日本企業の面接対策!面接の質問と答え方のポイント【外国人の就職・転職】

英語で日本企業の面接対策を学びたい方はこちら(English here!)にお願いします。

日本で就職・転職活動をされている外国人の方々、日本企業の面接では何を重視されているかご存知でしょうか。日本企業の採用には独特のルールがあり、面接で質問される内容や企業が面接重視する内容も他の国と違って独特のものがあります。

そこで、この記事では日本で就職や転職活動をする外国人の方々向けに、日本企業が面接で行う質問やその答え方などの面接対策をアドバイスしたいと思います。

面接をする目的

面接対策を考える上で、まず最初に「なぜ面接を行うのか」という面接の目的を理解する必要があります。

面接の目的は、企業にとっては自社で募集するポジションに合う人材であるかどうかを見極める場であります。そして、応募者にとっては、自分が募集するポジションに合う人材であることを証明する場であり、企業のことをより深く知る場でもあります。

そのため、応募者にとっては、面接で自分のことを売り込むこと、要は企業に募集ポジションに合うと思ってもらえることが重要になります。

企業が応募者に期待すること

日本企業の面接に臨む前に、日本企業が応募者に期待をすることを理解しましょう。日本企業が応募者に期待することは主に以下の3点になります。

  1. 募集ポジションで活躍できる経験やスキルを持っているか
  2. 組織で活躍できるマインドやキャラクターを持っているか
  3. 長期的に働いてもらえるか

1の「募集ポジションで活躍できる経験やスキルを持っているか」や2の「組織で活躍できるマインドやキャラクターを持っているか」はどの国においても企業が人材を採用する時に一番重視することになります。

それに加えて、日本企業は3の「長期的に働いてもらえそうか」を重視しています。

どんなにスキルが高くても、長く働いてもらえるイメージを持てなければ、日本企業は採用をしない傾向があります。そのため、面接においては転職理由や志望理由などを通して、長く働いてもらえそうかを細かく確認する傾向にあります。

日本企業のよくある質問とそのポイント解説

転職理由や志望理由についての質問

まずは必ず面接で聞かれる転職理由や志望理由に関する質問に対する答え方のポイントをご案内します。長期的に働いてもらえるか、事業に対してモチベーション高く働いてもらえるかを判断される質問になりますので、必ず事前に考えて面接に臨みましょう。

【質問】転職・退職理由を教えてください

<答え方のPoint>
日本は1社で働く期間が他の国と比べて長いため、転職を何度も繰り返すしている場合、企業側は「またすぐに転職をしてしまうのではないか」とネガティブに思われてしまう可能性があります。そのため、日本企業は「なぜ転職(退職)をするのか」という理由を非常に気にします。以下のポイントを抑えて、企業側が納得できる転職理由を準備しましょう。

  • すぐに辞めてしまうと思われないように、できる限りポジティブな内容を伝える
  • 転職を軽く考えているのではなく、しっかりと考えた上で決断をしていることを伝える
  • 前職もしくは現職企業を悪く言ない(あなたの印象が悪くなる可能性があります)
  • 転職理由は応募先の企業で解決できるものにする

例)給与が低くて転職をしたい場合
そのまま伝えるのではなく、「活躍や貢献をすることで、しっかりと評価をされ、キャリアアップができる環境に転職したい。今の会社だと周りの先輩を見ても、成果を残しても次のチャンスやキャリアアップにどうしても時間がかかってしまう」等に言い換えるようにしましょう。

転職理由の答え方をもっと詳しく学びたい方はこちらの記事もご覧ください。
転職・退職理由の質問の答え方 | 日本企業の面接対策

【質問】志望理由を教えてください

<答え方のPoint>

  • 興味を持った理由を具体的にわかりやすく伝える
  • 企業のことを事前に詳しく調べてきたということが伝わるようにする
  • 転職理由と志望理由の内容は一致させる
  • 自分の経験、スキルが応募ポジションにフィットしていることを伝える

志望理由では、あなたが高い興味を持っていることが企業へ伝わり、そしてその企業で自分が活躍できるということが伝えられることが重要です。

【質問】当社でやってみたいことはありますか?

<答え方のPoint>
自分がやりたいことだけを伝えるのではなく、応募企業の事業やビジョンに合っている内容を伝えるようにしましょう

スキルや経験についての質問

【質問】自己紹介をお願いします(あなたの職務経歴を教えてください)

<答え方のPoint>

  • 応募したポジションに合う経験やスキルをアピールする
  • 2~3分でわかりやすく伝えられるように事前に伝える内容を考えておくこと

「自己紹介をお願いします」の場合は、あなたの名前や出身国、いつ日本に来たかなどを最初に伝え、その後に職務経歴を伝えるようにしましょう。
ここでは、企業側があなたの経歴をわかりやすく理解でき、あなたが応募したポジションで活かせるスキルや経験を持っていると感じてもらうことが大事です。

【質問】応募しているポジションであなたが発揮できる強みは何ですか?

<答え方のPoint>
このような質問で自分の技術面と性格上での強みが募集ポジションと合致していることをアピールする場であります。企業とマッチしそうな「自分の強み」を把握しましょう。そして、できる限り具体的な経験や事例を交えて伝えることで、説得力が更に増します。

【質問】これまでで一番の成功体験は何ですか?

<答え方のPoint>
成功体験の凄さではなく、目標を成し遂げるために工夫や改善をしているかの方が重要です。成功体験を伝えるだけではなく、成功するための課題、その課題をどのように解決したか、を伝えられるように事前に準備しましょう。応募した企業でも同じような成功体験が再現できると企業側に感じてもらうことが大事です。

【質問】仕事で失敗をしたエピソードを教えてください

<答え方のPoint>
企業としては、失敗に対しての考え方を見ています。失敗のエピソードを伝えるだけではなく、失敗をした要因や改善点なども考えておくようにしましょう

将来に関する質問

【質問】いつまで日本にいる予定ですか?

<答え方のPoint>
来日のきっかけとしては「アニメが好き」などの日本文化への興味で構いませんが、そこから長く日本に住みたいと感じた理由が大事です。企業としては、すぐに母国へ帰ってしまうのではないかという不安があるので、長く日本でキャリアを構築していきたいということを伝えるようにしましょう

【質問】将来のキャリアプランをお聞かせください

<答え方のPoint>
将来の目標やキャリアプランが応募している企業や仕事と関連性がなければ、企業は長く働いてもらえるイメージが持てなくなるので、応募しているポジションと関連付けた上で、ご自身のキャリアプランを伝えるようにしましょう

その他良くされる質問

【質問】希望年収を教えてください。

<答え方のPoint>
希望年収を伝えるだけではなく、「あくまで希望なので御社の給与規定に従います」という一言も伝えましょう。企業側が希望年収でオファーすることが難しいと判断すると、その時点で選考が不合格となる可能性があります。

【質問】他の応募企業と比べて当社の志望順位を教えてください

<答え方のPoint>
企業側が選考を進める上で、やはりオファーを出したら入社してもらえる可能性が高い人材を優先して進めたいという意向があります。そのため、もし他の企業の方が優先順位が高い場合でも、それをそのまま伝えるのではなく、応募している企業にも興味があるということをしっかりと伝えましょう。まずは、内定(オファー)を獲得することが大事です。

【質問】何か質問はありますか?

<答え方のPoint>
質問がないと、企業への関心が低いと思われてしまう可能性があります。しっかりと企業のことを調べた上で、事前に質問することを準備しておきましょう。また、面接の場は直接企業から話を聞けるチャンスなので、できる限り業務に関する質問をすることで、その企業での仕事のイメージを付けるようにしましょう。

面接に臨む上で意識すること

これまでは面接で良く聞かれる質問の答え方を記載してきました。ただし、質問の回答内容以外にも、面接において好印象を残すために意識しておくべき重要なことが3つあります。

  1. 質問と回答にズレが無いように、論理的にわかりやすく伝えること
  2. 笑顔を交えながらリラックスして話をすること
  3. 清潔感ある身だしなみを心がけること

これからこの3点に関して説明をしていきます。

質問と回答にズレが無いように、論理的にわかりやすく伝えること

面接で良く見られる失敗として、「質問に対しての回答になっていない」というケースが良く見られます。回答するときの話が長くなりすぎて、質問に対しての回答と違うことを言ってしまい、論理性や理解力が不足していると判断されてしまう応募者が多々います。

質問に対しては、必ず最初に回答を伝え、その後にその回答を伝えた理由を伝えるようにしましょう。もし、面接官の質問の意味がわからなければ、必ず質問を再度聞き直して、質問の意味を理解した上で回答するようにしましょう。

笑顔を交えながらリラックスして話をすること

日本企業は仕事を進めていく上で社内のコミュニケーションを大事にします。そのため、話しやすい人柄である方が面接では好印象に繋がる傾向にあります。

緊張してしまうと、表情が硬くなり、早口になってしまい、話しにくい印象を与えてしまう可能性があります。企業が「一緒に働きたい」と思えるように、いつも以上に笑顔を意識し、ゆっくりとしたスピードで話すようにしましょう。

清潔感ある身だしなみを心がけること

初めての人と会うときは、第一印象というのが非常に大事です。面接は30分〜1時間程度しかないため、見た目の印象というのは非常に重要になってきます

特に顧客との接点が多い仕事の場合、スーツを着用した方が望ましいでしょう。顧客など外部と接点がなく、服装はカジュアルでも問題ない場合でも、最低限ジャケットは着用するなど、できる限り清潔感がある服装を心がけましょう。

まとめ

日本で就職や転職活動をする場合、日本企業の面接文化をしっかりと理解する必要があります。

日本では大学を卒業するときに一斉に就職活動が行われるため、どの企業でも面接で聞かれる質問や評価をするポイントは似ている傾向にあります。そのため、しっかりと対策をして臨めば良い結果を得られる可能性は高いです。しかし、逆に何も対策をしなければ、どの企業の面接も通らない可能性もあります。

面接に行く場合は、ぜひ事前に対策を行なった上で面接に臨みましょう。もし、ITエンジニアで転職をお考えの方で、面接対策などをしっかりと受けて転職活動をしたいという場合は、外国人ITエンジニア専門の人材紹介会社G Talent(ジータレント)にご登録ください。プロのコンサルタントが無料で転職活動をサポートいたします。

gtalent