日本語の記事

転職・キャリア開発ナレッジ

日本企業でよくあるプロジェクト管理のやり方は?成功のコツも紹介

日本のIT企業でプロジェクトマネージャーとして活躍するためには、日本でよくあるプロジェクト管理のやり方に慣れておく必要があります。日本でよくある仕事のやり方を知っておくとプロジェクトに参加しやすくなるため、あらかじめ流れややり方を知っておきましょう。本記事では、日本のIT企業でよくあるプロジェクト管理のやり方やよく使われる手法、日本でプロジェクト管理を成功させるためのコツについて解説していきます。日本でプロジェクト管理の仕事を行い高い方は、IT系のグローバル企業が集まる転職エージェント『G Talent』をご利用ください。プロジェクト管理とはIT企業におけるプロジェクト管理において、管理する対象は以下が挙げられます。予算スケジュール・タスクプロジェクトメンバーの勤怠課題システムの品質プロジェクトマネージャーはプロジェクトの予算やスケジュール、メンバーの管理を行うだけでなく、プロジェクトの課題やシステム品質なども管理します。あらゆる面でプロジェクトを適切に管理し成功に導くのが、プロジェクトマネージャーの主な役割です。参考:プロジェクト管理基本のやり方/Shelter日本企業でよくあるプロジェクト管理の流れ・やり方日本企業でよくあるプロジェクト管理のやり方、流れについて紹介していきます。全体の流れをおさえておくことで、プロジェクト管理者になった際にスムーズに対応できるでしょう。日本でよくあるプロジェクト管理の流れ・やり方①|準備日本でよくあるプロジェクト管理の流れ・やり方②|計画日本でよくあるプロジェクト管理の流れ・やり方③|管理日本でよくあるプロジェクト管理の流れ・やり方④|クローズ日本でよくあるプロジェクト管理の流れ・やり方①|準備プロジェクト管理を行う際は、納期、予算、プロジェクトのゴールなどを確認する事前準備が欠かせません。プロジェクトの課題やタスクを洗い出し、課題の難易度はどれくらいか、問題解決までにどれくらいかかりそうか、タスクの性質や難易度、必要な人員のスキルレベルなどを見極めます。過去の経験やスキルがないと難易度や課題の見極めが難しいため、必要に応じて有識者や経験者に適切なやり方や意見を求めることも大事です。参考:【新人PM必見】プロジェクト管理の方法とコツ/Lychee Redmine日本でよくあるプロジェクト管理の流れ・やり方②|計画課題やタスクの洗い出しと精査が終わったら、納期から逆算してスケジュールを立てます。きちんとしたプロジェクト管理を行う場合、無理なく作業を完了させられるスケジュールを組む必要があります。スケジュールと同時に、必要なリソース、人員はどれくらいか、割り当てる人員のスキルレベルはどの程度必要なのかを見極めることも大切です。人員が足りずスケジュールが予定内に終わらない場合は、他部署と調整して必要な人員を回してもらうなどの調整も必要です。後進の育成も計画に入れる場合は、誰と誰を組ませるか、誰を教育係にするのかなども考慮する必要があります。参考:プロジェクト管理に必要な項目と成功のポイントとは?/NotePM日本でよくあるプロジェクト管理の流れ・やり方③|管理スケジュールが決まり必要なリソースが集まったら、プロジェクトを始動させプロジェクト管理者としてプロジェクト全体を管理していきます。プロジェクトが始まった後は定例の進捗会議でメンバーから進捗報告を受け、やり方や結果などに問題点が発生した場合は速やかに報告してもらうことも必要です。製造やテストが始まり逐次報告を受ける場合は、進捗会議で毎日製造やテストの進捗状況やバグ発生数などについて報告を受けることもあります。進捗報告以外にもプロジェクトメンバーと密にコミュニケーションを取り合い、ちょっとしたことでもすぐに相談できる状況にしておくことが大切です。多くのプロジェクトにおいて、何らかのトラブルが起きるのがよくあるケースです。プロジェクト管理者が常に状況を把握して、問題が発生したら早めに対処できる体制を整えておく必要があります。参考:進捗会議で何を話すのか/サル先生のプロジェクト管理入門日本でよくあるプロジェクト管理の流れ・やり方④|クローズ納品が終わりスケジュールの行程がすべて完了したら、クローズ作業を行います。クローズ作業とは、プロジェクトの内容や結果を振り返り次へつなげるための情報をまとめる作業です。当初の計画と乖離した部分はないか、なぜ乖離したのか、うまくいったこと、うまくいかなかったことをまとめてその原因を分析を行います。次のプロジェクトのためにも、反省すべき部分や次に活かしたい部分をまとめることが求められます。参考:プロジェクトや工程終了時に行う7つのポイント – プロジェクト・フェーズ終結/プロマネ研究室日本でよくあるプロジェクト管理のやり方ここからは、日本企業でよくあるプロジェクト管理の具体的なやり方について紹介します。今回紹介するやり方に慣れておくことで、初めて日本企業でプロジェクト管理を行う際に戸惑う可能性を減らすことができます。日本でよくあるプロジェクト管理のやり方①|ガントチャート日本でよくあるプロジェクト管理のやり方②|WBS(作業分解構成図)日本でよくあるプロジェクト管理のやり方③|CCPM日本でよくあるプロジェクト管理のやり方④|ウォーターフォール開発日本でよくあるプロジェクト管理のやり方⑤|PERT図日本でよくあるプロジェクト管理のやり方⑥|アジャイル開発日本でよくあるプロジェクト管理のやり方①|ガントチャートガントチャートはもっとも古くから利用されているプロジェクト管理のやり方です。Excelのようなフォーマットで管理し、上の行から順番にタスクを並べていき列が右に進むごとに日数が経過します。タスクごとにバーが設定され、左端がタスクの開始日で右端がタスクの完了日です。上下のバーは上側が予定で下側が実績と分かれており、進捗が進むとともに実績が埋まります。タスクが階段状になっており、予定と進捗状況がどれだけ乖離しているかが一目でわかるのが特徴です。ただし、タスクごとの関係性がわかりにくい、大幅なスケジュール変更に対応しづらいといったデメリットがあります。参考:ガントチャートって何ですか?/ITmedia日本でよくあるプロジェクト管理のやり方②|WBS(作業分解構成図)WBS(作業分解構成図)は、作業を細かいタスクに分解して洗い出しスケジュールを立てるやり方です。たとえばテスト工程では、観点の設定、項目洗い出し、レビューやテスト環境の準備、テストデータの作成、テストの実施、結果のチェックなどが必要です。必要なタスクの洗い出しが終わったら、タスクのスケジュールを決めて実施していきます。このやり方を活用することで、ゴールに向かって何をすべきか、どれくらいの作業が発生するかを洗い出せます。ただし、主観的になりやすいことやタスクの分解が難しいなどのデメリットも挙げれます。参考:WBS(作業分解構造図)とは?ガントチャートとの違いや作り方を基礎から解説/マイナビクリエイター日本でよくあるプロジェクト管理のやり方③|CCPMクリティカル・チェーン・プロジェクト・マネジメントと呼ばれるこのやり方は大規模プロジェクトでよく使われ、タスクや予算を最低限におさえてスケジュールのバッファを取るやり方です。仕事の期限が決められると、人はその期限ぎりぎりまで仕事をしないケースがよくあると言われているため、本当の期限ではなくバッファを持たせた期限を設定することで無駄をなくしてスケジュールを短縮できます。ただし、経験がない管理者がこのやり方を使うとバッファを取り過ぎて無理のあるスケジュールになってしまうことがあるため、経験豊かな管理者向けのやり方です。参考:CCPM(クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント)とは?大型プロジェクトにはCCPMを取り入れよう/株式会社システムイングレータ日本でよくあるプロジェクト管理のやり方④|ウォーターフォール開発ウォーターフォール開発とは水が流れていくように工程を順番に並べていくやり方のことで、古くから利用されています。たとえば、要件定義、外部設計、内部設計、製造、テスト、納品、運用といった、プロジェクトの流れでスケジュールを立てます。ウォーターフォール開発が使われやすいのは、ほぼスケジュールの流れや作業内容が変わらない大規模プロジェクトの場合です。機能追加が何度も行われる大規模システムの場合、プロジェクトの工程はほとんど変わりません。作業工程が確立していればスケジュールを立てやすく、安定してプロジェクトを進められます。ただし、スケジュールを変更しにくい、大きな問題が発生すると計画が狂う、短期間のプロジェクトなどには、適用しにくいという面もあります。参考:ウォーターフォール開発とは?メリットとデメリットを解説。ほかの開発手法も紹介!/発注ラウンジ日本でよくあるプロジェクト管理のやり方⑤|PERT図PERT図とは、プロジェクト内のタスクや作業の順序関係を表したものです。PERT図にはタスク、作業時間、作業開始日、作業終了日が記載されており、それぞれのタスクの順序関係が矢印で表されています。AとBの作業後にCに着手できる、DとCの作業に順序性はないが、EはCが終わらないと着手できないなど、作業順序が複雑な場合に適しています。参考:PERT 図とは?仕組みや作成方法を徹底解説/asana日本でよくあるプロジェクト管理のやり方⑥|アジャイル開発アジャイル開発とは、「イテレーション」と呼ばれる短い期間で工程を繰り返すやり方のプロジェクト管理です。最初から全体の工程が決まっているウォーターフォール開発とは真逆の考え方で、工程を何度も繰り返していきます。イテレーションごとに計画や目標を設定して、短いスパンで工程を回しながら1回のイテレーションで発生した課題や結果をすぐに次に生かします。仕様変更を繰り返しながら柔軟でスピーディーな開発を行うことが可能です。ただし、経験豊富な管理者でないとこのやり方で問題なくプロジェクトを進めることは難しいでしょう。参考:アジャイル開発とは? 特徴とメリット・デメリット、スクラムまで徹底解説/Monstarlab Blog日本企業でよくあるプロジェクト管理を成功させる5つのコツここからは、日本企業でプロジェクト管理を成功させるためのコツについてご説明します。プロジェクト管理を成功させるコツ①|「PMBOK」に目を通すプロジェクト管理を成功させるコツ②|管理ツールを活用するプロジェクト管理を成功させるコツ③|マイルストーンを設定するプロジェクト管理を成功させるコツ④|リスクマネジメントを行うプロジェクト管理を成功させるコツ⑤|コミュニケーションを重視するプロジェクト管理を成功させるコツ①|「PMBOK」に目を通す「PMBOK」とは、プロジェクト管理に関する知識をまとめた参考書のようなものです。PMBOKはプロジェクト管理の世界基準になっているため、日本だけでなくどの国でプロジェクト管理を行う際も活用できます。なかには、プロジェクト管理者として採用する際にPMBOKの知識を求められる求人もあります。一通りおさえておくと、どんな国でもプロジェクト管理作業を行う際に役立つでしょう。参考:PMBOKとは?プロジェクト達成のための世界標準知識を学ぼう/インターネットアカデミープロジェクト管理を成功させるコツ②|管理ツールを活用するプロジェクト管理をスムーズに行うために、管理ツールを積極的に活用しましょう。進捗管理、チームメンバーとの情報共有、ファイル共有、勤怠管理など、プロジェクト管理者が必要な機能が一通りそろっているツールがおすすめです。Excelなどを使って手動で管理するとミスや漏れが発生しやすく、時間がかかってしまいます。管理ツールを活用すれば管理業務の効率アップが期待できます。プロジェクト管理を成功させるコツ③|マイルストーンを設定するプロジェクト管理を行う際は、常にマイルストーンを意識することが大事です。作業全体の期限だけでなく途中で方向性を確認するなど、細かくマイルストーンを設定すると進捗が遅延しにくく作業の確認にもなります。ちょっとした質問の回答や資料の提出などにも具体的な期限を設けると、放置されにくくなるでしょう。参考:マイルストーンとは?意味や使い方を解説!中間目標の設定でプロジェクトを成功させる!/Jootoマガジンプロジェクト管理を成功させるコツ④|リスクマネジメントを行うプロジェクト管理者にとって、リスクマネジメントは非常に重要です。たとえば、スケジュールがひっ迫している場合などは、他部署から人員を回してもらえるように調整しておくなどの対応が求められます。何が起きても対処できるように、準備しておきましょう。参考:プロジェクトにおけるリスク管理とは?手法やプロセスについて解説します/Jootoマガジンプロジェクト管理を成功させるコツ⑤|コミュニケーションを重視するプロジェクト管理を成功するためには、チームメンバーとの情報共有やコミュニケーションが欠かせません。メンバーからの報告を待つだけではなく、管理者の方から積極的にコミュニケーションをとることが大切です。メンバーが問題を抱えたまま言い出せない雰囲気では、問題が大きくなってから発覚してしまい被害が甚大になる可能性もあります。メンバーが手を上げたらさっと話ができるように、日頃からコミュニケーションをとっておきましょう。自分に合った日本のIT企業でプロジェクト管理の仕事をしよう!本記事では、日本のIT企業でよくあるプロジェクト管理の流れ、よく使われるやり方、日本でプロジェクト管理を成功させるためのコツについて解説しました。プロジェクト管理の仕事は、プロジェクトを成功させるためにとても重要な要素です。日本流のやり方を知っておくことで、日本企業でプロジェクト管理をスムーズに進められるでしょう。日本でITエンジニアの求人をお探しの方におすすめなのが、外国人ITエンジニア向けの転職エージェント『G Talent』です。200社以上の企業の採用支援や70ヶ国籍以上のエンジニアの転職実績があり、プロジェクトマネージャーとして活躍できる求人も数多く登録されているのであなたに合った求人がきっと見つかるでしょう。

転職・キャリア開発ナレッジ

日本企業でよくあるWeb開発のやり方は?必要な知識・スキルも紹介

日本と諸外国では、Web開発のやり方が異なるケースがあります。日本企業でITエンジニアとしてWeb開発に携わるためには、日本企業でよくあるWeb開発の手法ややり方や日本企業でよく使う知識やプログラミング言語をを知っておくと、仕事がやりやすくなるでしょう。日本企業でよくあるWeb開発のやり方とは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。本記事では、日本企業でよくあるWeb開発のやり方や必要な知識、日本企業でよく使われるプログラミング言語について解説します。この記事を読めば、日本企業でWeb開発を行うために必要な情報を得られるでしょう。日本企業でITエンジニアとしてWeb開発に携わりたい方は、エンジニア業界のグローバル企業が集まる転職エージェント『G Talent』をご利用ください。Web開発とはWeb開発とは日本だけでなく全世界で共通しているエンジニア業務の一つであり、Webサービス、Webアプリ、Webソフトウェアなどのシステムを開発することです。現在は、Webサービスやクラウドサービスなどを利用してWeb上のシステムを利用することが多くなってきました。低コストで利便性が高いため、オンプレミス型のシステムやソフトウェア開発者よりもWeb系の開発者の需要が高まっているのです。Web開発者の需要の高まりとともに、日本でもWebエンジニアの需要が高まっています。日本ではWebエンジニアをはじめとするIT系人材が不足しており、外国人Web開発者の需要も高いです。外国人エンジニアの方が日本でWeb開発を行う場合は、日本でよくあるWeb開発のやり方について知っておきましょう。参考:Web開発とは?Web開発の流れや必要な準備について解説!/発注ラウンジ【全7手順】日本企業でよくあるWeb開発のやり方まずは、日本企業でよくあるWeb開発のやり方について紹介します。全部で7手順あるので、一通りの開発の流れとそれぞれの内容について知っておきましょう。日本企業でよくあるWeb開発のやり方①|要件定義日本企業でよくあるWeb開発のやり方②|外部設計日本企業でよくあるWeb開発のやり方③|内部設計日本企業でよくあるWeb開発のやり方④|開発日本企業でよくあるWeb開発のやり方⑤|テスト日本企業でよくあるWeb開発のやり方⑥|リリース日本企業でよくあるWeb開発のやり方⑦|運用・保守日本企業でよくあるWeb開発のやり方①|要件定義要件定義とは、プロジェクトを開始する前に必要な機能や要求条件を明確に定義する作業のことです。どのような画面のWebサイトにするのか、何を実現したいのか、どのようなアウトプットが必要かなどを詳細に定義し、それらをまとめて要件定義書を作成します。要件がある程度まとまれば、それをもとに必要な予算や人員、プロジェクトの期間などもこの段階で決定します。日本でよくある要件定義として、最初にしっかりと計画を立てるケースが多いです。そのため、後半の工程に進むほどスケジュールがずれ込み作業がタイトになる傾向がよくあると言われています。参考:システム開発の「要件定義」とは?進め方やコツを解説/発注ラウンジ日本企業でよくあるWeb開発のやり方②|外部設計外部設計とは、要件定義書をもとに機能や性能、制約条件などを基にして画面設計や入出力仕様などシステムの基本となる設計する段階の作業です。機能要件の外部設計だけでなく、ユーザー数やアクセス数、レスポンスタイムなどの性能要件の外部設計も必要です。要件の漏れがないよう細かく確認しながら、外部設計を進めていきます。この段階で漏れが生じると後で大きな手戻りが生じるので、確実なやり方で作業を進めるのが大切です。間違った設計でシステムを作ると設計に戻ってやり直しになってしまうため、漏れやミスがないようレビューを繰り返します。参考:外部設計書と内部設計書の違いとは?作成ポイントまで解説!/株式会社システムイングレータ日本企業でよくあるWeb開発のやり方③|内部設計内部設計とは、どのような言語や開発環境で実現するのか、処理の方法やシステムの構造はどうするのかなど外部からは見えない内部的な設計を行う作業です。システム内部の動作やデータベースの構造など、細かな点をしっかりと定義することが求められます。システムの性能面の要件も満たせるよう、無駄のない処理や構造で設計する必要があります。日本企業でよくあるWeb開発のやり方④|開発外部・内部設計をもとに、実際にコーディングを実装しながらシステムやプログラムを開発する段階です。システムやプログラムに対応するプログラミング言語を駆使しながら、品質の高いプログラムを作ることが求められます。日本企業では、モジュールごとに下請け会社に開発が委託されることよくあるとされています。下請け会社に委託する場合は、委託先としっかりと打ち合わせを行い意識のずれがないように対応することが必要です。委託先によってはやり方に違いがある場合があるので、打ち合わせ時にすり合わせを行うこともあります。参考:WEBシステム開発のプロセス、プログラミング言語、費用などを解説/GALK日本企業でよくあるWeb開発のやり方⑤|テストWeb開発には、テストの工程が欠かせません。テストを行うことで、不具合やセキュリティ上のリスクを回避し、要件通りのものが開発できているかを確認することができます。テスト行程は、モジュールごとの単体テスト、モジュールを結合させて行う結合テスト、ユーザーの視点でシステムを動かすシステムテスト、実際のクライアント環境で動作確認をする運用テストなど何段階かに分けて行われます。テストの結果を受けて必要に応じてバグ回収を行い、すべてのテストを完了させるのが必須です。参考:Webアプリのテスト工程とは?テストの内容と工数について解説/株式会社Desafios日本企業でよくあるWeb開発のやり方⑥|リリース①〜⑤までの対応が完了すれば、クライアントのシステム環境にできあがったプログラムをリリースする段階です。日本企業でよくあるリリース作業には、一度にすべてのプログラムをリリースする一斉移行と少しずつ段階的にリリースする順次移行、新旧のシステムを一定期間同時に運用し徐々に切り替える並行運用移行方式の3パターンが挙げられます。どのやり方で移行するかは、システムやプログラムの内容や企業によって異なります。参考:システムリリースを成し遂げるには?/エンジニアの入り口日本企業でよくあるWeb開発のやり方⑦|運用・保守リリースが問題なく完了すれば、最終段階にあたるのが運用・保守の工程です。日本企業でよくある運用・保守の内容は、プログラムが問題なく動くかの監視や日次・月次メンテナンス、必要に応じた設定変更、障害児の対応をなどが挙げられます。システムを利用するエンドユーザーからの問い合わせ対応を行う場合もあります。参考:ソフトウェア・システムの「開発」「運用」「保守」の3つの仕事内容とは/Hybrid technologies日本企業でよくあるWeb開発に必要な知識・スキル日本企業でよくあるWeb開発に必要な知識やスキルには、以下の3つが挙げられます。日本企業のWeb開発に必要な知識やスキル①|プログラミング日本企業のWeb開発に必要な知識やスキル②|フレームワーク日本企業のWeb開発に必要な知識やスキル③|データベース日本企業のWeb開発に必要な知識やスキル①|プログラミング開発工程でプログラミングを行う場合はもちろん、設計工程やテスト工程を担当する場合にも要求されるスキルがプログラミングです。よくある活用方法が、設計者としてプログラムのレビューを行う際や、テストでバグが発生したときにプログラムの修正部分を確認する際などです。もちろん、プログラミングを行う場合は高度なプログラミングスキルが必要です。使用されている言語の業務経験が長ければ、より良い仕事ができるでしょう。高度な機能を持つ開発環境を使いこなせる、ツールを開発できるなどのスキルもあれば、Web開発者としての需要が高くなります。高度な開発環境を使いこなせると、コンパイルをスピードアップできたりプログラムのエラーを検出できたりなどのメリットがあります。ツールを独自に開発することで、プログラムチェックや自動デバッグ、プログラム管理の自動化、テストデータの自動生成なども可能です。参考:Web開発とは?Web開発をするために必要なスキルやフローを解説/Geekly Media日本企業のWeb開発に必要な知識やスキル②|フレームワークフレームワークを使いこなすことで高品質なプログラムを効率良く開発できるため、開発工程でプログラミングを行う場合はフレームワークの知識やスキルが必要です。フレームワークとは、各プログラミング言語に存在するすでにできあがったソースのまとまりを指します。システムを開発する際には、ログイン認証、入力フォーム、ネットワーク通信、決済機能など多くのシステムで使われる共通の機能があり、そのような機能にをすでに作り込んであるフレームワークを活用することで、高品質なプログラムを効率良く開発することが可能となります。RubyならRuby on Rails、PHPならCakePHPなど、プログラミング言語ごとにフレームワークがあります。現場で使うプログラミング言語のフレームワークを習得すれば、高品質なプログラミングができるでしょう。参考:フレームワークとは?概要やプログラミング言語別の機能を分かりやすく解説/レバテックルーキー日本企業のWeb開発に必要な知識やスキル③|データベース日本企業でWeb開発として活躍するには、データベースに関する知識やスキルも必要です。どのようなシステムでも、ほとんどの場合データベースを使います。顧客データや取引履歴などのデータを格納し、アクセスしやすいようにデータベースを設計・開発しなければいけません。プログラミング言語とともに、対応するデータベースの開発、運用スキルを身につけておきましょう。参考:【Web開発の基本】初心者が知るべき重要な概念/Qiita日本企業でよくあるWeb開発に使われる主な言語ここからは、日本企業のWeb開発でよく使われる言語についてご紹介します。日本企業のWeb開発でよく使われる言語①|HTML・CSS日本企業のWeb開発でよく使われる言語②|JavaScript日本企業のWeb開発でよく使われる言語③|PHP日本企業のWeb開発でよく使われる言語④|Python日本企業のWeb開発でよく使われる言語⑤|Java日本企業のWeb開発でよく使われる言語⑥|TypeScript日本企業のWeb開発でよく使われる言語⑦|Ruby日本企業のWeb開発でよく使われる言語①|HTML・CSSWeb開発で必須と言えるのが、HTMLとCSSです。ECサイトや企業サイトなどを開発する際に使われるWebページを記述するための言語がHTMLで、文章や画像などの構成、段落、ページ構成などが作成できます。CSSは、HTMLで書かれたページのなかでスタイルを設定するための言語です。文字の大きさやフォント、色などを指定できますHTMLやCSSを自動生成できる開発環境などもあるので、うまく活用すると効率良い開発が可能です。ソースそのものを見て改良したり問題点を見つけ出したりすることもあるので、Web開発の仕事をする際はHTMLとCSSの構文の理解が必要です。参考:HTML/CSSとは?初心者向けの基礎知識と学習サイト5選/SAMURAI ENGINEER Blog日本企業のWeb開発でよく使われる言語②|JavaScriptJavaScriptとは、動的な画面の動きを実現するための言語です。たとえばマウスを画面上で動かすとアニメーションが出現するなどの動きは、JavaScriptでないと実現できません。現在WebサイトやWebアプリの画面は動きのある機能を使っているものが多く、これらにはすべてJavaScriptが使われています。JavaScriptは使われる頻度が高いので、Webエンジニアは習得必須の言語です。参考:JavaScriptとは?基本的な書き方や勉強方法~入門~/AKKODiS日本企業のWeb開発でよく使われる言語③|PHPPHPはWebサイト制作のために開発されたプログラミング言語で、Webサイトのあらゆる要素を開発できます。最新のプログラミング言語ではないため、今後ほかの言語に道を譲る可能性は十分あります。しかし、すでにPHPで構築されたWedサイトは多く、機能追加や運用作業に使う機会が多いです。そのため、Webエンジニアとしては習得しておきたい言語のひとつです。参考:PHPとは?基礎知識、できることを初心者にもわかりやすく解説します/カゴヤのサーバー研究室日本企業のWeb開発でよく使われる言語④|PythonPythonはWebサイト構築だけでなく、AI分野の開発でも使われる言語です。AI開発、自動データ処理、分析などで活躍しますが、WebサービスやWebアプリの開発もできます。Web開発だけでなくAI関連のエンジニアとして活躍したいなら、Pythonを習得することをおすすめします。日本企業のWeb開発でよく使われる言語⑤|JavaJavaは幅広い分野で開発ができる、汎用的な言語です。Javaを使うことで、Webサイト、スマホアプリ、ソフトウェア、組込みシステム、基幹システムなどを開発できます。世界中で広く使われている言語なので、習得しておくとよいでしょう。日本企業のWeb開発でよく使われる言語⑥|TypeScriptTypeScriptはMicrosoft社が開発したJavaScriptの拡張言語です。JavaScriptとの互換性が高く、エラーが発生しにくいため品質の高いソースを開発しやすくなっています。高度な機能を持つWeb画面を開発したいなら、習得することをおすすめします。参考:【TypeScript】TypeScriptとは何か?/Qiita日本企業のWeb開発でよく使われる言語⑦|RubyRubyは書きやすく読みやすい、Webアプリなどの開発が可能なプログラミング言語です。Ruby on Railsという優れたフレームワークがあり、活用することで開発を効率良く進められます。優れたフレームワークの存在により、今後も使い続けられることが予想されます。将来性もあるため、Web開発者になるなら習得したい言語のひとつです。参考:プログラミング言語のRubyとは?特徴やできることを解説/発注ラウンジ日本企業でよくあるやり方を参考にWeb開発者として活躍しよう!本記事では、日本企業でのWeb開発のやり方や必要な知識、日本企業でよく使われるプログラミング言語について解説しました。日本企業でよくある開発の進め方を頭に入れておけば、日本のIT企業でのWeb開発プロジェクトに参加しやすくなるでしょう。よく使われる知識やプログラミング言語をあらかじめ習得しておくことで、転職が有利になるかもしれません。外国人の方が日本でITエンジニアの求人を探す際におすすめなのが、外国人ITエンジニア向けの転職エージェント『G Talent』です。国内に住む外国人エンジニアのための転職サイトですが、日本人向けのエンジニア求人も扱っています。200社以上の企業の採用支援や70ヶ国籍以上のエンジニアの転職実績があります。国籍を問わずフェアな環境で働ける企業のIT求人が豊富なので、あなたに合ったWebエンジニアの求人がきっと見つかるでしょう。

転職・キャリア開発ナレッジ

日本における外国人の働きやすさは?現状とこれからの展望を解説

日本は諸外国と比べると異なる文化が多いため、外国人にとっては働きにくい環境かもしれません。しかし、近年日本で働く外国人は増加しており、自国よりも働きやすさを感じる外国人がいるのも事実です。そこでこの記事では、日本における外国人雇用の現状や外国人が働きやすさを感じる点、外国人雇用者にとってのこれからの展望などについて解説していきます。外国人が日本企業に抱きやすいメリットやデメリット、外国人が働きやすい日本企業の特徴などと併せてご確認ください。日本で働きやすさを重視した仕事を探したい方は、ハイキャリアの外国籍エージェントのための転職エージェントである『G Talent』をご利用ください。日本における外国人雇用の現状まずは、日本における外国人雇用の現状を3つのポイントにまとめました。外国人の需要は高まっている日本における外国人の雇用状況新たな在留資格「特定技能雇用」について外国人の需要は高まっている日本では少子高齢化が進み労働人口が減少しているため、日本企業での外国人雇用の需要は高まっています。特にIT業界に関しては、DX推進によりエンジニアなどの需要が急増していますが日本人のIT系人材は減少しています。外国人は日本人に比べるとITに明るい人が多く、さまざまな企業で評価されやすい状態です。参考:日本のIT人材不足の実態とは?/SMS DataTech日本における外国人の雇用状況厚生労働省が発表した外国人雇用状況によると、2019年度の外国人労働者数は約166万人でした。これは届出義務化以降の最大数で、2009年の約56万人から10年で約3倍にまで増加しています。今後日本の労働人口の低下に伴い、さらに外国人雇用の数は増えると予想できます。AIを使った翻訳アプリの精度も高まっているため、これからは外国人にとってさらに働きやすさを重視した企業が増えるでしょう。参考:「外国人雇用状況」の届出状況まとめ【本文】/厚生労働省新たな在留資格「特定技能雇用」について外国人が日本で働くには、ビザと呼ばれる就労系の在留資格が必要です。在留資格にはいくつかの種類があり、2019年には新たな在留資格である「特定技能雇用」が認定されました。特定技能雇用は「1号」と「2号」に分かれ、以下のように内容が異なります。特定技能1号2号在留期間最長5年上限なし家族への在留資格与えられない与えられる必要な技能一定以上熟練の技能必要な日本語能力日常会話程度特になし取得できる業種14業種2業種特定技能雇用の2種類が在留資格に追加されたことで、外国人の日本での働きやすさがさらに向上しました。これから、さらに日本で働きたい外国人が増えることが予想されます。参考:【3月最新】外国人労働者受け入れ問題とは?メリットやデメリット、受け入れ方法も解説/ウィルオブ採用ジャーナル外国人が日本で働きやすさを感じるポイント日本で外国人が働きやすさを感じる点には、以下の4つが挙げられます。日本で働きやすさを感じるポイント①雇用が安定している日本で働きやすさを感じるポイント②保険・福利厚生が充実している日本で働きやすさを感じるポイント③ハイレベルな技術を学べる日本で働きやすさを感じるポイント④治安が良く安心して過ごせる日本で働きやすさを感じるポイント①|雇用が安定している日本の多くの企業が終身雇用制度を採用しているため、正社員として採用されると不当な理由で解雇されるリスクはほぼありません。たとえ非正規雇用だとしても、契約期間は原則として守られます。雇用が安定していてこれからの給料が予測しやすいことは、日本ならではの大きな働きやすさの魅力です。参考:「『日本型雇用」を考える』~国際比較、問題点、そして未来~」(視点・論点)/NHK日本で働きやすさを感じるポイント②|保険・福利厚生が充実している日本の多くの企業では、健康保険や雇用保険をはじめとする福利厚生が充実しています。外国人であっても、日本で働く場合は健康保険の加入が可能です。1年に一度のペースでハイレベルな健康診断を受けられ、病気やケガで医療機関を受診する際の費用も削減できます。保険以外の福利厚生の内容や質は企業によって異なりますが、通勤手当や住宅手当、出産休暇や慶弔休暇が一般的です。企業によってユニークな福利厚生を採用している企業もあるため、福利厚生の内容で企業の働きやすさを把握することもできます。参考:日本の一般的な福利厚生を簡単にわかりやすく解説!/G Talent Blog日本で働きやすさを感じるポイント③|ハイレベルな技術を学べる日本の技術やサービスである「おもてなし」や「メイドインジャパン」は、世界でも高く評価されています。日本で働くことにより、自国では学べないようなハイレベルな技術・サービスを学べるのが働きやすさの魅力の一つです。これから後述するように日本での就労は給与水準では他国を下回る場合がありますが、日本でしか得られない経験を得るために日本で働く外国人も多いのも事実です。参考:日本の技術力が世界的にすごい本当の理由/Freshtrax日本で働きやすさを感じるポイント④|治安が良く安心して過ごせる日本は、世界の中では特に治安が良い国として有名です。拳銃や麻薬を持つことも固く禁じられており、凶悪な事件に巻き込まれるリスクが他国と比べて大幅に下がるのも働きやすさの理由の一つです。政情も安定しており、日本なら本人だけでなく家族も安心して暮らせるでしょう。治安が良い国で働くと、仕事に集中できるといったメリットもあります。外国人が日本で働きにくいと感じるポイント多くの外国人にとって日本は働きやすさを感じる国枝はありますが、以下の理由から働きにくさを感じる人もいます。日本で働きにくいと感じるポイント①コミュニケーションのとりづらさ日本で働きにくいと感じるポイント②給与水準・待遇の低さ日本で働きにくいと感じるポイント③拘束時間の長さ日本で働きにくいと感じるポイント④文化・風習の独特さ日本で働きにくいと感じるポイント⑤手続きの複雑さ日本で働きにくいと感じるポイント①|コミュニケーションのとりづらさ国籍が違う人同士がコミュニケーションを取るには英語を用いるのが一般的ですが、日本人には英語を話せる人が少ないためコミュニケーションのとりづらさに苦労するかもしれません。日本で円滑なコミュニケーションをとるためには、多くのケースで日本語を使う必要があります。グローバル企業で働く場合は英語を使える人が多いかもしれませんが、日常生活を送る際に特に苦労することが予想されます。参考:日本人の英語力、非英語圏で87位に後退:スイスの教育機関2023年調査/nippon.com日本で働きにくいと感じるポイント②|給与水準・待遇の低さ近年では、アメリカやオーストラリアへ出稼ぎに行く日本人も現れるほど日本の給与水準は伸び悩んでいます。そのため、給与水準・待遇の低さに働きにくさを感じる外国人もいるでしょう。ただし、国によっては母国より日本で働いたほうが高い給与をもらえる人もいます。そのような方にとっては、日本で働くことに働きやすさを感じるため出身国によって大きな違いがあると言えます。参考:日本人の若者が海外に出稼ぎへ 増加の裏側にある労働問題/NHK日本で働きにくいと感じるポイント③|拘束時間の長さ拘束時間が長くなりがちなことも、日本企業ならではの働きにくさの原因の一つです。日本では労働時間の方で過労死する人が多く、度々問題になっています。残業時間や休日出勤が多くプライベートに割く時間が少なくなりがちなため、これから日本で働く予定の方は拘束時間の長さに注意が必要です。参考:長時間労働の原因は何なのか?日本人の労働実態と問題点/RELO総務人事タイムズ日本で働きにくいと感じるポイント④|文化・風習の独特さ日本は、仕事における文化・風習も独特です。たとえば「年功序列」という制度は常識として今も根付いており、単純なスキルや成績よりも「年齢の高さ」や「入社した早さ」の順に評価される傾向にあります。実力主義の傾向にある海外の企業を経験している人にとっては、ギャップによる働きにくさを感じやすいかもしれません。そのほかにも、「時間厳守」や「暗黙の了解」といった独特の文化もあります。仕事のクオリティや正確さよりも時間を守ることが重視されやすく、相手の気持ちを察した対応をとることも重要です。強い意見を突き通す人は、チームワークを乱す人物として敬遠される可能性があります。日本で働きにくいと感じるポイント⑤|手続きの複雑さ外国人が日本の企業で働くためには、就労ビザの取得が必須になります。就労ビザの申請から取得には目安として1~3ヶ月がかかり、手続きの内容も複雑です。職種・業種によっては就労ビザの申請が却下する可能性もあり、そうなると日本で働くことはできません。企業側から見ても、外国人を雇用するためには在留資格を確認する必要があるほか在留資格と職種・業種が一致しない場合は変更手続きを行う手間がかかります。こういった事情により、外国人の採用に慣れていない企業からは、外国人というだけで採用を見送られる場合があるでしょう。参考:就労や長期滞在を目的とする場合/外務省これから日本での外国人の働きやすさは改善されていく?日本で働きにくいと感じる理由もいくつかありますが、これから日本での外国人の働きやすさは改善される見込みです。その理由には以下の3つが挙げられます。これからの日本の傾向①政府は働き方改革を促進しているこれからの日本の傾向②グローバル化が急務になっているこれからの日本の傾向③コロナ禍を経て大きな変化がもたらされたこれからの日本の傾向①|政府は働き方改革を促進している日本政府は、現在働き方改革を促進しています。現状の日本では、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」や「育児や介護との両立などの働く方のニーズの多様化」など働き方に関する課題が山積みです。これらのさまざまな問題をを解消させるために、法改定などあらゆる形で働き方改革が推進されています。その結果、これからの日本では以下のような働きやすさの改善が見込めるでしょう。拘束時間の長さ:労働時間の短縮化による改善有給取得率の低さ:ワークスタイルの多様化による改善待遇の格差:女性やシニア層、非正規雇用者への待遇の改善グローバル化の遅れ⋯⋯海外からの人材・ノウハウの積極的な受け入れ拘束時間が下がり有給取得率が上がることにより、これからの日本の企業の働き方はより海外の企業に近付き働きやすさが向上するでしょう。女性やシニア層などへの待遇改善に伴い、外国人の就労条件の改善も見込めます。これからグローバル化を進める企業も多く、外国人が日本企業と融合しやすい環境も整いつつあります。参考:「働き方改革」の実現に向けて/厚生労働省これからの日本の傾向②|グローバル化が急務になっているグローバル化は、これからの多くの日本企業にとって急務です。これからさらに加速すると言われている日本の少子高齢化の波は止められず、新規顧客を開拓するために海外市場に目を向ける必要が生じています。これから社運をかけて海外展開を果たす企業も増えており、こういった企業から外国人は重宝されやすい存在です。特にIT業界では最新のデータや研究結果が英語でもたらされることも多く、語学力と知識を兼ね備えた外国人はたくさんの企業から求められています。これからグローバル化を急速に進める企業に就職・転職することで、頼りになる即戦力とみなされやすく、同じ境遇の外国人従業員とも手を取り合って働けるでしょう。参考:4年で12万人増、外国人エンジニア採用に注目が集まる理由を解説!/xseeds Hubこれからの日本の傾向③|コロナ禍を経て大きな変化がもたらされたコロナ禍を経て、日本企業の働き方は以下のように大きく変化しています。 コロナ前コロナ後働き方出社在宅勤務労働時間タイムカードによる管理ITシステムの導入会議現場オンライン満員電車に乗って定時に出勤するのが当たり前だった時代から、テレワークや時差出勤が認められやすい世の中に変わりました。会議も今やZoomなどを利用したオンライン会議が主流です。馴染み深い海外企業の常識に日本企業の常識が近付いており、これから外国人にとって働きやすさを感じやすい環境が生まれています。参考:コロナを通してどう変化した?働き方の多様化に伴う職空間の変化を知ろう!/コンキャリこれからの日本で働きやすさを求めるならグローバル企業への就職がおすすめ日本の企業において、外国人の需要はこれからさらに高まっていくことが予想されます。外国人は日本企業で働くことで、安定した雇用や保険・福利厚生の充実さなどの働きやすさを実感できる点がメリットです。文化・風習の独特さといった働きにくさを感じる可能性もありますが、日本では働き方改革が促進されているためこれからはこのような問題も無くなりつつあります。これからの日本で働きやすさを求めるなら、グローバル企業への就職がおすすめです。グローバル企業では働き方改革に率先して取り組んでいるだけでなく、外国人スタッフや外国人に理解のあるスタッフが多く在籍しているため働きやすさ感じやすいでしょう。自分にあったグローバル企業を探している方は、グローバル企業を専門的に取り扱う外国人ITエンジニアの転職エージェント『G Talent』がおすすめです。『G Talent』ではこれまでに70ヶ国籍以上のエンジニアを日本の企業とマッチングさせており、働きやすい環境の企業を見つけることができます。日本語学習やビザ取得のサポートも行っていますので、語学力に不安を抱えている方やこれから日本に進出する予定の方はお気軽にご相談ください。

転職・キャリア開発ナレッジ

日本で加速する働き方改革!これまでの課題やこれからの展望とは?

近年、日本では働き方改革が加速しています。これまでの日本の働き方といえば、「終身雇用」や「1日8時間労働」が当たり前でした。しかし、生産性の低さやグローバル化の遅れといった課題が指摘され、これを是正するための働き方改革が加速中です。この記事では、これまでの日本の働き方とそこから見えたこれからの課題、必要となる働き方改革の中身、そして改革のデメリット・リスクを解説していきます。自分にあった働き方を探している方は、これからの働き方を取り入れている企業が集まる転職エージェント『G Talent』をご利用ください。グローバル企業のみが登録されているので、さまざまな働き方の企業を見つけることができます。これまでの日本の働き方これまでの日本の働き方と言えば、以下の3つが定番でした。終身雇用1日8時間労働週休2日制まずは、これまで日本で常識とされてきた働き方の基本を整理しましょう。これまでの日本の代表的な働き方①|終身雇用終身雇用とは、企業が正規採用した人材を定年まで雇用する制度です。定年までの雇用が保証されるため、従業員は退職するまで安定した収入を得られます。一方で競争原理が働きにくく若く優秀な社員が十分に活躍できないため、生産性が低くなりがちな点がデメリットです。参考:終身雇用制度の現状(メリット・デメリット)から見る人事制度と、これからの在り方について/ライフワークスこれまでの日本の代表的な働き方②|1日8時間労働日本では、労働基準法により1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけないと定められています。ただし、労働組合が定める「時間外労働協定」によっては法定の労働時間を超える時間外労働が認められているため、1日8時間以上働かなければいけない企業も少なくありません。参考:労働時間・休日/厚生労働省これまでの日本の代表的な働き方③|週休2日制日本では1週間に2日の休日が与えられるのが一般的であり、基本的に土曜日と日曜日が休みの企業が多いです。週休2日制には「完全週休2日制」と「週休2日制」の2種類があります。完全週休2日制は毎週必ず2日間の休暇が与えられますが、週休2日制は毎月1回以上2日間の休暇を与える制度となるため要注意です。参考:「週休二日制」と「完全週休二日制」って違うの?ポイントを解説/はたらくぞドットコムこれまでの日本の働き方で見えた課題上記で紹介したこれまでの日本の働き方では、以下のような課題が見える化しました。生産性の低さ拘束時間の長さ有給取得率の低さ人手不足待遇の格差グローバル化の遅れこれまでの日本の働き方の課題①|生産性の低さ日本のこれまでの働き方で特に大きな課題の一つが、生産性の低さです。公益財団法人日本生産性本部の報告によると、2020年度における日本の労働生産性はOECD加盟国38ヶ国中23位でした。これは同1位のアイルランドと比べて4割程度でしかありません。特に終身雇用制度は生産性の低い社員を雇用し続ける必要があるため、このような生産性の低さにつながっていると予想できます。参考:国際的にみた日本の時間当たり労働生産性/公益財団法人日本生産性本部これまでの日本の働き方の課題②|拘束時間の長さ休日出勤のある職場や残業時間が長い職場の場合、自然と拘束時間が延びてしまいます。これが原因で過労死が発生するケースもたびたび見られ、遺族と企業が裁判で争うケースも珍しくありません。拘束時間が長いと企業への貢献度も低下してしまいます。効率よく働くためにも、長すぎる拘束時間は大きな問題の一つです。これまでの日本の働き方の課題③|有給取得率の低さ日本の企業に勤める多くの人は、有給を取得していないことでも有名です。大手旅行会社が2019年に行った統計では、日本の有給取得率は50%であり、アンケートの対象となった19ヶ国のうち最下位でした。なお、同調査によるドイツやスペイン、シンガポールの有給取得率は100%です。有給休暇を取れないと、プライベートを謳歌したり仕事から離れてリフレッシュしたりすることができません。適度な休暇は効率的な働き方に欠かせないもののため、有給取得率の低さも日本企業の課題だと言えます。参考:なぜ日本が最下位?上司の理解、人手不足…「有給取得」世界19カ国比較/TRiP EDiTORこれまでの日本の働き方の課題④|人手不足少子高齢化が進む日本では、多くの企業が人手不足の問題に直面しています。最近ではDX推進も人手不足を加速させる原因になっています。システム開発は専門性の高い仕事であることから、IT業界では高いスキルを持つ人材の確保に苦労しているのです。参考:人手不足が深刻化する日本|現状と原因、企業が実施したい6つの対策/人材アセスメントラボこれまでの日本の働き方の課題⑤|待遇の格差日本企業では、金銭面をはじめとする待遇の格差も見逃せません。特に男女間の格差は深刻で、欧米諸国における男女間の賃金格差が10%台であることに対して日本の男女の賃金格差は24.5%と高い水準です。また、正規雇用者と非正規雇用者の間にも大きな待遇の格差があります。参考:「世界でワースト2位」日本の男女賃金格差が全然埋まらない理由2つ/PRESIDENT onlineこれまでの日本の働き方の課題⑥|グローバル化の遅れグローバル化を行うことで新たなビジネスを生み出すチャンスやコスト削減の可能性を増やせますが、多くの日本企業はグローバル化に遅れています。JETRO(日本貿易振興機構)によると、海外に拠点を持つ日本の企業は約35%で、過半数を大きく下回りました。これから日本の人口はさらに減少すると言われているため、企業の成長のためにもこれからはグローバル化が欠かせません。参考:企業のグローバル化の課題解決方法とは?/顧問バンクこれからの日本ではどのような働き方改革が求められる?上記で紹介した課題を解消するために、これからの日本では以下のような働き方改革が求められています。これからの日本の働き方改革①労働時間の短縮化これからの日本の働き方改革②ワークスタイルの多様化これからの日本の働き方改革③女性やシニア層の就業安定化これからの日本の働き方改革④非正規雇用者への待遇の改善これからの日本の働き方改革⑤転職や副業の一般化これからの日本の働き方改革⑥海外人材やノウハウの積極的な受け入れそれぞれの項目をわかりやすく解説しましょう。これからの日本の働き方改革①|労働時間の短縮化労働時間の短縮化により社員が集中しやすい環境を構築できるため、生産性の向上を図れることがメリットです。労働時間が減れば、社員はプライベートの時間をさらに増やせます。これが仕事へのモチベーションにもつながり、労働の相乗効果が期待できるでしょう。参考:労働時間の短縮によるチーム生産性の向上/独立行政法人経済産業研究所これからの日本の働き方改革②|働き方の多様化フレックス制の導入やフリーアドレスの採用など、働き方の多様化が企業に求められています。コロナ禍ではテレワークやリモートワークも注目を浴びました。オフィス外でも働ける職場であれば、海外を含む遠方に住んでいる人でも働きやすくなります。さらに、ワークとバケーションを掛け合わせた「ワーケーション」という考え方も浸透しつつあります。ワーケーションを導入することで有給休暇と組み合わせた働き方がしやすくなり、従業員の満足度も向上するでしょう。採用活動ではアピールポイントにもなり、優秀な人材を集めやすくなる効果もあります。参考:ワーケーションとは?基礎知識や事例、導入のポイントをご紹介!/ワークフロー総研これからの日本の働き方改革③|女性やシニア層の就業安定化日本の企業は、男女の平等性に欠けると指摘されています。出産・育児に対するサポートを行ったり実力のある女性を管理職に据えたりすることで、自社が持つ人材のポテンシャルを最大限に活かせるでしょう。これからは少子高齢化に伴いシニア層の割合も増えるため、シニア層を有効活用することも重要な課題です。参考:女性の管理職昇進意欲を高める鍵は「管理職への両立支援」/パーソル総合研究所これからの日本の働き方改革④|非正規雇用者への待遇の改善契約社員や派遣社員、アルバイト・パートといった非正規雇用者への待遇の改善も求められています。非正規雇用者の待遇が悪いままでは、経済的不安から結婚・出産へ踏み切れない人が増え少子高齢化はさらに加速するでしょう。優秀な人材に正当な評価を下すことで非正規雇用者のモチベーションが上がり、生産性が向上するとも考えられます。参考:非正規雇用とは?特徴を分かりやすく解説!デメリット・メリットを紹介/キャリチェンこれからの日本の働き方改革⑤|転職や副業の一般化これまでの日本企業で常識だった終身雇用・年功序列の文化では、競争原理が働かず生産性の向上につながりませんでした。かつての常識を改め転職を一般化させることで、キャリアアップがしやすくなります。これにより企業は質の高い人材を確保しやすく、従業員は待遇を向上させやすくなるでしょう。また、最近では副業を解禁する企業も増えています。「老後2,000万円問題」も話題になりましたが、日本に住む多くの人は将来や老後にお金の不安を抱えているはずです。必然的に副業ができる環境を求める人材は多く、こういった要望に応える柔軟性も求められています。これからの日本の働き方改革⑥|海外からの人材・ノウハウの積極的な受け入れ特にIT分野において日本は大きく出遅れています。これから遅れを取り戻すためには、IT先進国で実戦経験を重ねた人材や専門的な教育を受けた人材を積極的に受け入れなければなりません。日本人と外国人がタッグを組んで働くグローバルな環境を備えた企業は、成功・成長を見込みやすいと言えます。参考:27カ国中最下位…日本がIT人材足りない根本理由/東洋経済オンラインコロナ禍で日本の働き方には大きな変革をもたらした新型コロナウイルスによって、日本での働き方には以下のようなさまざまな変化が起こりました。 コロナ前コロナ後働き方出社在宅勤務労働時間タイムカードによる管理ITシステムの導入会議現場オンラインコロナによる変化は決して嬉しいきっかけとは言えませんが、前向きに捉えればコロナが日本企業の働き方・考え方を前進させたとも考えられるのです。アフターコロナにおいて方針を大きく転換させた日本企業は多く、日本文化への適応に不安を抱えている外国人の方も働きやすい環境が整いつつあります。参考:新型コロナが進展させた働き方の変化/名城大学これからの働き方にはデメリットやリスクもある働き方改革によって改善されるこれからの働き方は、良い点だけではありません。これからの働き方のデメリットやリスクは、以下の通りです。これからの働き方のリスク①コストの増加これからの働き方のリスク②管理にかかる負担の増加これからの働き方のリスク③コミュニケーションの希薄化これからの働き方のリスク①|コストの増加働き方改革により、コストが増加する可能性があります。たとえば退勤管理システムをはじめとするITツールを導入する場合、導入費や教育費の支出を見込まなければなりません。先進的な企業へ進化を遂げる第一歩として、一定の金額を投資する必要があるのです。参考:働き方改革6つの課題とは?4つの解決策まで徹底解説/PROFFITこれからの働き方のリスク②|管理にかかる負担の増加働き方改革により、管理職にかかる負担が増加したとの声も聞かれます。たとえばワークスタイルの多様化に伴い部下が働く場所が散らばってしまうと、勤怠管理に手間がかかりやすくなるでしょう。有給取得率が上がることが原因で、管理職に仕事のしわ寄せが行くかもしれません。特に「高度プロフェッショナル制度」を使って働く人の場合、労働時間や休日などの規定から除外されるため裁量労働制に近い形で働く必要も生じます。このような負担増に備えるためには、アウトソーシングの適度な活用や管理職未満のスタッフにより多くの裁量を与えるなどの対策が必要です。参考:働き方改革で管理職の負担増?しわ寄せを防ぐための取り組みとは?/ワークスタイル情報空間これからの働き方のリスク③|コミュニケーションの希薄化テレワークが増えることにより、コミュニケーションが希薄化することも考えられます。いわゆる「飲みニケーション」の機会が失われたことを憂慮する人がいることも事実です。一方で、日本人の若い世代には仕事とプライベートを切り離して考える人が増えており、こういった世代からはコミュニケーションの希薄化はむしろ受け入れられやすいかもしれません。これからの日本では時代の変化にあわせた働き方改革が求められるこれまでの日本の働き方は「終身雇用」や「1日8時間労働」が主流でしたが、生産性の低さや拘束時間の長さなどが問題になりました。これに伴い働き方改革を進める企業が多く、日本独自の悪しき文化は姿を消しつつあります。海外で育った方や外国人にとっても、これからの日本企業は働きやすい職場になるでしょう。これからの働き方を採用している企業で働きたい方は、外国人ITエンジニア専門の転職エージェント『G Talent』がおすすめです。これまでに200社以上の採用支援に携わってた『G Talent』にはグローバル企業が集まっているため、さまざまな働き方を採用している仕事を見つけることができます。日本企業への転職に興味をお持ちの方は、ぜひ完全無料の『G Talent』をご利用ください。

転職・キャリア開発ナレッジ

【外国人向け】日本での働き方、コロナ以降で変わったこととは?

コロナ以降、日本企業ではテレワーク・リモートワークの導入など働き方において変わったことが多くあります。日本で働く外国人は、自国と日本の文化が違うことでさまざまな点に戸惑うことが多いです。コロナ以降ではさらに変わったことが増えたため、スムーズに日本企業へ順応するためにもコロナ以降で日本企業で変わったことについて知っておきましょう。コロナ以降の働き方に備えるためのポイントなども解説するため、コロナ以降日本企業で働きたい外国人の方はぜひ参考にしてください。自分にあった働き方を採用している企業で働きたい方は、グローバルIT企業が集まる転職エージェント『G Talent』をご活用ください。コロナ以降日本の働き方で変わったこと新型コロナウイルスの感染が拡大したことで、コロナ以降日本の企業では主に以下のような変わったことがあります。コロナ以降日本の働き方で変わったこと①テレワークの浸透コロナ以降日本の働き方で変わったこと②感染対策への意識コロナ以降日本の働き方で変わったこと③対面での取引や出張の減少コロナ以降日本の働き方で変わったこと④古い企業体制の見直しコロナ以降日本の働き方で変わったこと①|テレワークの浸透テレワークという働き方が浸透したことは、コロナによって起こった最も大きな変わったことの一つだと言えるでしょう。テレワーク導入のメリットの一つは、時間をかけて通勤する必要がなくなったことです。会社で働いている人の中には、会社まで片道数時間かかる方も少なくありません。通勤時間が長い会社員が通勤から解放されたことで、空いた通勤時間の分家でリラックスして過ごしたり、勉強などの自己投資に時間を使ったりできるようになりました。テレワークによってプライベートの時間がしっかりと取れるようになれば、精神的なストレスや身体的な疲労も従来に比べ減少することが期待できます。そうなれば、結果的に業務の生産性も上昇することにつながるでしょう。参考:コロナによる働き方の変化。テレワークは定着していくか?/SHARINGコロナ以降日本の働き方で変わったこと②|感染対策への意識コロナ以降は、コロナウイルスを蔓延させないための対策が企業全体で行われるようになりました。行われている対策の例としては、以下のようなものが挙げられます。従業員のマスク着用を徹底する出社人数を制限する従業員の着席するスペースの間にパーテーションを設置する従業員同士が距離を保って接するようにする定期的に職場の窓やドアを開け、空気を入れ替える消毒液を設置し、定期的な消毒を呼びかけるサーモカメラを入り口に設置し、従業員に発熱がないかチェックする など働く上でのさまざまなシーンにおいて、感染拡大を防止する取り組みが実施されています。参考:中小企業のための新型コロナウイルス対策/OHサポート株式会社コロナ以降日本の働き方で変わったこと③|対面での取引や出張の減少コロナ以降は、新型コロナウイルスの感染を防止するため対面での取引や出張の機会が大きく減らされています。取引先と対面しない代わりに、Web会議で話し合いを行う機会が増えました。対面や出張の割合が減ったことによるメリットは、感染リスクが減少したことだけではありません。移動の時間も削減されたため、その分の時間をほかの業務に充てられるようになりました。参考:コロナ禍で減少する国内・海外出張、規定上の出張関係費は据え置かれる傾向/産労総合研究所コロナ以降日本の働き方で変わったこと④|古い企業体制の見直しコロナ以降は、多くの会社に当たり前のように存在していた古い企業体制が見直されつつあるのが大きな変わったことの一つです。たとえば、今までであれば多くの会社において「会議は対面で行うのが当然」という風潮がありました。しかし近年の動向から見られる通り、会議は対面でなくWeb上であっても問題なく行えます。さらにテレワークの導入が開始されつつある頃は、「書類への印鑑が必要なため一部の社員は出社が必須となる」と考えられていました。しかし現代では、オンライン上のデジタル印鑑がしっかりと効力を持っています。そのため、コロナ以降は印鑑のために出社する必要はありません。コロナ以降では今まで当然のように「変えられない」と思われていた体制が見直され、業務の効率化が促進されつつあります。コロナによる働き方の変化を「企業体制の見直しを行う良い機会」と捉えられる企業は、コロナ以降もますます働きやすい企業へと変わっていけるでしょう。参考:時代は“脱ハンコ”へ コロナ禍で進む「電子契約/電子署名」の将来 慶応大の手塚教授に聞く/ITmedia NEWSコロナ以降の日本企業で文化的に変わったことコロナ以降、日本の企業で一般的に行われていた以下のような文化の実施機会が減りつつあります。コロナ以降の日本企業で文化的に変わったこと①|定期的な飲み会コロナ以降の日本企業で文化的に変わったこと②|社員同士の会食コロナ以降の日本企業で文化的に変わったこと③|通勤ラッシュただし、これらの変わったことはあくまでも一時的なものだとされています。コロナ禍が落ち着いたら復活する場合もあるため、これらの概要について知っておくことをおすすめします。コロナ以降の日本企業で文化的に変わったこと①|定期的な飲み会日本では、業務時間が終わったあとなどに社員同士で飲み会を行うことが多くあります。しかし、コロナ以降は三密を防ぐために飲み会を自粛する風潮が現れ始めました。飲み会の機会が減ったことで、個人の出費が減り、プライベートの時間が生まれやすくなったのは大きなメリットだと言えます。一方で、社員コミュニケーションの機会が減ってしまった点はデメリットと言えるかもしれません。飲み会は、社員同士が仲良くなるための場として利用されることも多かったためです。なお、コロナ以降でもWeb上で飲み会を行う「オンライン飲み会」を実施している人々も存在します。オンライン飲み会であれば、帰りが遅くなったり大きな出費が生まれたりするリスクも少ないため、従来に比べ参加しやすいと感じている方も多いでしょう。参考:職場の飲み会は必要?「飲みニケーション」についての最新調査、コロナ禍を経て仕事関係の飲み会は減少傾向に/YAHOOニュースコロナ以降の日本企業で文化的に変わったこと②|社員同士の会食日本企業で働いていると、上司から会食に誘われたり部下や同僚と会食に行ったりすることも少なくありません。しかし、複数人での食事や密閉空間での会話は感染リスクを上昇させる大きな要因となるため、飲み会と同様に会食もコロナ以降では自粛されつつある状況です。コロナ以降に会食を開く場合は、テラス席や間隔の取りやすいお店を選択するなど感染対策に配慮したお店選びが欠かせません。気軽な飲み会に比べるとハードルは上がるかもしれませんが、感染を防止するためにオンラインで実施するというのもひとつの手でしょう。参考:ニューノーマル時代の接待やビジネス会食はどうすれば良い?/ヒトサラコロナ以降の日本企業で文化的に変わったこと③|通勤ラッシュコロナ以降多くの会社がテレワークを導入したことで、通勤ラッシュが大きく緩和されました。混雑に巻き込まれることが少なくなったというのは、テレワークによる代表的なメリットの一つと言えるのではないでしょうか。特に人口の多い地域の場合、日本では車での通勤より電車通勤をする人の方が圧倒的に多い傾向にあります。したがって朝の駅構内は、自由に歩くことすら困難なほどに混み合います。電車内も同様の混み具合となり、一歩も動くことができないほどに混んでいることも珍しくありません。テレワークが普及したことで電車に乗らずに済むようになったという点は、心身ともに良い影響があるといえるでしょう。参考:「年中満員電車の社員と出社ゼロ社員」コロナ後さらに開く"テレワーク格差"/PRESIDENT onlineコロナ以降の働き方に備えるポイントポストコロナ時代へと変わった現代では、以下のようなポイントを押さえて働いていくことが欠かせません。コロナ以降の働き方①|テレワークと出勤の両方が可能な環境を整えるコロナ以降の働き方②|社員同士のコミュニケーションを積極的に取るコロナ以降の働き方③|企業文化を理解しつつ新しい制度に順応するコロナ以降の働き方①|テレワークと出勤の両方が可能な環境を整えるポストコロナ時代でさまざまなことが変わった近年をうまく生き抜くためには、テレワークと出勤の双方に対応できるようにしておくことが必要です。自宅に仕事部屋を用意したり通信環境を改善したり、テレワークを快適にするためにはさまざまな工夫が求められます。一方で、コミュニケーションは出勤した方がとりやすいと感じる人もいるため、テレワークと出勤は一長一短だと言えます。企業によって、社員の希望の働き方を選ぶことができるケースもあるので、どちらの働き方にも柔軟に対応できるようにしておくとより快適かつ効率的に働いていけるでしょう。参考:影響は一長一短、米国でのテレワークはコロナ危機後も継続見込み/Forbesコロナ以降の働き方②|社員同士のコミュニケーションを積極的に取るテレワーク中心の働き方となっていく場合、「社員同士で意思疎通を図るのが難しい」というテレワークの弱点に注意しなければなりません。常に周りに同僚がいるわけではないため、従来よりもコミュニケーションを取るのが困難となります。テレワークによって仕事に遅れが出たりしないよう、これらの工夫を行いながらしっかりとコミュニケーションを図りましょう。わからないことがあったらしっかりとチャットや電話で確認するオンラインイベントなどを通して同僚と交流する出社時には感染対策を徹底しながら積極的に意思疎通を図る社員同士のコミュニケーション不足は、テレワークのデメリットの一つだと言われています。それを改善するためにも、上記の方法を活用してコミュニケーション不足を解消しましょう。参考:テレワークでのコミュニケーションにおける4つの課題点と解決策を紹介/コクヨマーケティング株式会社コロナ以降の働き方③|企業文化を理解しつつ新しい制度に順応するコロナによって、働き方や人々の価値観などさまざまなことが変わりました。しかし、ポストコロナ時代の一般的な働き方が企業文化に適していない場合、コロナ以降でも働き方が大きく変わらないこともあります。「コロナ以降なのになぜ通勤するのだろう?」「なぜ未だに飲み会が多いのだろう」など、ポストコロナならではの働き方ばかりに意識を向けすぎると和を乱すことにもつながりかねません。コロナによって変わりゆく制度に順応しつつも、コロナ以前の会社文化に対する程よい理解・尊重は忘れないようにしましょう。コロナ以降に理解のある日本企業の求人を探すなら『GTalent』コロナの感染を防ぎつつストレスなく働いていくためには、ポストコロナ時代の働き方に理解のある企業を探すことが必要です。そのような企業をお探しの際には、転職エージェントの『G Talent』をご利用ください。『G Talent』は、オンライン英会話サービスの「ビズメイツ」が運営している人材紹介サービスです。さまざまな国籍の人材が活躍できるよう、日本企業への転職をサポートしています。希望の働き方に合わせてIT業界に精通したバイリンガルキャリアアドバイザーが希望にあった仕事を提案してくれます。仕事の紹介だけでなく給与や条件の交渉や履歴書作成のサポート、外国人のビザ取得サポートなど手厚いサービスを用意しているため、自分にあった企業で働きたい方はぜひ登録から始めましょう。▼『G Talent』の登録はこちらコロナ以降に変わった日本での働き方を知って順応しよう!この記事では、テレワークの導入や飲み会の機会の減少などコロナ以降の日本企業で変わったことを紹介しました。コロナが及ぼした働き方の変化を学んでおくことで、初めて日本で働く外国人もスムーズに企業に順応しやすくなるでしょう。日本で働く予定の方や、日本との文化の違いを知りたい方は、ぜひ今回紹介した内容を参考にしてください。コロナ以降働き方は企業によって多様化されたため、自分にあった働き方の企業を探したい方は、グローバルIT企業が集まる転職エージェント『G Talent』をご利用ください。

転職・キャリア開発ナレッジ

【実例あり】エンジニアが仕事で英語を使うシーンはいつ?

近年仕事で活躍するエンジニアには、英語力が求められています。しかし、一言で英語力と言ってもレベルや種類など幅広いため、実際にエンジニアが英語を使う実例を知ることで学ぶべき英語を理解することができます。今回は、英語を用いて活躍しているエンジニアが、実際に仕事で英語を使うシーンや実例について解説していきます。エンジニアが英語を使う実例を把握し、キャリア形成のためのイメージトレーニングを行いましょう。実例だけでなく、エンジニアが仕事で英語を使う理由や英語を習得するメリットについても解説していきます。英語を活用できる仕事を探したい方は、グローバル企業に特化した転職エージェントの『G Talent』をご利用ください。エンジニアが仕事で英語を使うシーンの実例まとめまずは、エンジニアが仕事で英語を使う実例をまとめました。エンジニアが仕事で英語を使う実例①外国人とのコミュニケーションエンジニアが仕事で英語を使う実例➁英語の技術書読解エンジニアが仕事で英語を使う実例➂英語面接エンジニアが仕事で英語を使う実例④プロジェクトマネジメントエンジニアが仕事で英語を使う実例⑤ブリッジSE業務それぞれの実例ごとに、職種や所属している企業の特徴、仕事相手などを解説するに加え、英語をどのように仕事に活かしたかの実例をご紹介します。実例で紹介する転職や留学、海外勤務のストーリーを参考にし、新しい環境でチャレンジするエンジニアとしてのキャリアを想像してみてください。エンジニアが仕事で英語を使う実例①|外国人とのコミュニケーション外国人エンジニアと一緒に働く機会がある会社に転職したAさんは、日々のコミュニケーションの中で英語を使用しています。Aさんは、Webマーケティング職を経て、グローバルなIT企業に転職しました。転職後の企業では、朝会で外国人とディベートをしたりTEDで最新のITトレンドに触れたりと英語とITの最新情報が学べ、自分の専門性が活かせる職場で働いています。小規模でありながらもダイバーシティにあふれた職場環境のため、英語ネイティブスピーカーのエンジニアと議論したりコミュニケーションをとったりするなど、英語とITという共通言語を持った仲間と一緒に切磋琢磨しています。グローバルな環境に飛び込んで得たものは大きいと言えます。仕事だけではなく日常会話でも英語を使う実例です。参考:【社員インタビュー Vol.9】DXエンジニア 英語力と専門性を高められるグローバルな環境/株式会社プリンシプルエンジニアが仕事で英語を使う実例②|英語の技術書読解エンジニア職のBさんは、新しく始めた業務で英語を使用するようになりました。ずっと英語を使ってエンジニアとして活躍したいと考えており、願いがかなったとのことです。英語で業務をするようになり、英語で書かれた技術書やボリュームのある資料の読解も難なくできるようになりました。今でもITの専門分野を英語で学ぶ学習を続けており、最新情報をキャッチするためにも英語力を身につけています。この実例では、特にリーディング力に焦点を当てています。参考:エンジニアの僕が仕事で英語を使うようになって思うこと/masaytan's blogエンジニアが仕事で英語を使う実例③|英語面接アメリカ留学を経て、帰国後にITエンジニアに転身したCさんは、留学中に身につけた英語力を活かし、面接で担当者と英語で意見交換ができるまでに成長しました。面接中に留学中の体験を英語で伝えることができ、留学中に真剣に勉強したことが面接官に伝わりました。キャリアを中断して挑戦した留学でしたが、十分なコミュニケーションができる英語力が身についたためチャレンジして良かったようです。転職先のWebサービスの企業では、IT技術が英語で書かれた技術書やWebサイトの読解、海外のチームから英語で問い合わせがきたときに英語で対応しています。この実例ではさまざまな仕事に英語を活かしていますが、ビジネス英語のほかに日常英語を身につけることで面接などで自分の思いを伝えることに役立ちます。参考:【インタビュー】ボストン留学を経て未経験のIT業界へ!英語力を活かしてエンジニアに転身/English Hubエンジニアが仕事で英語を使う実例④|プロジェクトコーディネーター携帯電話回線や機械が正常に動作するかを検証する部署で勤務しているDさんは、部署内でプロジェクトコーディネーターの業務をしています。検証者が検証作業に集中できるためのフォローアップや問題解決、問題のエスカレーション、資料作成、会議参加などの業務を行っています。業務の性質上関係各所とコミュニケーションをとることが多く、検証者として働く外国人エンジニアには英語を使って指示を出す必要があります。何気ない日常から誠意が伝わるようなコミュニケーションを心がけると共に、外国人エンジニアに対しては英語をプラスすることで、難しいお願いごとを進める助けになるとのことです。英語でのコミュニケーションができるため、外国人エンジニアとの信頼関係が築きやすいことがDさんの強みです。日本で働く外国人エンジニアは近年増加しており、英語でもコミュニケーションを取ることでこの実例のようにさらに複雑な依頼をすることが可能です。参考:【新卒2年目インタビュー】外国人エンジニアへの連携・指示でミッション完遂!バイリンガルプロジェクトコーディネータの奮闘記/AVINTONエンジニアが仕事で英語を使う実例⑤|ブリッジSE業務フォリピンでブリッジSEをとして働くEさんは、フィリピン人エンジニアと日々英語で業務をしています。ブリッジSEとして働き始める前は、TOEICの点数も300点ほどでしたが、入社が決まり猛勉強した今では、TOEIC700点を獲得するまでに成長しました。日本国内でも外国人エンジニアと働いた経験があったEさんでしたが、国内の業務では外国人にも日本語で指示やフィードバックをしていたとのことです。海外で働く現在は仕事で必要な用語や英語表現を覚え、フォリピン人スタッフに英語で指示出しやフィードバックができるようになっています。この実例のように海外で働きたい方は、英語力は必須です。参考:【社員インタビュー】業務をこなせる英語力ってどのくらい?【ブリッジSE編】/Infinite points Philippines Inc.エンジニアが仕事で英語を使う理由とはエンジニアが仕事で英語を使う理由には、以下の3つが挙げられます。プログラミング言語は英語をベースとしているからグローバル企業が多くあるから情報が英語で発信されることが多いからプログラミング言語は英語をベースとしているからプログラミング言語は英語がベースです。英語力があることでプログラミング言語を丸暗記するのではなく、英単語の意味と紐付けて覚えることができます。コーディングのミス削減や、作業効率アップが期待でき、トラブルシューティングもしやすくなるため、英語力を持つエンジニアは有利です。参考:プログラミングに英語は必要?初心者のためのプログラミング学習の始め方/学舎さくらグローバル企業が多くあるから労働力不足や日本でのIT教育の遅れから、海外から外国人のITエンジニアを雇い入れる企業が増加しています。中国や韓国、ベトナムを始めとしたアジア圏や、北米・南米からの就労者が増加しており、グローバル化が進んでいます。日本企業の中には外国人ITエンジニアを雇い入れやすくするために社内公用語を英語にする企業もあり、英語の重要性が増しています。グローバルな企業や外資系企業では特に英語力が必要になるため、キャリアアップのために英語力は必須です。参考:4年で12万人増、外国人エンジニア採用に注目が集まる理由を解説!/xseeds Hub情報が英語で発信されることが多いからIT技術は世界中で開発が進んでいるため、最新情報が英語でいち早く発表されます。英語を理解できれば新しい情報に追いつくのが早くなり、理解もしやすいです。近年では翻訳サービスも開発が進んでいますが、完全ではないため英語を英語で理解できる力を持ったエンジニアは重宝されます。いち早く情報をキャッチしてスキルアップを行いたい方は、英語力を身につけましょう。参考:ITエンジニアに必要な英語力とは?よく使う単語やおすすめ勉強法など紹介/ユニゾンキャリアメディアエンジニアが仕事使える英語を習得するメリットエンジニアが仕事で使える英語を習得するには、大きく3つのメリットがあります。仕事の選択肢が増える英語の資料が読み知識を深められるキャリアアップにつながる仕事の選択肢が増える近年では、英語ができる前提で発注される案件が増えています。そのため、英語ができるエンジニアであることで、仕事の選択肢が増えます。その反対に、ITの専門性やスキルがあったとしても、英語力がないという理由だけで重要なプロジェクトに参画できないことがあります。業務の幅が広がることで、経験や実績に差がつき収入もアップしやすくのが実情です。仕事やキャリアの幅を広げていくためにも、英語力は必須です。参考:エンジニアに必要な英語力は?IT業界のTOEIC平均や勉強法も紹介!/Career-first英語の資料を読み知識を深められるIT関連の最新技術やトレンドは英語で発信されていることが多いです。英語で書かれた技術書もあるため、英語の資料を読むことで知識を深めやすくなります。実際に今回紹介した実例では、英語の技術書や最新情報を読解できるようになったというものもあります。翻訳アプリを利用しても完全な理解は難しいため、英語の文献をそのまま理解できる力を持ったエンジニアは成長スピードが速くなります。専門性やスキルアップにつながるため、成果が上がり、昇給や昇格のスピードも速まる可能性があります。参考:IT業界で英語力って本当に必要?求められる理由や選考で影響するのか解説!/Digmediaキャリアアップにつながるエンジニアがキャリアアップするためには、英語力が必要です。採用条件に英語が必須の求人が増加しており、エンジニアとして高いスキルを持っていても英語ができないことが理由で不採用となってしまうケースもあります。社内公用語が英語になっている大企業や、外資系企業への転職を目指す場合にも、英語力が求められます。キャリアアップしたい方や今回紹介した実例のように海外で働きたい方は、英語力を磨いていきましょう。参考:英語ができるエンジニア/キャリア(人生の選択肢)が超絶に変わります!【インフラエンジニア編】/CAMOUFLA BLOGエンジニアが仕事で英語を使う機会は多く英語習得のメリットは大きいこの記事では、エンジニアが仕事で英語を使うシーンの実例を紹介しました。エンジニアが英語を使う機会は多く、英語ができるエンジニアは得られるメリットが多いです。英語力を身につけると、業務の幅が広がりスキルの習得やキャリアアップに役立ちます。エンジニアとして仕事をする上で、英語力が大きな後ろ盾となること間違いなしです。英語を活かせる仕事を探したい方は、外国人ITエンジニアに特化した転職エージェントの『G Talent』のご利用がおすすめです。今の英語力にあった仕事の紹介も可能なので、まずはIT知識が豊富なバイリンガルコンサルタントに希望や状況をお聞かせください。登録は無料なので、キャリアアップや転職をお考えの方も登録してみましょう。

転職・キャリア開発ナレッジ

エンジニアの仕事に必要な英語力のレベルは?勉強法も解説します

エンジニアが仕事で活躍するためには、どんな企業でもエンジニアやITの仕事に関する英語力が求められます。エンジニアとして仕事で活躍したい方は、どのレベルの英語を身につけるべきなのでしょうか。この記事では、エンジニアに求められる英語レベルやエンジニアに一定レベルの英語力が必要な理由、英語の勉強方法について解説していきます。英語力を活かしたいエンジニアの方は、グローバルIT求人に特化した転職サービスの『G Talent』での仕事探しがおすすめです。この記事を参考にエンジニアに必要なレベルの英語力を獲得し、エンジニアとして年収やキャリアをアップさせましょう。エンジニアの仕事に必要な英語力のレベルエンジニアには英語力が求められますが、どの程度の英語レベルが必要なのでしょうか。今回は、以下の項目にそってエンジニアの仕事に必要な英語力のレベルを解説していきます。どんな企業でもエンジニアに関するレベルの英語の理解は必要多くの企業で英検3級レベルの英語力は求められるビジネス英語を取得するにはTOEIC700点以上のレベルを目指そう必要な英語力は企業や立場によって異なります。広く多くの日本企業で働きたい外国人エンジニアにとって必要なレベルを解説しますので、参考にしてみてください。どんな企業でもエンジニアに関するレベルの英語の理解は必要日本国内には社内公用語を英語に設定し外国人エンジニアを多く受け入れている企業がありますが、そのようなIT企業でなくてもエンジニアの仕事に関する英語の理解が必要です。仕事でエンジニアに関する英単語を使うこと可能性があるため、特にIT用語や業界に関する最低限の英語は理解しておきましょう。英語が苦手でも、単語さえ理解できれば仕事の支障をきたさないケースもあります。参考:エンジニアに英語力は必要か?需要と効率的な勉強法を紹介!/案件ナビ多くの企業で英検3級レベルの英語力は求められる外国人エンジニアとして日本のIT業界で働く際に必要な最低限の英語力は、英検3級レベルです。英検3級は、中学校で習う英語を理解していれば取得できます。英検3級を取得するには、筆記試験に加えて面接試験を受けなければいけません。英語力は証明するのが難しいため、英検を取得することで英語力を示すことに役立ちます。参考:エンジニアに必要な英語力は?IT業界のTOEIC平均や勉強法も紹介!/Career-firstビジネス英語を取得するにはTOEIC700点以上のレベルを目指そうグローバルな企業では、ビジネス英語が話せるとキャリアアップできる可能性が高いです。ビジネス英語を取得するのであれば、TOEIC700点以上を目指しましょう。ビジネス英語を取得することで、海外の顧客や別の国から働きにきている外国人ITエンジニアと会議をする際に流暢なコミュニケーションが取れます。国際ビジネスコミュニケーション協会によると、2021年のTOEIC Listening&Readingのテスト受験者スコアの日本の平均点は574点でした。そのためTOEIC700点のハードルは高そうに見えますが、キャリアップのためにもチャレンジしてみましょう。参考:TOEIC700点で一流ビジネスマンへの道を切り開く! 英語力はキャリアアップの最短ルート/ENGLEADエンジニアの仕事に一定レベルの英語が必要な理由エンジニアの仕事に一定レベルの英語が必要な理由は、以下の4つです。プログラミング言語が英語ベース多国籍の人が集まる企業が増えている海外のエンジニアと働く機会がある最新情報が英語で発信される仕事に英語が必要な理由①|プログラミング言語が英語ベースエンジニアの仕事に欠かせないプログラミング言語は、英語がベースで成り立っています。英語力を身につけておくことで、プログラミング言語を丸暗記するのではなく、英単語の意味と紐付けてプログラミング学習ができるのが英語を理解すべき理由の一つです。コーディングのミスも減らすことができ作業効率が向上するだけでなく、バグやトラブルにも対応しやすくなるというメリットがあります。参考:プログラミングで必要な英語力とは/DMM WEBCAMP仕事に英語が必要な理由②|多国籍の人が集まる企業が増えている日本のIT業界では、日本人の労働力不足やIT教育の遅れから外国人エンジニアを雇い入れる動きが加速しています。中国や韓国、ベトナムやアメリカなどさまざまな国から働きにきているエンジニアがいるため、必然的に英語を話す環境になる企業が多いです。一部のIT企業では英語が社内公用語となっていることもあり、多国籍の人が働くIT企業では英語でのコミュニケーション力が必要です。参考:日本企業における外国人エンジニアの市場価値は?求人の探し方も紹介/G Talent Blog仕事に英語が必要な理由③|海外のエンジニアと働く機会がある近年、オフショア開発の流行によりベトナムを始めとする海外にプログラミングを委託することが増えています。その際には、海外のエンジニアとやりとりをしなければなりません。海外のエンジニアと現地語や日本語を介さずにコミュニケーションを取る場合には英語を使う場合が多いため、海外のエンジニアと仕事をする際には英語力は必須となります。参考:ベトナムがオフショア開発で人気の理由とは?委託先の選定ポイントも/VNEXT仕事に英語が必要な理由④|最新情報が英語で発信されるIT技術は世界中で開発が進み英語圏にIT企業の中枢が置かれているため、IT業界では最新情報が英語で発信されることが多いです。そのため、英語が理解できなければ最新情報をいち早くキャッチできないこともあります。ITの最新情報をいち早く把握するためにも、英語力は身につけておきましょう。参考:エンジニアなら読んでおきたい海外の開発ブログ・メディア14選/レバテックキャリアエンジニアの仕事で必要な英語力のレベルの目安ここまではエンジニアの仕事と英語の関係性について紹介しましたが、ここからはエンジニアの仕事で必要な英語のレベルを英検とTOEICにわけて解説していきます。英検英検の場合、最低でも英検3級の取得が最低限のレベルです。英検3級は中学校卒業レベル程度の英語力で合格できるので、ハードルもそこまで高くありません。ビジネスレベルの英語力を獲得するのであれば、英検準1級以上の取得が目安です。外資系企業の求人の場合にも、英検準1級から履歴書に記載しアピールができるようになります。英検準2〜2級は、日常会話レベル程度の英語力取得目安になります。参考:ビジネスレベルの英語力とはどの程度?TOEICや英検スコアで比較/English WithTOEICTOEICの目安スコアレベルは、600〜700点以上です。700点以上でビジネス英語習得の目安となるので、ビジネス英語を習得したい方は700点を目指しましょう。ビジネス英会話ができると、海外とのプロジェクトに関わるチャンスができたり、海外赴任のチャンスがあったりと、キャリアにプラスになるチャンスが増えます。社内公用語を英語にしている企業では、より高いTOEICの点数が求められることがあります。必要なTOEICの点数は、応募する企業や職種によって異なるので注意しましょう。たとえば、楽天株式会社に幹部職として中途入社する際にはTOEIC800点以上が必要とされています。エンジニアの仕事に必要な英語力を習得する勉強法英語力が低いエンジニアでも、勉強すれば英語力を身につけることが可能です。英語力を習得するおすすめの方法は、以下の4点が挙げられます。テキストで英語学習の基礎を学ぶ英語メディアを読む英会話スクールを利用する英語の動画を視聴するテキストで英語学習の基礎を学ぶ英語の基礎がない方は、まずは英語の基礎から勉強しましょう。英語の基礎を身につけるには、テキスト教材の活用がおすすめです。テキストであれば何度も繰り返し読んで復習ができるため、基礎力が身につくまで何度も勉強することができます。IT業界やエンジニアが良く使用する英語表現や英単語を集めたテキスト教材を使うと、仕事で使う英語表現を短期間かつ効率的に身につけることが可能です。参考:「いろんな本で英語を勉強する」or 「同じ本を何度も繰り返す」【どっちが効果アリ?】/ピマログ英語メディアを読む仕事で使える活きた英語を身につけたい方は、英語のメディアの活用がおすすめです。英語の新聞やインターネット上に公開されているメディアを読むことで、仕事などで使えるネイティブの英語を学ぶことができます。英語の新聞やネットニュースでは世界の最新トレンドや日本や自国にいてはなかなか入ってこない情報もキャッチすることができるため、情報収集としてもおすすめの方法です。参考:情報収集しながらリーディングスキルが身につく?!英語学習に最適な海外メディア20選/MoneyForward Bizpedia英会話スクールを利用する英会話スクールに通うことで、ネイティブスピーカーの英語教師と一緒に会話の練習をすることができます。最近ではオンライン英会話スクールのサービスがあるため、時間や場所にあまり縛られずにレッスンを受けることもできます。英会話スクールにはさまざまなコースやレベルがあるため、自分にあったレッスン内容を選ぶことが大切です。参考:英会話教室に効果はある?自分に合った効果的な勉強法の見つけ方も/ECC外語学院英語の動画を視聴する楽しく英語を学びたい方は、英語の動画を活用しましょう。洋画やYouTube動画を見ることで英語の聞き取り練習になり、英語の音に慣れることもできます。同じ映画や動画を数回見て字幕なしで理解ができるよう、段階的に練習することも可能です。映画や動画は日常で良く使う英語表現が学べるため、トーク力を身につけたい方におすすめです。移動中などの隙間時間に、気兼ねなく学習できるのも魅力の一つです。エンジニアの仕事に必要な英語力のレベルは企業によって異なるこの記事では、エンジニアに必要な英語力のレベルについて解説しました。必要な英語力は企業や役職によって異なりますが、外国人ITエンジニアとして日本で働く場合は最低でも英検3級レベルの英語力を獲得しておくと良いでしょう。ビジネスレベルの英語習得のためにはTOEIC700点を目安に学習を進めるのがおすすめです。英語のレベルによって挑戦できる業務が増え、海外プロジェクトへの参加や海外赴任のチャンスがもらえることがあります。今回紹介した内容を参考に自分にあった勉強法で学び、必要な英語力を身につけましょう。英語力を活かせる仕事を探したい方は、外国人ITエンジニア向けの転職エージェント『G Talent』がおすすめです。日本で働きたい外国人ITエンジニアの就職・転職活動をバックアップしており、IT知識が豊富なバイリンガルコンサルタントが、外国人エンジニア採用に積極的な企業や求人案件とエンジニアのマッチングをサポートします。ITエンジニアとして日本で働くために必要な英語力を習得し外国人IT人材として日本でキャリアをスタートさせたい方は、ぜひ『G Talent』にご登録ください。

転職・キャリア開発ナレッジ

英語ができるエンジニアは就職先で有利になる!英語力のつけ方も解説

ITエンジニアは、英語を身につけることで就職先で有利に可能性が高いです。しかし、英語力に自信がない方はどうやって英語を勉強するべきか悩んでしまいますよね。この記事では、英語ができるエンジニアが就職先で有利になる理由や英語力のつけ方、英語を身につけるための勉強方法について解説していきます。日本のグローバル企業がエンジニアに求める英語力についても紹介するので、今の英語力が希望の就職先にフィットするかも併せて確認しましょう。英語力を活かせるグローバル企業の就職先を見つけたいエンジニアの方は、グローバル求人に特化した転職エージェントの『G Talent 』がおすすめです。エンジニアは英語ができると就職先で有利になる!日本で働くエンジニアは、英語ができると就職先で有利になる可能性が高いです。就職先で有利になる理由には、以下の4つが挙げられます。就職先で有利になる理由①|プログラミング言語は英語がベースのため就職先で有利になる理由②|最新情報は英語でリリースされるため就職先で有利になる理由③|オフショア開発が本格化しているため就職先で有利になる理由④|公用語が英語のIT企業もあるため就職先で有利になる理由① |プログラミング言語は英語がベースのためプログラミング言語は、基本的に英語をベースに作られています。そのため、英語を習得することでプログラミング言語として丸暗記するのではなく、ソースコードの英単語の意味が分かり理解がしやすくなるのが就職先で有利になる大きな理由の一つです。たとえば一般的な英語の「if」や「else」は、C言語やPython、JavaScriptやRubyなどさまざまなプログラミング言語で使われています。英語を習得することで、プログラミング学習をスムーズに使いこなすことができ就職先でも活躍することができます。参考:英語教育も?!プログラミングと英語の意外な関係/パプナビ就職先で有利になる理由②|最新情報は英語でリリースされる場合が多いためエンジニアが関わるIT分野は世界中で開発が進んでおり、特に世界を牽引するIT企業はGoogleやAppleなど英語圏の企業がほとんどです。そのため、一般的にIT業界の最新情報は英語で発信されています。翻訳ソフトが充実している現代であっても、翻訳ソフトを介さず英文を読むことができると理解が早いです。業界の最新情報をいち早くキャッチするためにも、就職先で活躍したいエンジニアは英語スキルを身につけておきましょう。参考:ITエンジニアに必要な英語力とは?よく使う単語やおすすめ勉強法など紹介/ユニゾンキャリアメディア就職先で有利になる理由③|オフショア開発が本格化しているため近年の日本ではIT人材不足などの理由から、システムの設計や仕様書の作成のみを日本で行い外国にある企業にプログラミングを委託するオフショア開発が進んでいます。そのため、英語ができる人材は現地スタッフとのコミュニケーションを担う人材として重宝されるのです。今後もオフショア開発は進むと考えられるため、英語ができるIT人材の希少価値は高まることが予想されます。参考:あらためて、オフショア開発とは|日本においてオフショア活用が進む理由/SHIFTASIA就職先で有利になる理由④|公用語が英語のIT企業もあるため日本では、社内公用語を英語にしているIT企業が増えています。社内公用語が英語の企業では入社時に一定レベル以上のTOEICスコア取得が推奨されている企業もあり、英語力があることで就職先に有利に働きます。たとえば世界的に有名なIT企業の楽天株式会社は、2021年時点で中途入社する際にメンバークラスでTOEIC600点、マネジメントクラスで650点、幹部クラスで800点の点数が必要です。英語力があるエンジニアは、希望する就職先で働ける可能性が高くなります。参考:デジタル転職Q&A/win3英語力のあるエンジニアが就職先で得られるメリット英語力のあるエンジニアが就職先で得られるメリットは、以下の5つです。さまざまな案件に参画できる社内外でのコミュニケーションがとりやすくなる効率良く仕事を進められる待遇アップやキャリアアップが見込める海外案件や海外駐在のチャンスに恵まれやすいさまざまな案件に参画できる英語ができるエンジニアは、就職先でさまざまな案件に参画できる可能性が高いです。たとえば、オフショア開発を行っている企業を就職先にすると、英語力を活かして日本の企業と海外のエンジニアをつなぐ役割ができます。英語力が高ければ、海外の企業と行うプロジェクトに参加できるかもしれません。近年では日本で働く外国人エンジニアの数が増加しているため、外国人エンジニアを含んだ開発チームを統括するマネジメント職に就ける可能性もあります。参考:プロジェクトマネージャーが英語を使えることで得られるメリット/レバテックキャリア社内外でのコミュニケーションがとりやすくなる英語が使えるエンジニアは仕事の幅が広がると同時に、社内や社外でコミュニケーションがとりやすくなります。オフショア開発の場合、ほかの国籍のさまざまなエンジニアと何気ない会話が英語でできるため、風通しの良い雰囲気を作ることができるのもメリットです。近年は日本国内のIT人材不足から、外国人エンジニアも増加しています。そのため、英語が使えるエンジニアは社内の英語を話すエンジニアとも翻訳ソフトなしでやり取りができ、信頼関係が構築しやすいです。参考:ハイブリッドコミュニケーションの世界で活躍するエンジニアへのソリューション/GDI効率良く仕事を進められる外国人エンジニアの増加やオフショア開発などのさまざまな理由から、IT業界の現場で英語を使う機会は増えています。英語ができないエンジニアは翻訳ソフトや通訳を活用しますが、英語力があると直接やり取りできるので業務の効率が高くなるのがメリット一つです。グローバル企業で働く場合、英語の文献や資料を読む可能性も高いです。その場合も、英語力があると効率的に情報をキャッチできます。インフラエンジニアとしてグローバルに展開するネットワークサービスの不具合に対応する際も、調査から解決までのスピードを早めることができ有利になります。参考:インフラエンジニアに英語力は必要か?英語力を身につけるメリットや水準を紹介!/パーソルクロステクノロジー待遇アップやキャリアアップが見込める英語力を身につけているエンジニアは、待遇アップやキャリアアップしやすいのもメリットの一つです。英語を身につけているエンジニアがグローバル企業で働くことで、クライアントとのやり取りを英語で行うことができ価値の高い人材と評価され有利になります。さらに英語を身につけていると最新情報をいち早くキャッチできるためスキルアップのスピードが速まり、キャリアやスキルが高めやすいです。参考:英語ができるエンジニア/キャリア(人生の選択肢)が超絶に変わります!【インフラエンジニア編】/MOUFLA BLOG海外案件や海外駐在のチャンスに恵まれやすい英語ができるエンジニアは、海外案件にも直接対応ができます。海外駐在のチャンスも広がり、英語ができないエンジニアよりもさまざまな業務に携われる可能性が増えます。海外案件や海外赴任が増えると、今後のキャリア形成にも有利になるでしょう。海外を視野に入れて活躍したいエンジニアは、英語の取得がマストです。参考:海外駐在のメリットと、その先にあるキャリア。海外勤務求人も紹介/JAC Recruitment日本のグローバル企業がエンジニアに求める英語力日本のグローバル企業がエンジニアに求める英語力は以下のレベルが一般的です。TOEICは700点が最低ライン英語のIT用語はおおむね理解できる読み書きだけでなく聞く力・話す力も重視されるバイリンガルやネイティブは圧倒的に有利TOEICは700点が最低ライン外資系企業やグローバル企業、社内公用語が英語の企業では、TOEICのスコアで入社の条件が設けられていることがあります。一般的な日本のグローバル企業の場合、TOEICのスコアは700点台が最低ラインです。日常会話で使用する英語だけでなくビジネスシーンで利用する英語も理解する必要があるため、一般的なビジネス英語の習得も行いましょう。参考:【足切りラインはどこ?】外資系企業でのTOEICスコア目安/Gariben式英語のIT用語はおおむね理解できるエンジニアとしてグローバル企業で働くには、英語のIT用語はおおむね理解できることが求められます。エンジニアによっても種類によって使う英語が異なるため、業務内容にあったIT用語の英語を身につけましょう。IT用語だけでなく、業界に関する英語も覚えておくとより活躍が期待できます。参考:ITの英語:ITエンジニアが知っておきたい英単語と表現/Think IT読み書きだけでなく聞く力・話す力も重視されるエンジニアが英語を就職先で活かすには、読み書きだけでなく聞く・話す力も大切です。海外の取引先や顧客と直接やり取りするケースもあり、英語での会話が求められるからです。さらに多くのIT企業では外国人エンジニアも増加しているため、日本語が理解できない場合のやり取りは英語になる可能性が高いです。社内・社外でのコミュニケーションをスムーズに行うためにも、英語を聞く力・話す力も身につけておきましょう。参考:英語学習は「話す」ことが大切!グローバル組織で働くエンジニアに聞く、学習方法と働き方/Findy Engineer Labバイリンガルやネイティブは圧倒的に有利バイリンガルやネイティブレベル程度の英語力があれば、仕事上圧倒的に有利になります。ビジネスレベル以上の英語力が身についているため論理的な思考が即座に英語で展開でき、会議でも発言がしやすくなるでしょう。海外に関係するプロジェクトへの参画や海外赴任のチャンスが増え、業務の幅が有利に広がります。参考:プログラミングは英語圏の人が圧倒的に有利、もはや卑怯なレベル/Qiita就職先で有利になりたいエンジニアが英語力を身につける方法英語力があればエンジニアの就職先に有利ですが、英語力を高めるにはどうすべきかお悩みの方も少なくありません。ここからは、就職先で有利になりたいエンジニアが英語を身につける方法を3つご紹介します。TOEIC700点に向けて勉強するITに関連する英語に特化して勉強する普段から英語を話せる環境を作るTOEIC700点に向けて勉強する英語力を身につける一つの指針として、TOEICに特化して勉強するのも手段の一つです。多くのグローバル企業はTOEIC700点を最低ラインに設定しているため、700点を目指すための勉強を行うと仕事にも活かせる英語力が身に付きます。TOEIC700点台を目指すテキストやアプリはたくさんあるため、それらを上手に活用しましょう。TOEICの点数をCEFRに換算して、英語力を測ることも可能です。CEFRとは外国語の習熟度や運用能力を測る国際的な指標であり、最も基礎レベルである「A1」から最も高いレベルの「C2」まで6つのレベルがあります。TOEIC Listening/Readingで705〜950点を取ると、「B2」レベルとなります。参考:CEFR(セファール)とは?英語力をCEFRで測る方法とレベルアップのための勉強法/PRONTESTITに関連する英語に特化して勉強するエンジニアが仕事で英語を使うには、ITの現場で使われる英語に特化した英単語を覚えるのが効率的です。エンジニアの現場で頻繁に使用する英単語の例には、下記が挙げられます。progress進捗function機能integration test総合テストunit test単体テストdevelopment開発requirement definition要件定義上記以外にもIT業界に特化した英単語はさまざまあるので、徐々に覚えていきましょう。参考:エンジニアに必要な英語力とは?おすすめ勉強法や頻出単語を紹介/産経オンライン英会話Plus普段から英語を話せる環境を作る普段から英語が話せる環境を作ることで、習慣的に英語力を高めることができます。会社に外国人の同僚がいる場合はできるだけ英語で話しかけるようにしたりオンライン英会話を受講したりして、英語を使う環境を定期的に作り出しましょう。隙間時間を利用しながら英会話で使える英単語やフレーズを覚えることも、忙しい社会人の英語学習に効果的です。繰り返し練習して英会話の中で自然に使えるようにしておくと、さらに英語の習得スピードが加速します。参考:忙しい社会人のための3ステップの英語勉強法と使えるツール5選【継続のコツも解説】/Bizmates Blog就職を有利に進めたいエンジニアは『G Talent』を利用しようこの記事では、英語ができるエンジニアが就職先で有利になる理由やメリット、英語力の身につけ方や必要な英語力について解説しました。エンジニアが英語力を身につけることでさまざまな案件に参画でき、社内外さまざまな人とコミュニケーションがとりやすくなります。エンジニアが英語力を身につけることで、待遇アップやキャリアアップ、海外赴任が有利になる可能性も高まります。今回紹介した方法を参考にしながら、IT企業の現場で必要なレベルの英語力を身につけエンジニアとしての輝かしいキャリアをスタートさせましょう。英語を活かす就職先を探したいなら、『G Talent』がおすすめです。『G Talent』は、外国人ITエンジニアに特化した転職エージェントです。日本で働きたい外国人ITエンジニアはもちろん、英語力の高い日本人ITエンジニアの転職活動を力強くバックアップします。英語を活かせるグローバル求人が多く集まっているので、有利にエンジニアの仕事を進めたい方はぜひご利用ください。

転職・キャリア開発ナレッジ

【2023年版】ITエンジニアに人気の就職先ランキング20選!

ITエンジニアとして活躍するためには、就職先選びが重要です。日本には多くのIT企業があり、自分に合った優良企業を就職先に選べばITエンジニア幅広く活躍できます。ただし、就職先には相性もあるため、やみくもに人気だからといって就職先に選ぶのではなく、企業について情報を集めることが大切です。この記事では、日本のIT企業の人気就職先ランキングと良いIT企業を探す方法について解説していきます。この記事を読めば、日本にある優良なIT企業の情報を得ることができ、就職先選びにに役立つでしょう。効率的に就職先を探したい方は、グローバルIT企業に特化した転職エージェントの『G Talent』がおすすめです。【2023年版】ITエンジニアに人気の就職先ランキングTOP10早速、日本で人気のIT企業の就職先について見ていきましょう。「2024年卒 エンジニア学生対象 就職希望企業ランキング」によると、以下の企業がランキングの10位以内に入った企業です。10社の人気の理由に加え、事業内容や業績の推移、今後の展望やITエンジニアがどのように活躍しているのかなどについて解説していきます。IT系就職先ランキング1位|サイバーエージェントIT系就職先ランキング2位|ヤフーIT系就職先ランキング3位|ソニーIT系就職先ランキング4位|メルカリIT系就職先ランキング5位|グーグルIT系就職先ランキング6位|楽天IT系就職先ランキング7位|NTTデータIT系就職先ランキング8位|リクルートIT系就職先ランキング9位|ディー・エヌ・エーIT系就職先ランキング10位| LINEIT系就職先ランキング1位|サイバーエージェントサイバーエージェントは「アメーバブロク」や「Ameba」などを中心に認知度を上げている企業です。その後、コミュニティサービスの「アメーバピグ」、恋活アプリ「タップル」、インターネットテレビ局の「AbemaTV」などの人気サービスを次々に立ち上げていました。現在もインターネット広告やゲーム業界などでシェアを広げ、事業拡大を続けています。サイバーエージェントで働くことでIT業界で幅広い分野に影響力を持つことができ、Webサービスやゲーム業界、広告業界などさまざまな分野で活躍できるでしょう。影響力が大きいメディア系の仕事ができたり高収入を得られたりなどの理由から、多くの人から人気を集めている企業です。参考:サイバーエージェントとは?事業内容と子会社を徹底解説/すべらない転職IT系就職先ランキング2位|ヤフー検索エンジンで有名なヤフーですが、オークション事業や広告事業、光回線事業など幅広い分野でさまざまな事業を展開しているグローバル企業です。ソフトバンクグループの大企業で、インターネット業界の事業を主に拡大中しています。扱う分野が幅広いので、エンジニアやデザイナー、マーケティング、ビジネス開発、営業、カスタマーサポートなど、さまざまな業種としてで躍できます。安定した大企業なので、就職先として人気が高いです。参考:ヤフーに就職&転職!ヤフーで働くのに求人にはどんな職種がある?給与や待遇は?/ジョブシフトIT系就職先ランキング3位|ソニーソニーは日本を代表する大企業で、カメラやスマホなどの精密機器部門以外にもエンタメ部門やインフラ部門などさまざまな業界で発展しています。売上高は11.5兆円と日本のIT企業で2番目に高く、高収入も期待できます。ソニーに就職すれば、インフラエンジニアやエンタメコンテンツのWebエンジニアなどとして活躍が可能です。日本を代表する大企業で安定して働けるため、人気の高い就職先です。参考:IT企業ランキング|大手企業の年収・売上【2024年】/キャリハイ転職IT系就職先ランキング4位|メルカリメルカリは個人間取引のマーケットプレイスの先駆け的存在で、月間利用者数は2,000万人以上の人気フリマサイトです。個人間取引の需要は伸び続けており、売上を拡大中です。メルカリでITエンジニアとして働くと、サイトの開発や運用など業務で活躍できます。日本最大規模のフリマサイト開発で活躍でき高収入も期待できるため、就職先としての人気が高いです。参考:メルカリに転職する方法!中途採用難易度や求人情報を徹底解説/すべらない転職IT系就職先ランキング5位|グーグル検索エンジンやWebサービスなどを世界中に展開するグローバル企業です。AmazonやMicrosoftなどと並ぶ世界の大企業で、現在も右肩上がりで成長を続けています。Googleに就職できれば、エンジニアとして最前線で活躍できるでしょう。福利厚生が手厚いことでも知られ、就職すれば年収アップも見込めます。参考:IT企業ランキング|大手企業の年収・売上【2024年】/キャリハイ転職IT系就職先ランキング6位|楽天ECモールだけでなく、クレジットカードや金融事業なども手掛ける日本発のIT企業です。幅広い事業を展開し、現在も成長を続けています。楽天に就職すれば、ECモールや金融システムなどのエンジニアとして活躍できます。成長中の企業で高収入を狙えるため、就職先としての人気は高いです。参考:【就職偏差値ランキング】IT企業の「新卒入社難易度」を徹底解説! /エンジニア就活IT系就職先ランキング7位|NTTデータ日本の代表的なIT企業で、民間システムだけでなく金融システムや公共システムなどを手掛けています。日本のインフラサービスを幅広く扱っており、手堅く成長中です。NTTデータに就職することで、日本最大級のIT企業で日本を支えるエンジニアとして活躍できます。安定した大企業で最先端のエンジニアの仕事ができるため、人気の企業です。参考:Up To Data人と仕事、キャリアを伝えるWEBマガジン/NTT DataIT系就職先ランキング8位|リクルート人材紹介、人材派遣、求人広告事業の最大手です。就職市場は成長を続けているため、今後も売上拡大が見込めます。リクルートで働くと、求人サイトやWeb広告サイトの開発、運用のエンジニアとして活躍できます。人材業界の最大手で、安定して働けるのが人気の理由です。参考:リクルート、24年3月期純利益過去最高に 米求人は不振/日本経済新聞IT系就職先ランキング9位|ディー・エヌ・エースマホアプリゲームなどが主力のIT企業です。スマホアプリ市場は拡大を続けており、他事業としてインターネットサービスなどの事業も展開中で売上は拡大中です。仕事の内容には、ゲーム開発やインターネットサービス開発、運用などのエンジニア業務が挙げられます。ゲーム事業の拡大などの理由から、人気の高さが伺えます。参考:アプリ市場の今後は?さらに伸びていく市場を解説!/DiGLabIT系就職先ランキング10位|LINELINEアプリを軸に、モバイルサービスや広告事業などを幅広く展開している企業です。日本人にとってLINEは今やなくてはならないコミュニケーションツールであり、LINE事業を軸に右肩上がりで成長中しています。LINEに就職すると、LINEアプリや広告サービスなどの開発、運用エンジニアやWebマーケターとしての仕事があります。高収入のエンジニアとして就職できるため、人気の高い就職先です。参考:日本発の世界第三極へ。アジアで広がるLINEのハイパーローカライゼーション戦略とは/Z HOLDINGSITエンジニアに人気の就職先は他にも数多くある!注目の大手企業10選上記で紹介したランキング以外にも、日本でITエンジニアに人気がある就職先はたくさんあります。今注目の大手企業は、以下の10社です。以下10社の事業内容や業績の推移、今後の展望、ITエンジニアがどのように活躍しているのかについて解説していきます。NEC日立製作所日本マイクロソフトGMOインターネットNTTドコモ任天堂アマゾン・ジャパン野村総合研究所ソフトバンク富士通NEC|注目の人気IT企業NECは、日本を代表する大手総合電機メーカーです。家電製品以外にも、ITネットワークソリューション事業やモバイル事業、子会社が半導体ソリューション事業なども手掛けています。日本の大手企業で安定して働きたい方に、人気の就職先の一つです。参考:【就職難易度は?】NECの採用大学ランキング|学歴フィルター,倍率,選考フローも/就活の教科書日立製作所|注目の人気IT企業日本を代表する大手家電メーカーで、世界にも進出しています。そのため、海外拠点でグローバルな環境で活躍できる可能性もあります。日立製作所で働くと、ITエンジニアとしてIoT製品やスマート家電の開発などに関われるでしょう。大手企業のため、高収入も期待できます。参考:【電機メーカー:業界研究】大手4社(日立製作所・ソニー・パナソニック・三菱電機)を比較!業績比較・ランキング・平均年収・社風/強みの違い/ONE CAREER日本マイクロソフト|注目の人気IT企業マイクロソフトはOS世界シェアナンバーワンの世界企業です。インターネット事業などで幅広く事業を拡大中で、今後も売上拡大が見込めます。世界企業なのでグローバルな環境で活躍でき、最先端の技術者と仕事をすることができるのも魅力の一つです。週休3日制の導入やリモートワークの推進など、ワークライフバランスを重視しているため働きやすく人気が高いです。GMOインターネット|注目の人気IT企業インターネット関連のインフラ事業が主力のIT企業です。インターネット回線やモバイル回線などの事業を中心に、幅広く事業拡大中です。GMOインターネットで働くことで、インフラエンジニアやシステムエンジニアとして活躍できます。子会社も多くインターネットインフラ事業の他にインターネット広告・メディア事業、暗号資産事業、インターネット金融事業なども手掛けているので、幅の広い働き方ができるでしょう。参考:GMOインターネット株式会社/withBNTTドコモ|注目の人気IT企業NTTドコモは、移動通信事業を柱にスマートライフ事業やケータイ補償サービスなどの事業を展開している企業です。スマートフォンに関わる事業などは、今後も拡大することが予想されます。NTTドコモで働くと、インフラエンジニアとして移動通信事業に関わったりシステムエンジニアとしてITサービス開発に関わったりなどできます。日本の移動通信事業最大手の企業に就職できれば、安定して高収入を得られることが期待できるため人気の高い企業です。参考:【企業研究】NTTドコモの事業内容や業務、強み・弱みを分析/IT JOB JOURNAL任天堂|注目の人気IT企業任天堂はゲーム業界の最大手で、海外にも幅広く展開しています。日本のゲームコンテンツを世界に広めた大企業で、今後も世界中に事業を拡大していくことが予想されます。就職すればゲーム開発や運用などを行うエンジニアとして活躍できるでしょう。世界中に人気がある日本のゲームコンテンツを生み出せる、大企業で安定して働けるという魅力があるため人気の企業です。参考:【企業研究】任天堂に就職するには?企業情報・評判・就活対策まとめ/インターンシップガイドアマゾン・ジャパン|注目の人気IT企業アマゾン・ジャパンはECサイトの最大手であり、現在はAmazonプライムなどの映像事業にも参入し事業を拡大中です。ECサイトや映像事業の需要は、今後も拡大していくことが予想されます。アマゾン・ジャパンでは、ECサイトの開発・運用エンジニア、Amazonプライムのシステム開発・運用エンジニアとして活躍が可能です。成長を続けるグローバルIT企業で働くことで将来の転職にも有利になるでしょう。参考:アマゾンジャパンに転職したい人のための企業研究【自社株の付与&社割も】/リサコ野村総合研究所|注目の人気IT企業野村総合研究所は日本最大のシンクタンクで、世界中に活躍の場を広げています。大量のデータ分析や検証によるコンサルティングの需要が高まっているため、今後も成長を続けると考えられます。就職すればITソリューション分野でITコンサルタントとして活躍できるでしょう。ITソリューションを求める企業は多く、スキルや知識次第で高収入も見込めるため人気の高い企業です。参考:野村総合研究所(NRI)ってどんな会社?事業紹介や競合との違いなど徹底解説/就活市場ソフトバンク|注目の人気IT企業ソフトバンクは、スマホなどの移動通信事業のほか、インフラ事業など幅広く手掛けています。グループ企業も多く、安定して売上を拡大中です。ソフトバンクで働くと、インフラエンジニアやWebエンジニアなどとして活躍ができます。富士通|注目の人気IT企業富士通はパソコンなどの精密機器以外にも、ITソリューション事業などを幅広く展開している企業です。日本が誇るスーパーコンピューターの「富岳」の開発元であり、高いIT技術を持っています。その技術とノウハウを生かし精密機器の分野やIT分野で存在感がある企業であり、ITソリューション開発のシステムエンジニアや研究者として第一線のスキルに触れながら活躍することが可能です。参考:富士通の強みから参考にしたい企業研究のポイント|競合となる企業も押さえよう/キャリマガITエンジニアに人気の企業に就職するなら『G Talent』で求人を見つけよう今回日本で人気の就職先として紹介した企業は、入社が難関な大手企業ばかりです。自分に合った就職先を見つけるには、企業の情報を多く入手しどんな働き方をしてどんなキャリアを積んでいくかをイメージすることが重要です。日本には、大手企業はもちろん今回紹介していない企業にも多くの優良企業が存在します。さまざまな優良企業に出会いたい方は、グローバルIT企業に特化した転職エージェントの『G Talent』をご利用ください。『G Talent』は大企業から中小企業まで1,000件以上のIT求人が集まっています。就職支援はもちろん外国人へのビザサポートや給与交渉などさまざまなサポートを行ってくれるので、自分に合った就職先を見つけたい方におすすめです。

転職・キャリア開発ナレッジ

IT企業のバックエンドエンジニアがこれから力を注ぐべき言語は?

IT企業でバックエンドエンジニアとしてこれから活躍していくためには、さまざまな技術や知識が必要です。特にバックエンドエンジニアには言語の知識が必須であり、言語にはさまざまな種類があるためどの種類をこれから力を注ぐべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。バックエンドエンジニアに必要な言語は時間とともに変わっていき、どのようなシステム開発を手がけるかによっても変わります。そこでこの記事では、バックエンドエンジニアが力を注ぐべき言語や押さえておきたいこれからの言語、バックエンドエンジニアのこれからの将来性や活躍するために必要なことについて解説していきます。日本でバックエンドエンジニアとして活躍したい方は、グローバルのIT企業に特化した転職エージェントの『G Talent』がおすすめです。IT企業で働くバックエンドエンジニアとはバックエンドエンジニアとは、WebページやWebアプリなどのサーバー側のプログラムを開発するエンジニアのことを指す言葉です。WebサイトやWebページには、ユーザーから見えている画面側のプログラムであるフロントエンドと、ユーザーから見えない裏側のバックエンドの2種類があります。バックエンド側のプログラムでは、フロントエンド側からの処理要求に対しする処理やデータベースの操作などを行います。たとえば、ログイン情報をデータベースと照合して認証したり顧客データを参照して出力したりする処理は、バックエンドの役割です。このようなバックエンド側のプログラムを開発するのが、バックエンドエンジニアです。一方フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSSなどを使ってユーザーが見る画面側のフロントエンドプログラムを開発します。画面上でアニメーションを動かしたり入力フォームを出力したりなど、フロントエンド側のプログラムを実行する役割があります。バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアは役割や目的が異なるため、注力すべき知識やスキルが異なるのです。今回は、ユーザーから見えない裏側のプログラムを行うバックエンドエンジニアについて詳しく解説していきます。参考:バックエンドエンジニアとは?フロントエンドエンジニアとの違いや求められるスキルについても解説/AKKODiSIT企業のバックエンドエンジニアがこれから力を注ぐべき言語エンジニアが使う言語にはさまざまな種類があり、IT企業のバックエンドエンジニアとしてこれから活躍するためにはこれから力を注ぐべき言語はなにか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。バックエンドエンジニアに需要が高い言語は習得の優先順位が高く、これから発展すると考えられる言語も優先的に習得するのがおすすめです。今回は、バックエンドエンジニアがこれから力を注ぐべき4つの言語を紹介します。Python|バックエンドエンジニアがこれから押さえるべき言語Pythonはディープラーニングを扱うエンジニアに適したプログラミング言語です。これからAIや機械学習などの分野で活躍したいバックエンドエンジニアはなら、習得しておきましょう。PythonはWebアプリやゲーム、デスクトップアプリなどの開発にも使える言語ではあります。しかし、AIや機械学習に関する開発を行わないバックエンドエンジニアには、押さえておくべきトレンドの言語とは言えません。バックエンドエンジニアの中でも、Pythonが現場ですでに導入されていたり求人の要求条件に入っていたりする場合は習得を急ぎましょう。ディープランニングのスキルが必要とされている場合も、習得を検討するのがおすすめです。参考:Pythonでできること一覧!AI・データ分析など事例をふまえて解説/UdemyメディアGo|バックエンドエンジニアがこれから押さえるべき言語Goは比較的新しい言語であり、バックエンド開発で採用されるケースが増えています。JavaやRubyと比べるとコーディングの仕方が大きく変わるため学習コストがかかるのがデメリットですが、Goを使えば少ないコーディング量で済むためコンパクトかつバグの混入が抑えられるというメリットがあります。Goはこれからの発展が期待されている言語であるため、IT企業のバックエンドエンジニアとしてこれから活躍したい方には習得がおすすめです。参考:Goエンジニアの仕事内容は?将来性や身に付けるべきスキルについて解説!/HiPro TechKotlin|バックエンドエンジニアがこれから押さえるべき言語Kotlinは比較的新しく、JavaをベースにしたAndroid開発に適した言語です。これからAndroidアプリ開発を行いたいバックエンドエンジニアの方は、Kotlinの習得をおすすめします。日本のスマホ市場ではiPhoneのシェアが多いですが、世界的に見るとAndroidが優勢です。Android対応のアプリ開発は今後も需要が高い状態が続くと予想されるので、アプリ開発をする予定のある方は習得しましょう。参考:Kotlinのこれからを語るScala|バックエンドエンジニアがこれから押さえるべき言語ScalaはJavaとの互換性があり、高速処理が可能で開発効率が高いなどのメリットが多い新しい言語です。サーバーサイドの開発やビッグデータ分析に関する開発などに活用できるので、これから発展していく言語と言えます。Javaの後継言語として安全性が高く、大規模システムでも使えます。そのため、IT企業のバックエンドエンジニアとしてこれから活躍してきたいなら、習得するべき言語の一つです。参考:Scalaとは?将来性やメリット・デメリット、Javaとの関係も解説/レバテックキャリアIT企業のバックエンドエンジニアとして押さえておきたい言語上記で紹介した4つの言語は、バックエンドエンジニアがこれから押さえるべき比較的新しい言語です。ここからは、バックエンドエンジニアが良く使う定番の5つの言語についても紹介していきます。PHP|バックエンドエンジニアが押さえるべき基本言語PHPはバックエンド開発言語として活躍している言語です。PHPで開発された既存システムは多く、システムメンテナンスや機能追加対応を行う際に必要とされる場面が多いです。ただし、PHPはトレンドの言語とは言えず、これからメジャーになる新しい言語に徐々に道を譲っていくことになることが予想されています。しかしながらPHPのスキルを要求するIT求人は多いため、IT企業のバックエンドエンジニアとしてこれから活躍したい方は習得しておきたい言語の一つです。参考:2000年以降20年間のプログラミング技術の歴史を振り返って、得た知見を書いてみる/QiitaJava|バックエンドエンジニアが押さえるべき基本言語Javaは、バックエンドエンジニアとして最優先で習得すべき基本的な言語です。既存システムに関わるために必要な部分が多く、安全性が高くバグやセキュリティリスクを抑えられるので世界中で利用されています。SpringやSpring Bootなどのフレームワークも一緒に学べば、効率良くコーディングができるようになります。Javaバージョンアップされることがほぼなくなった古い言語ですが、いまだにJavaスキルを要求する求人は多いです。転職して年収アップを目指すなら習得をおすすめします。参考:バックエンドエンジニアになるには(身につけるべき重要なスキル)/kinstaRuby|バックエンドエンジニアが押さえるべき基本言語Rubyは日本で開発された言語であり、人気の高いフレームワークであるRuby on Railsのベース言語となっています。このフレームワークと併せて使うことでプログラミングがしやすくなり、効率よく開発できるのがメリットです。常に進化を続けているので、これからも活躍していく言語であると言えます。特にベンチャー企業で採用されるケースが多いので、ベンチャー企業の求人を狙っているバックエンドエンジニアは習得しておきましょう。参考:プログラミング言語のRubyとは?特徴やできることを解説/発注ラウンジC・C++|バックエンドエンジニアが押さえるべき基本言語古くから使われているC言語は、OS、基幹システム、ソフトウェア、組込みシステムなどの開発が可能な汎用的言語です。C++はC言語を拡張したオブジェクト指向言語で、Webアプリ、組込みシステム、AI開発、ゲーム開発など幅広く活用できます。これらの言語で動いているシステムは多く、システムメンテナンスや機能追加の案件はいまだに多いです。そのため、バックエンドエンジニアとして押さえておきましょう。参考:C言語は今でも価値のある言語か?/InfoQC#|バックエンドエンジニアが押さえるべき基本言語C#はJavaに良く似た言語で、Webアプリ、スマホアプリ、ゲーム開発などが可能です。Microsoft社が開発した言語なので、Microsoft製品との親和性が高いです。C#で稼働中の既存システムは多く、バックエンドエンジニアとして知っておきたい言語のひとつです。参考:C#の将来性はある?需要が高まっている理由や成功するための方法を紹介/HiPro TechIT企業のバックエンドエンジニアとしてのこれからの将来性は?IT企業にはさまざまなエンジニアが存在し、バックエンドエンジニアのこれからの将来性はどうなるのか気になる方も多いのではないでしょうか。既存システムの保守・運用といったバックエンドエンジニアの仕事はなくならないため、これからも存分に活躍できる仕事だと言えます。実際に既存システムの機能追加やバグ改修、メンテナンスなどの求人は多く、バックエンドエンジニアの需要の高さは今後も続くことが予想されます。さらに今後もITシステムやスマホアプリなどの市場は伸び続けることが予想されるため、バックエンドエンジニアの需要は極めて高いです。ただし、バックエンドエンジニアとして必要とされるスキルは日々進化していくため、常に新しいスキルや知識を身につけていく必要があります。参考:バックエンドエンジニアの今後は?予想される5つと必要とされ続けるためのスキルを解説/DMM WEBCAMP外国人IT人材は日本でバックエンドエンジニアとして働くチャンス!近年の日本ではIT人材不足の状態が続いているため、人材不足を補うためにも外国人のITエンジニアが増えています。厚生労働省の「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和3年10月末現在)よると、外国人労働者数は以下のグラフのとおり増加を続けています。特に人材不足が進む日本のIT業界では、これからも外国人ITエンジニアの需要が延びる可能性が高いです。これから日本で活躍したいという外国人の方は、バックエンドエンジニアがおすすめの職業の一つだと言えます。IT企業のバックエンドエンジニアとして活躍するために必要なことIT企業のバックエンドエンジニアとしてこれから活躍していくためには、プログラミング言語以外にもさまざまな知識やスキルが必要です。特に以下の5つは、バックエンドエンジニアとして覚えておいて損はありません。マネジメント能力を高めるフレームワークのスキルを向上させるクラウドのスキルを身につけるセキュリティに関する知識をつけるフロントエンドのスキルを身につけるマネジメント能力を高める日本のIT企業に勤める場合、ほとんどの現場でチーム作業が要求されます。特にチームメンバーとして一作業者ではなくリーダーやマネージャーになるには、チーム内でスムーズに作業を行うためのマネジメント能力が必要です。チーム内で意思疎通を取りながら、進捗管理、問題管理、後進の育成などの高いマネジメント能力が必要とされるので、これからバックエンドエンジニアとして活躍したい方はマネジメント能力を高めておきましょう。参考:バックエンドエンジニアの将来性とキャリアパスとは/エンジニアスタイルフレームワークのスキルを向上させる効率良く開発を行うためには、フレームワークのスキルが必要です。フレームワークとは、開発を効率よく行うために初めから枠組みされたものを指します。RubyならRuby on Rails、JavaならSpring Bootなど言語によって使えるフレームワークは異なるため、適切なフレームワークを習得して上手に活用しましょう。フレームワークを活用することで、品質の高いコードを効率良く生成できる優れたバックエンドエンジニアとして活躍できます。参考:フレームワークとは?概要やプログラミング言語別の機能を分かりやすく解説/レバテックルーキークラウドのスキルを身につける近年では、自社サーバーを立ち上げるのではなくクラウド環境を活用してコストパフォーマンスを優先する案件が多くなりました。そのためバックエンドエンジニアには、AWSやAzure、GCPなどのクラウドサービスを活用できるスキルが求められることが増えています。これらを身につけておくことで、バックエンドエンジニアとして即戦力になることができます。参考:バックエンドエンジニアの役割とは? 仕事内容や必要なスキルをご紹介/HiPro Techセキュリティに関する知識をつけるバックエンドエンジニアに限らず、セキュリティはどのようなシステム開発にも重要な要件です。特にバックエンドエンジニアはユーザーの機密情報などを扱う機会が多いため、セキュリティ保持は欠かせません。セキュリティに関する知識がないと実践的な業務に携われない可能性もあるので、これからバックエンドエンジニアとして活躍したい方はマストでセキュリティに関する知識を身につけましょう。参考:バックエンドエンジニアの仕事とは? スキルや案件例、向いている人の特徴も紹介/FLEXYフロントエンドのスキルを身につけるバックエンドエンジニアは、フロントエンド側の開発スキルも身につけることで全体の開発をスムーズに行うことが可能です。どちらに関してもスキルがあれば、エンジニアとして活躍の場が広がります。フロントエンドのスキルはマストではありませんが、余裕があれば身につけておきたいスキルの一つです。IT企業のバックエンドエンジニアとして日本企業で働こう今回の記事では、バックエンドエンジニアが力を注ぐべき言語や押さえておきたい基本的な言語、バックエンドエンジニアの将来性や活躍するために必要なことについて解説しました。バックエンドエンジニアとしてこれから活躍したい方は、今回紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。基本的な言語と最新言語に加え、ほかのスキルや知識を身につけることですぐに活躍できるバックエンドエンジニアになることができます。日本でバックエンドエンジニアとして働きたい外国人IT人材の方は、外国人ITエンジニア向けの転職エージェント『G Talent』の利用がおすすめです。200社以上の企業の採用支援や70ヶ国籍以上のエンジニアの転職実績があり、国籍を問わずフェアな環境で働ける企業のIT求人を見つけることができます。