英語力が必要です。その点では、外国人エンジニアが使いやすいライブラリと言えるでしょう。参考:React.jsとは?基本情報からメリットに至るまで詳しく紹介/発注ラウンジフロントエンド開発でニーズがあるフレームワーク③|Vue.jsVue.jsは、UIを構築するためのJavaScriptのフレームワークのひとつです。プログレッシブ・フレームワークという概念のもとで設計されており、システムが後に段階的に機能追加される場合も対応しやすい特徴があります。Webシステムは一度開発したらそれで終わりではなく、クライアントやエンドユーザーの要望に対応した機能追加が何度も行われることがあります。そのような場合、開発当初に導入したフレームワークでは対応しきれなくなることがありますが、Vue.jsなら問題なく拡張できます。それを可能にしたのが、プログレッシブ・フレームワークという概念です。参考:Vue.jsについて学習してみた <基礎編>/ラクスエンジニアブログフロントエンド開発でニーズがあるフレームワーク④|AngularJSAngularJSは、Googleやそのコミュニティに開発されている、MVW(Model-View-Whatever)のフレームワークです。AngularJSを使うことで、複雑なWeb系アプリのフロントエンド開発を効率良く進められます。特に、業務系アプリやCRUD系アプリに適しているフレームワークです。フロントエンド開発でニーズがあるフレームワーク⑤|BootstrapBootstrapはWebフレームワークで、HTML/CSS、JavaScriptで構成されています。フォームやボタンなどの良く使う機能が含まれており、Webサイトのデザインテンプレートも含まれているのが特徴です。Bootstrapを活用すれば、HTML/CSSやJavaScriptなどのプログラミング言語やデザインスキルなどがなくても、デザイン性の高いWebサイトを構築できるでしょう。BootstrapにはAngularJSと連携できるもの、WordPress用に開発されたものなど、いくつかの種類があります。働く日本企業の種類に合わせて、習得するのをおすすめします。参考:Web用フレームワーク「Bootstrap」について徹底解説/R-Stoneフロントエンド開発に必要な、言語以外の3つの知識日本企業でフロントエンドエンジニアとして活躍していくためには、プログラミング言語やフレームワーク、ライブラリなどの知識だけでは不十分です。ここでは、言語以外に身につけておけば役立つ知識についてご説明します。UI / UXデザインの知識Webマーケティング(SEO)の知識バックエンドエンジニアの知識開発言語やフレームワークだけでなく、これらの仕事に役立つ知識を身につけておけば、転職後もスムーズに開発現場に入れるでしょう。UI / UXデザインの知識HTML/CSSやJavaScriptを使ってWebサイトを構築できるだけでは、ユーザーが使いやすいサイトを開発できません。ユーザーが使いやすいデザインを構築するためのUIデザインのスキル、ユーザーの顧客体験を向上させるためのUXデザインのスキルも必要です。どちらも専門的に学べばフロントエンドエンジニアとして必ず役立つでしょう。ただ、知識や技術を勉強するだけでは、直接業務に役立てることは難しいかもしれません。知識や技術を得たうえで、業務経験を積むことで実践的なスキルを得られるでしょう。就職や転職を果たした後も、日々UIスキルやUXスキルを磨いていくことが大事です。また、最近はWebサイトやWebアプリをパソコンで見るだけではなく、タブレットやスマホなどのさまざまなデバイスを使って利用することが増えました。そのため、多くのデバイスに対応するためのデザイン知識である「レスポンシブデザイン」の知識も意識して身につけておくことが大事です。参考:レスポンシブWebデザインとは?基本知識から作り方まで詳しく解説!/NIJIBOX BLOGWebマーケティング(SEO)の知識多くのユーザーに見てもらえるWebサイトやWebアプリを構築するためには、ただコンテンツを良くしていくだけでは足りません。Webマーケティング知識として、SEO対策について知っておく必要があります。SEO対策とは、Google検索やYahoo!検索などの検索エンジンでキーワード検索したとき、Webサイトが検索結果の上位に出てくるようにするものです。SEO対策には優れたコンテンツのサイトを構築するだけでなく、タグの構成、適切なキーワードの使用、リンクの改善などのいくつもの対応が必要です。SEO対策を行うためには専門知識が必要で、とても地味な作業を続けなければなりません。すぐに効果が出るわけではなく、対策をすれば必ず効果を得られるものでもないため、非常に難しいです。SEO対策の知識や経験も積んでいくことで、優れたフロントエンジニアになれるでしょう。参考:【2024年版】SEOとは?基本と初めにやるべき具体策5つをわかりやすく解説/SATORIバックエンドエンジニアの知識フロントエンドエンジニアとして活躍するためには、フロントエンド開発以外の知識も必要です。もっとも重要なのが、フロントエンドと一緒に開発を進めるバックエンド開発のための知識です。WebサイトやWebアプリを開発するためにはフロントエンド側とバックエンド側の両方が必要で、それぞれのシステムを最終的には結合させて使います。しかし、それぞれのエンジニアがお互いのシステムのことを知らずに開発を進めると、システムの結合がうまくいかなくなってしまいます。そうなることを防ぐために、フロンドエンドとバックエンドのどちらも知っているエンジニアが必要です。WebサイトやWebアプリの開発の全体像を知っているエンジニアがいれば、スムーズに開発が進むでしょう。ニーズがあるフロントエンド開発の言語をおさえて、エンジニアとして活躍しよう本記事では、日本企業でニーズがある開発言語とフレームワーク、必要な知識について解説しました。日本企業でニーズがあるフロントエンド開発言語やフレームワーク・ライブラリを使いこなせるようにしておくと、転職活動を有利に進められるでしょう。また、プログラミング言語やフレームワーク・ライブラリ以外にも、身につけておくと役立つ知識について勉強しておくことをおすすめします。外国人ITエンジニアの求人をお探しの方におすすめなのが、外国人ITエンジニア向けの転職エージェント『G Talent』です。国内に住む外国人エンジニアのための転職サイトです。200社以上の企業の採用支援や70ヶ国籍以上のエンジニアの転職実績があります。国籍を問わずフェアな環境で働ける企業のIT求人が豊富なので、あなたに合ったフロントエンドエンジニア求人がきっと見つかるでしょう。

転職・キャリア開発ナレッジ

エンジニア必見!日本企業でニーズがあるプログラミング言語とは?

外国人が日本企業でITエンジニアとして良い条件で働くためには、日本でニーズがあるプログラミング言語を知っておくことが重要です。学ぶべきプログラミング言語を選ぶ際は、ニーズがあるだけでなく転職したい職場や業界で使われる言語や高い年収を得やすい言語を選びましょう。本記事では、日本企業でニーズがあるプログラミング言語や今後日本企業でニーズが高まっていくことが予想される言語について解説します。この記事を読めば、日本企業でエンジニアとして活躍するために習得すべきプログラミング言語が何かわかるでしょう。日本でニーズがあるエンジニアとして活躍したい方は、IT系のグローバル求人が集まる転職エージェント『G Talent』をご利用ください。エンジニアとして知っておきたい日本でニーズがある8つの言語日本企業のエンジニアとして活躍したいなら、以下の8つのプログラミング言語は押さえておきましょう。それぞれ活用シーンやニーズの高さも紹介するため、これから進みたい分野ややりたい仕事に適した言語はどれなのかを確認してみてください。日本企業でニーズがあるプログラミング言語①|Python日本企業でニーズがあるプログラミング言語②|JavaScript日本企業でニーズがあるプログラミング言語③|C・C++日本企業でニーズがあるプログラミング言語④|Java日本企業でニーズがあるプログラミング言語⑤|C#日本企業でニーズがあるプログラミング言語⑥|HTML・CSS日本企業でニーズがあるプログラミング言語⑦|PHP日本企業でニーズがあるプログラミング言語⑧|Ruby日本企業でニーズがあるプログラミング言語①|PythonPythonは、AI、ビッグデータ、Iotなどの分野で活躍するプログラミング言語です。AIや機械学習などを扱う職場への転職を希望している方は、習得しておきましょう。Webアプリや、ゲーム、デスクトップアプリなどの開発も可能ですが、メインはAIや機械学習の分野です。AIやビッグデータ分析を扱う企業は増えているので、将来的にさらなるニーズが予想されます。参考:【入門】機械学習に役立つPythonの学習方法 | できることやおすすめサイトも紹介/スキルアップAI Journal日本企業でニーズがあるプログラミング言語②|JavaScriptJavaScriptは、フロントエンドエンジニアに必要なWebページ上の動的な動きを構築するための言語です。マウスカーソルを該当部分に動かすとアニメーションが始まるなどの画面上の動的な動きを実現します。このような高機能な画面の動きは、今や多くのWebサイトに採用されています。そのため、Webサイト開発やWebアプリ開発に携わるならJavaScriptは習得必須と言えるでしょう。参考:フロントエンドエンジニアに必用な言語4選 | フレームワーク・ライブラリなどもご紹介/R-Stone日本企業でニーズがあるプログラミング言語③|C・C++C言語は古くから使われている、最初に習得することが多いプログラミング言語です。OS、基幹システム、ソフトウェア、組込みシステムなどの幅広い開発に対応します。一方、C++はC言語を拡張したオブジェクト指向言語です。Webアプリ、組込みシステム、AI開発、ゲーム開発などが可能です。どちらも最新の言語とは言えませんが、日本ではいまだにCやC++で稼働しているシステムが多いです。既存システムのメンテナンスや仕様変更などでの需要は多いため、プログラマーとして活躍したいなら押さえておくべき言語と言えるでしょう。参考:C++という言語について/HITECHS日本企業でニーズがあるプログラミング言語④|JavaJavaは歴史が古く幅広い分野で使われている言語であり既存システムに関わるため、プログラマーとして習得すべき優先度の高い言語です。Javaで開発された既存システムは多いため、プログラマーやITエンジニアとして活躍したいなら習得しておきましょう。ただし、最新の言語ではないので将来的にはJava以外の新しい技術や言語を習得していく必要があるでしょう。Javaが活躍する分野は幅広く、Webアプリ、Androidアプリ、PCアプリ、CG開発、組込みシステムなどが挙げられます。Javaは安全性が高くバグやセキュリティリスクを抑えられる優れた言語であり、SpringやSpring Bootなどのフレームワークを活用すれば効率良くコーディングを進められるのが魅力です。日本企業でニーズがあるプログラミング言語⑤|C#C#は、Microsoft社が開発したWebアプリ、スマホアプリ、ゲーム開発などに使われる言語です。汎用性が高いので、習得しておくと役立つ場面が多いでしょう。なおC、C++と名前が良く似ていますが、まったく関係はありません。最新の言語ではないもののC#で稼働中の既存システムは多いので、上記の仕事を行う際は習得するのがおすすめです。日本企業でニーズがあるプログラミング言語⑥|HTML・CSSHTMLとCSSはWebサイトやWebアプリ開発に必須の開発言語です。HTMLはWebページの構造を作り文章、画像などの配置などを決めるために使い、スタイルシートと呼ばれるCSSは文字の色やフォントサイズなどを設定する際に使用します。これらの言語を使用する際は、HTMLとCSSをセットで習得する必要があります。Web系のエンジニアには必須の言語なので、必ず習得しておきましょう。参考:CSSとは? – HTMLとセットで覚えよう!-/Cyber Bridge日本企業でニーズがあるプログラミング言語⑦|PHPPHPはWeb系の開発でよく使われる言語であり、Webアプリ開発、ECサイト構築などの開発に活用されます。代表的なCMSのWordPressはPHPを使って開発されているので、WordPressを扱っている企業で働く場合はPHPの習得が必須です。PHPで開発された既存システムは多く、既存システムの仕様変更やメンテナンスなどでの需要は今後も続くと考えられます。最新言語ではないので今後は新しい言語に道を譲ることになると考えられますが、現役で使われている場面は多いので習得しておくと役立ちます。日本企業でニーズがあるプログラミング言語⑧|Ruby多くのWebサイト開発に使われているRubyは初心者向けの習得しやすい言語であり、今後も活躍することが期待できます。Rubyは誰が書いても同じようなコードになるように設計されているので、バグが発生しにくいのがメリットです。Ruby on Railsという優れたフレームワークがあるため、プログラミングしやすいのも特徴です。効率良く開発を進めるために、Ruby on Railsもセットで習得しておきましょう。Rubyは今も進化を続けているため、エンジニアとしては習得すべき言語のひとつです。特にベンチャー企業が採用するケースが多く、ベンチャー企業の求人を狙っているなら必須の言語だと言えます。参考:Rubyの将来性と需要は?懸念されている点も解説/レバテックキャリア日本で今後ニーズがあることが予想される5つの言語ここからは、日本で今後ニーズが高まっていくことが予想される言語を紹介します。習得するプログラミング言語を選ぶ際には、今後の動向も視野に入れて選ぶと良いでしょう。日本で今後ニーズがあると考えられる5つの言語①|Go日本で今後ニーズがあると考えられる5つの言語②|TypeScript日本で今後ニーズがあると考えられる5つの言語③|Kotlin日本で今後ニーズがあると考えられる5つの言語④|Swift日本で今後ニーズがあると考えられる5つの言語⑤|Scala日本で今後ニーズがあると考えられる5つの言語①|GoGoは2009年にGoogleが開発した比較的新しい言語であり、Windows、MacOS X、Linux、Android、iOSなどのほとんどのOSに対応しています。JavaやRubyとはまったく文法などが異なるため、新しく学ぶ際には習得まで時間がかかるというデメリットがあります。しかし、Goは少ないコーディング量で済む言語のため、コンパクトに開発できバグの混入を抑えられる点がメリットです。効率良く高品質なプログラムの開発には、今後さらに需要が高くなることが予想されます。Goを習得しているエンジニアはまだ少ないので、習得すれば転職市場で価値を高められるでしょう。参考:Go言語を扱う仕事内容の例は?学習方法や将来性を徹底検証!/Freelance hub日本で今後ニーズがあると考えられる5つの言語②|TypeScriptTypeScriptはJavaScriptを拡張したフロントエンド開発のための言語です。JavaScriptの拡張版言語であるため、JavaScriptよりも開発効率が高くバグが発生しにくいため安全に開発を進められます特徴があります。TypeScriptは、JavaScriptの拡張版言語として今後ニーズが高まっていくことが予想されます。Web系のエンジニアとして活躍したいなら、JavaScriptとセットで習得しておきましょう。参考:TypeScriptとは?JavaScriptとの違いなどを解説/レバテックキャリア 日本で今後ニーズがあると考えられる5つの言語③|KotlinKotlinは、JavaをベースにしたAndroid開発向けの比較的新しい言語です。Android向け開発言語と言えばJavaでしたが、現在ではJavaを抜かす勢いでKotlinのニーズがあると言われています。スマホアプリ開発を行うなら、習得しておくべき言語です。ただし、iOS向け開発を行うなら、iOS向け言語のSwiftなども併せて習得しておく必要があります。参考:『Kotlin(コトリン)』とは?特徴やJavaとの違いを解説/SB Technology日本で今後ニーズがあると考えられる5つの言語④|SwiftSwiftは、Apple社が2014年に開発した比較的新しい言語であり、iPhoneやiPadなどのiOS対応アプリの開発が可能です。スマホアプリ開発の仕事を行いたい方は、習得しておくべき言語だと言えます。ただし、Android向けの開発を行うためには、Android向け言語のKotlinなども習得しておく必要があります。日本で今後ニーズがあると考えられる5つの言語⑤|ScalaScalaは、2004年に登場した比較的新しい言語です。Javaとの互換性があり、Javaで開発された既存システムと相性が良い、高速処理が可能、開発効率が高いなどのメリットがあります。Javaのライブラリの大半を利用でき開発効率が良いという性能の良さから、今後ニーズが高まっていくと予想されます。Webシステムのサーバーサイド開発だけでなくビッグデータの分析基盤開発にも活用できるため、さまざまな分野で活用できる言語です。参考:Scala(スカラ)とは?言語の特徴や開発手法、Javaとの違いや共通点について解説!/発注ラウンジ日本企業のエンジニアとして働く場合の言語の選び方日本企業では今回紹介したさまざまなプログラミング言語が使われていますが、すべての言語を習得することは簡単ではありません。日本でエンジニアとして活躍するために言語を習得するには、優先順位をつけて優先度の高い言語から習得していくことがおすすめです。習得するプログラミング言語の優先順位をつけるために、おすすめの言語をまとめました。どの方面で活躍したいのか、何を優先したいのかなどで、自分に合ったプログラミング言語を選んでください。仕事内容で選ぶ場合習得すべきプログラミング言語は、仕事内容によって大きく変わります。たとえば、Web系のエンジニアならHTMLやCSSなどの画面系プログラミング言語の習得が必須です。このように、選ぶエンジニアの職種によって必要な言語は変わるので、エンジニアの種類ごとにおすすめの言語をまとめました。目指したいエンジニアに必要な言語を確認しましょう。エンジニアの種類良く使うプログラミング言語Web系エンジニアHTML/CSS、JavaScript、TypeScriptRuby、PHP、C#、Python、JavaWebデザイナーHTML/CSS、JavaScript、TypeScriptバックエンドエンジニアJava、PHP、Ruby、Go、C#スマホアプリエンジニアKotlin、Swift、C#、JavaAIエンジニアPython、C++組込み系エンジニアC、C++、Python、Javaゲーム開発エンジニアC#、C++、JavaScript、Swift、Ruby参考:エンジニアにおすすめのプログラミング言語は?需要の高い言語も解説/ユニゾンキャリアメディア年収の高さで選ぶ場合収入を上げたい場合は、年収の高いエンジニアが習得している言語を選ぶと良いでしょう。高収入を狙えるプログラミング言語を、ランキング順に紹介します。1位:JavaScript2位:SQL3位:C/C++4位:R5位:VBA6位:Python7位:C#8位:Java9位:Visual Basic10位:PHP年収が高い言語は、働き方や企業規模、エンジニアの経験やスキルによっても異なるため、上記のランキングはあくまでも参考程度に留めてください。参考:プログラミング言語別の平均年収ランキング!高収入を狙える言語は?/SAMURAI ENGINEER Blog日本企業でニーズがある言語を押さえてエンジニアとして活躍しよう本記事では、日本企業でニーズがあるプログラミング言語や今後日本企業でニーズが高まっていくことが予想される言語について解説しました。日本では現状PythonやJavaScript、C・C++などの言語のニーズが高く、今後はTypeScriptやGoなどの新しい言語のニーズが高まっていくことが予想されます。転職前にこれらの言語を習得しておくと、転職活動を有利に進められるでしょう。これらの言語を活用できる外国人向けのITエンジニアの求人をお探しの方におすすめなのが、外国人ITエンジニア向けの転職エージェント『G Talent』です。国内に住む外国人エンジニアのための転職サイトであり、200社以上の企業の採用支援や70ヶ国籍以上のエンジニアの転職実績があります。国籍を問わずフェアな環境で働ける企業のIT求人が豊富なので、あなたに合ったエンジニア求人が見つかるでしょう。